2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
勝尾寺
- 2017/03/22(Wed) -
2009年11月23日
コース:大阪~箕面~勝尾寺~箕面滝~瀧安寺~西江寺~京都へ

 大阪府南部の旧国名では河内の国を後にして、今回は北部の摂津の国からおくります。紅葉がすばらしい箕面川沿いを、西国三十三観音の勝尾寺や、日本の滝百選の箕面滝などを訪ねました。

 写真はありませんが、この箕面行きでもっとも感動したのは、初めての阪急梅田駅構内ホームと阪急電車でした。改札を通ると、始発の路線が横に何列もあって、同色の列車が何台も並んでいました。こういう風景は首都圏のターミナルでは見かけなくて、外国映画に出てくるヨーロッパの駅を連想しました。
 停車中の阪急電車はいずれもシックなあずき色一色に統一されていて、日ごろ見かける鮮やかな2色以上使った関東周辺の車両とは違い、歴史と伝統を感じさせる色合いです。昔々の東武電車に似たようなこげ茶一色があったのを思い出しました。
 さらにはその並んだ列車が、0時0分ちょうどに3台が一斉に出発したのです。これも見かけない光景で、驚きました。アメフトのショットガンフォーメーションのようでした。

勝尾寺
 775年、光仁天皇の子開成皇子は大般若経の書写を完成し、この地に堂を建てて経を納め、この寺を「弥勒寺」と命名した。
 その後、行巡上人の代に、清和天皇の病気治癒の祈祷を行い、天皇の病が癒えたことから、寺の法力が王に勝ったということで、天皇が「弥勒寺」を「勝王寺」に改名したという。しかし、寺側はあまりにも畏れ多いとして、「王」を「尾」に変え「勝尾寺」としたと伝えられている。
 以来、源氏、足利氏など諸将軍が勝運を祈願したところから、勝運信仰の寺として名をとどめることになった。西国三十三観音第23番。

勝尾寺1 勝尾寺2 勝尾寺3 勝尾寺4 勝尾寺5 勝尾寺6 勝尾寺7 勝尾寺8 勝尾寺9 勝尾寺10 勝尾寺11 勝尾寺12 勝尾寺13 勝尾寺14 勝尾寺15 勝尾寺16 勝尾寺17 勝尾寺18 勝尾寺19 勝尾寺20 勝尾寺21 勝尾寺22 勝尾寺23 勝尾寺24 勝尾寺25 勝尾寺26 勝尾寺27 勝尾寺28 勝尾寺29 勝尾寺30 勝尾寺31 勝尾寺32 勝尾寺33 勝尾寺34 勝尾寺35 勝尾寺36 勝尾寺37 勝尾寺38 勝尾寺39 勝尾寺40 勝尾寺41 勝尾寺42 勝尾寺43 勝尾寺44 勝尾寺45 勝尾寺46 勝尾寺47 勝尾寺48 勝尾寺49 勝尾寺50 勝尾寺51 勝尾寺52
勝尾寺53 勝尾寺54 勝尾寺55 勝尾寺56 勝尾寺57 勝尾寺58 勝尾寺59 勝尾寺60 勝尾寺61 勝尾寺62 勝尾寺63 勝尾寺64 勝尾寺65 勝尾寺66 勝尾寺67 勝尾寺68 勝尾寺69 勝尾寺70 勝尾寺71 勝尾寺72 勝尾寺73 勝尾寺74 勝尾寺75 勝尾寺76

瀧安寺
 658年、役行者により開かれる。役行者は箕面の滝で修行中に、龍樹菩薩より法を授けられ、滝の下で不動明王と弁財天の像を刻んで堂宇に安置し、「箕面寺」と命名したのが始まり。本尊の弁財天は竹生島、江ノ島、厳島と並ぶ日本四ヶ所弁財天の1つ。
 弁財天を祀っている所から、芸能の寺としても知られ、近松門左衛門ら上方歌舞伎関係者が大般若経を奉納している。また、宝くじの発祥である富くじを、天正年間に日本で初めて始めた寺院でもある。

西江寺
 658年、役行者によって開かれた。ある日、光の中から老翁に化身した大聖歓喜天が現れ、役行者はこの箕面山を日本最初の歓喜天霊場としたという。本堂には役行者作と伝承する大聖歓喜天像と、室町時代作と伝えられる大黒天も祀られている。
 かつては、摂津国神宮寺と称したが、明治時代末期に聖天宮西江寺と改称した。「みのおの聖天さん」と呼ばれ親しまれている。

勝尾寺77 勝尾寺78 勝尾寺79 勝尾寺80 勝尾寺81 勝尾寺82 勝尾寺83 勝尾寺84 勝尾寺85 勝尾寺86 勝尾寺87 勝尾寺88 勝尾寺89 勝尾寺90 勝尾寺91 勝尾寺92 勝尾寺93 勝尾寺94 勝尾寺95 勝尾寺96 勝尾寺97 勝尾寺98 勝尾寺99 勝尾寺100 勝尾寺101 勝尾寺102 勝尾寺103 勝尾寺104
勝尾寺105 勝尾寺106 勝尾寺107 勝尾寺108 勝尾寺109 勝尾寺110 勝尾寺111 勝尾寺112 勝尾寺113 勝尾寺114 勝尾寺115 勝尾寺116 勝尾寺117 勝尾寺118 勝尾寺119 勝尾寺120 勝尾寺121 勝尾寺122 勝尾寺123 勝尾寺124 勝尾寺125 勝尾寺126 勝尾寺127 勝尾寺128 勝尾寺129 勝尾寺130 勝尾寺131 勝尾寺132 勝尾寺133 勝尾寺134
この記事のURL | 大阪の旅 | CM(4) | ▲ top
<<光明寺 | メイン | 観心寺>>
コメント
- 奥武蔵さんへ -

こんにちは

水辺や滝や紅葉などの自然は身近な関東でも見られますね。
関西ではそこに立派なお寺や神社が多いので、合わせて参拝もできますね。
私も生きている間に間に合いそうにない所はたくさんあって、
もう無理なく出かけられるところを楽しめればという気持ちです。
日本百名山も日本百観音も四国八十八カ所も、昔は満願を思いましたが、
体力的と予算的にもうあきらめてますね~(笑)
2017/03/23 12:53  | URL | ふさじろう #-[ 編集] |  ▲ top

- -

ふさじろうさん

これは凄いですね!!
一面が朱色
まさにこれは日本の秋!
それも燃える秋ですね。

紅葉と寺院、取り巻く水辺と橋
行きたいところが増えて、
生きている間に間に合いそうにありません(笑)

2017/03/23 12:28  | URL | 奥武蔵の山人 #-[ 編集] |  ▲ top

- seseragi.tsさんへ -

こんにちは

箕面滝は落差33mある直瀑です。
滝の姿が、農具の「箕」に似ていることから箕面大滝と呼ばれ、
やがてこの地方の地名にもなったそうです。
タテ形サムネイルにもあるように手前の滝見の橋には
多くの観光客が来ていて、人気のほどがうかがえました。
この方面に出かけましたら、お訪ねください。
2017/03/23 12:15  | URL | ふさじろう #-[ 編集] |  ▲ top

- -

こんばんは~
大阪~箕面~勝尾寺~箕面滝とこちらのコースもいいですね~
日本の滝百選の箕面滝はさすがに迫力あったでしょう。
勝尾寺、西国三十三観音第23番。紅葉時期は見事ですね~(^^)
2017/03/22 18:49  | URL | seseragi.ts #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |