FC2ブログ
2020 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2020 08
新庄城
- 2020/07/29(Wed) -
2020年7月15日
コース:東北本線~福島~奥羽本線~新庄~新庄城

 7月半ばに少しまとまった時間が取れたので出かけてきました。この時は標高はあまり上らずに、緯度を上って北上して、歴史をさか上って、東北北部の城跡を巡りました。東北本線で福島へ、奥羽本線に乗り換えて、秋田、青森、旧東北本線で盛岡へと時計回りにひとまわりしました。
 はじめに山形県北部の新庄城です。戦国期には最上氏の侵攻によりこの地の日野氏は服属し、山形城の支城に位置づけられ、城郭も改築したことから「新城」となったそうです。江戸期になって最上氏が改易されると、新庄藩は独立して戸沢氏が入府して、最上騒動で廃城になっていた新庄城が再築城されました。
 江戸末期の戊辰戦争で、新庄城は戦闘の舞台となりました。当初は奥羽越列藩同盟に参加していた新庄藩でしたが、新政府側に転じた秋田藩に同調しました。そのため徳川四天王酒井氏の治める庄内藩から攻め入られて陥落し、藩主は秋田藩に落ちのびて、新庄城は廃城になりました。
 実際に歩いてみると、堀は広くて石垣を使わない土塁で囲われて、今では縁の神社がたくさんあって、同じ山形県内の米沢城に似ています。また、新庄は、紫陽花のまち で、ここでもたくさんの紫陽花を見られました。

 7月半ばには青空も見えた北東北でしたが、月末の梅雨前線の北上に伴い、山形県の最上川流域は洪水が発生しました。流域みなさまのご無事と、被害が少しでも抑えられるようお祈りいたします。

新庄城39

新庄城1 新庄城2 新庄城3 新庄城4 新庄城5 新庄城6 新庄城7 新庄城8 新庄城9 新庄城10 新庄城11 新庄城12 新庄城13 新庄城14 新庄城15 新庄城16 新庄城17 新庄城18 新庄城19 新庄城20 新庄城21 新庄城22 新庄城23 新庄城24 新庄城25 新庄城26 新庄城27 新庄城28 新庄城29 新庄城30 新庄城31 新庄城32
新庄城33 新庄城34 新庄城35 新庄城36 新庄城37 新庄城38
この記事のURL | 山形の山 | CM(0) | ▲ top
前橋荻窪公園
- 2020/07/26(Sun) -
2020年7月2日
コース:前橋~荻窪公園~アジサイの丘

 前橋市街地の北東郊外、赤城山のすそ野に荻窪公園はあります。広い園内は季節にはアジサイにおおわれます。ブロ友さんがここのアジサイを美しくアップしていましたので、管理人ふさじろうもアジサイの花見と、運動不足解消用のウォーキングをしてきました。園内には道の駅と日帰り温泉も併設されていて、1日楽しめる公園です。

荻窪公園41

荻窪公園1 荻窪公園2 荻窪公園3 荻窪公園4 荻窪公園5 荻窪公園6 荻窪公園7 荻窪公園8 荻窪公園9 荻窪公園10 荻窪公園11 荻窪公園12 荻窪公園13 荻窪公園14 荻窪公園15 荻窪公園16 荻窪公園17 荻窪公園18 荻窪公園19 荻窪公園20 荻窪公園21 荻窪公園22 荻窪公園23 荻窪公園24 荻窪公園25 荻窪公園26 荻窪公園27 荻窪公園28 荻窪公園29 荻窪公園30 荻窪公園31 荻窪公園32 荻窪公園33 荻窪公園34 荻窪公園35 荻窪公園36 荻窪公園37 荻窪公園38 荻窪公園39 荻窪公園40
この記事のURL | 群馬の山 | CM(2) | ▲ top
小豆の滝
- 2020/07/23(Thu) -
2020年6月27日
コース:藤岡~神流~小豆の滝~不動の滝

 今回から2020年現在に戻り、緊急事態宣言解除後の外出をおくります。
 群馬県南部の神流川流域を町域とする神流町。町内には 神流七滝 として選ばれた7つの名瀑が点在しています。この時はそのうちの2カ所を訪ねました。
 この日一番の目当ては、小豆の滝。ブロ友さんが滝まで遡行して紹介してもらい訪ねてきました。落差35mが三段に流れる変化にとんだ美しい滝です。岩壁を落ちる水音が小豆をざるの中で転がした音に似ていて名前の由来になったそうです。
 不動の滝は、滝手前のゴルジュが狭くて高くて目を見はりました。

小豆の滝45

小豆の滝1 小豆の滝2 小豆の滝3 小豆の滝4 小豆の滝5 小豆の滝6 小豆の滝7 小豆の滝8 小豆の滝9 小豆の滝10 小豆の滝11 小豆の滝12 小豆の滝13 小豆の滝14 小豆の滝15 小豆の滝16 小豆の滝17 小豆の滝18 小豆の滝19 小豆の滝20 小豆の滝21 小豆の滝22 小豆の滝23 小豆の滝24 小豆の滝25 小豆の滝26 小豆の滝27 小豆の滝28 小豆の滝29 小豆の滝30 小豆の滝31 小豆の滝32
小豆の滝33 小豆の滝34 小豆の滝35 小豆の滝36 小豆の滝37 小豆の滝38 小豆の滝39 小豆の滝40 小豆の滝41 小豆の滝42 小豆の滝43 小豆の滝44
この記事のURL | 群馬の山 | CM(4) | ▲ top
諏訪三社
- 2020/07/15(Wed) -
2005年7月16日~17日
コース:下諏訪~岡谷~諏訪

 香取神宮、鹿島神宮に続いては、同じく日本の国譲りの神話とさらに深い係わりのある諏訪大社を、この時は春宮、秋宮、本宮の三社を参拝しました。諏訪湖周辺のお寺も合わせて神社仏閣巡りにしました。
 諏訪大社が鎮座して、神の国のイメージの諏訪湖周辺ですが、寺院もなかなかの名刹ぞろいでした。和田峠を越えてはじめに慈雲寺を訪ねました。鎌倉時代に開山された、臨済宗の信州筆頭寺院です。戦国期には武田信玄も私淑しました。枯山水の巨石は釈迦十大弟子に見立てられているそうです。
 2つの歴史的大事件と深い係わりがあったのが、本宮の近くの法華寺でした。天正10年、織田信長が武田攻めの際に、法華寺に滞在して多くの武将が集まった折に、明智光秀を愚弄したため、光秀に恨まれ、その2か月後の 本能寺の変 につながったそうです。
 本能寺の変から120年後、赤穂浪士による吉良邸討ち入りの、忠臣蔵 が起こりました。この2つの大事件は、どちらも平地の寺や屋敷という城砦のような要害ではない所へ、守備側は数十人から百人程度だったこともあり、攻め入られてしまったのがなんだか似ている気がします。
 吉良上野介の養子、吉良義周も討ち入りにあってけがを負い、吉良家は領地を召し上げられ、義周はこの地の高島藩へお預けの身となり、若くして没して法華寺に埋葬され、墓や供養塔が立っています。
 諏訪湖を時計と反対周りに巡り、ほかの名社名刹も参拝巡礼しました。

 2000ゼロ年代の画像倉庫整理は、ここでひと区切りにします。次回から2020年現在を6月からおくります。更新は1週間ほど先になります。

慈雲寺
諏訪三社1 諏訪三社2 諏訪三社3 諏訪三社4 諏訪三社5 諏訪三社6 諏訪三社7 諏訪三社8 諏訪三社9 諏訪三社10 諏訪三社11 諏訪三社12 諏訪三社13 諏訪三社14 諏訪三社15 諏訪三社16 諏訪三社17 諏訪三社18 諏訪三社19 諏訪三社20
諏訪三社21 諏訪三社22 諏訪三社23 諏訪三社24 諏訪三社25

下社春宮~万治の石仏
諏訪三社26 諏訪三社27 諏訪三社28 諏訪三社29 諏訪三社30 諏訪三社31 諏訪三社32 諏訪三社33 諏訪三社34 諏訪三社35 諏訪三社36 諏訪三社37
諏訪三社38 諏訪三社39 諏訪三社40 諏訪三社41 諏訪三社42

来迎寺~下社秋宮
諏訪三社43 諏訪三社44 諏訪三社45 諏訪三社46 諏訪三社47 諏訪三社48 諏訪三社49 諏訪三社50 諏訪三社51 諏訪三社52 諏訪三社53 諏訪三社54 諏訪三社55 諏訪三社56 諏訪三社57 諏訪三社58 諏訪三社59 諏訪三社60 諏訪三社61 諏訪三社62 諏訪三社63 諏訪三社64 諏訪三社65 諏訪三社66
諏訪三社67 諏訪三社68 諏訪三社69 諏訪三社70 諏訪三社71

平福寺~照光寺~小坂観音院
諏訪三社72 諏訪三社73 諏訪三社74 諏訪三社75 諏訪三社76 諏訪三社77 諏訪三社78 諏訪三社79 諏訪三社80 諏訪三社81 諏訪三社82 諏訪三社83 諏訪三社84 諏訪三社85 諏訪三社86 諏訪三社87 諏訪三社88 諏訪三社89 諏訪三社90 諏訪三社91
諏訪三社92 諏訪三社93 諏訪三社94 諏訪三社95 諏訪三社96

上社本宮~法華寺
諏訪三社97 諏訪三社98 諏訪三社99 諏訪三社100 諏訪三社101 諏訪三社102 諏訪三社103 諏訪三社104 諏訪三社105 諏訪三社106 諏訪三社107 諏訪三社108 諏訪三社109 諏訪三社110 諏訪三社111 諏訪三社112 諏訪三社113 諏訪三社114 諏訪三社115 諏訪三社116

温泉寺
諏訪三社117 諏訪三社118 諏訪三社119 諏訪三社120 諏訪三社121 諏訪三社122 諏訪三社123 諏訪三社124 諏訪三社125 諏訪三社126 諏訪三社127 諏訪三社128 諏訪三社129 諏訪三社130 諏訪三社131 諏訪三社132
諏訪三社133 諏訪三社134 諏訪三社135 諏訪三社136 諏訪三社137

阿弥陀寺
諏訪三社138 諏訪三社139 諏訪三社140 諏訪三社141 諏訪三社142 諏訪三社143 諏訪三社144 諏訪三社145
諏訪三社146 諏訪三社147 諏訪三社148 諏訪三社149 諏訪三社150
この記事のURL | 長野の山 | CM(2) | ▲ top
鹿島神宮
- 2020/07/12(Sun) -
2005年7月22日
コース:鹿嶋~鹿島神宮~根本寺~潮来~長勝寺

 香取神宮から利根川を渡って、鹿島神宮を参拝しました。鹿島神宮の祭神は、香取神宮の祭神の経津主大神とともに出雲の国に天降り大国主命より国譲りを受けた、武甕槌大神です。神武天皇元年の創建と伝えられる東国一の古社です。近代まで「神宮」と呼ばれていたのは、伊勢神宮、香取神宮、そして鹿島神宮の三社のみで、由緒と歴史の長さでは別格の存在です。
 また不思議なことに、鹿島神宮と九州高千穂神社を結ぶ直線上には、伊勢神宮、富士山、明治神宮、皇居が並ぶそうです。近年では東京スカイツリーもこのライン上に建てられたそうです。
 鹿島神宮の参拝後は、聖徳太子の開基と伝わる最古級の古寺の根本寺と、源頼朝が創建し徳川光圀(水戸黄門)が修復して水戸徳川家の宝物が収蔵されている長勝寺を巡りました。

鹿島神宮1 鹿島神宮2 鹿島神宮3 鹿島神宮4 鹿島神宮5 鹿島神宮6 鹿島神宮7 鹿島神宮8 鹿島神宮9 鹿島神宮10 鹿島神宮11 鹿島神宮12 鹿島神宮13 鹿島神宮14 鹿島神宮15 鹿島神宮16 鹿島神宮17 鹿島神宮18 鹿島神宮19 鹿島神宮20 鹿島神宮21 鹿島神宮22 鹿島神宮23 鹿島神宮24 鹿島神宮25 鹿島神宮26 鹿島神宮27 鹿島神宮28 鹿島神宮29 鹿島神宮30 鹿島神宮31 鹿島神宮32 鹿島神宮33 鹿島神宮34 鹿島神宮35 鹿島神宮36 鹿島神宮37 鹿島神宮38 鹿島神宮39 鹿島神宮40
鹿島神宮41 鹿島神宮42 鹿島神宮43 鹿島神宮44 鹿島神宮45
この記事のURL | 茨城の山 | CM(0) | ▲ top
成田山新勝寺
- 2020/07/09(Thu) -
2005年7月22日
コース:成田~新勝寺~佐原~香取神宮

 昔の参拝行の画像整理は、7月撮影分に入ります。利根川下流域に鎮座して、全国からおおぜいの参拝客が集う、二社一寺を巡りました。
 はじめに成田山新勝寺です。平安中期に関東で起こった平将門の乱に対して朝廷は、軍を差し向けるとともに、将門調伏の祈祷を命じました。密勅を受けた寛朝大僧正は空海作の不動明王を奉じて下総国公津ヶ原へ下り、戦乱が鎮まるようにと祈祷します。祈祷最後の日に将門が敗北して関東の地に再び平和が訪れました。
 都へ帰ろうとしたところ不動明王像は動こうとせず、この地にとどまるようにお告げがありました。ここに関東を守る霊場として成田山が開山して、「新たに勝つ」新勝寺の寺号を時の朱雀天皇より賜りました。
 今では成田山は、国際空港に(日本に)降りた世界中のお客さんの、一番近くにある日本的な名所のため、国際的に大にぎわいになっています。その後、佐原へ移動して香取神宮を参拝しました。

新勝寺1 新勝寺2 新勝寺3 新勝寺4 新勝寺5 新勝寺6 新勝寺7 新勝寺8 新勝寺9 新勝寺10 新勝寺11 新勝寺12 新勝寺13 新勝寺14 新勝寺15 新勝寺16 新勝寺17 新勝寺18 新勝寺19 新勝寺20 新勝寺21 新勝寺22 新勝寺23 新勝寺24 新勝寺25 新勝寺26 新勝寺27 新勝寺28 新勝寺29 新勝寺30 新勝寺31 新勝寺32 新勝寺33 新勝寺34 新勝寺35 新勝寺36 新勝寺37 新勝寺38 新勝寺39 新勝寺40
新勝寺41 新勝寺42 新勝寺43 新勝寺44 新勝寺45
この記事のURL | 千葉の山 | CM(0) | ▲ top
雲洞庵
- 2020/07/03(Fri) -
2008年6月28日
コース:塩沢~六日町~大和~小出~堀之内

 「越後一の寺、日本一の庵寺」と言われている雲洞庵。1300年前の奈良時代に、藤原房前(藤原鎌足の孫)により尼僧院として建立された古刹です。戦国期には、若き上杉景勝と直江兼続がここで共に学んで固い絆で戦国の世に乗り出していきました。
 ほかにも「雲洞庵の土踏んだか、関興寺の味噌なめたか」と、雲洞庵と並び評される関興寺や、石川雲蝶の彫刻を拝観できる西福寺開山堂など、魚沼地方の名刹を参拝しました。
 次回から2000ゼロ年代7月の参拝行を、はじめに関東からおくります。更新は1週間ほど先になります。

関興寺~薬照寺
雲洞庵1 雲洞庵2 雲洞庵3 雲洞庵4 雲洞庵5 雲洞庵6 雲洞庵7 雲洞庵8 雲洞庵9 雲洞庵10 雲洞庵11 雲洞庵12 雲洞庵13 雲洞庵14 雲洞庵15 雲洞庵16 雲洞庵17 雲洞庵18 雲洞庵19 雲洞庵20 雲洞庵21 雲洞庵22 雲洞庵23 雲洞庵24 雲洞庵25 雲洞庵26 雲洞庵27 雲洞庵28 雲洞庵29 雲洞庵30 雲洞庵31 雲洞庵32
雲洞庵33 雲洞庵34 雲洞庵35 雲洞庵36 雲洞庵37 雲洞庵38 雲洞庵39 雲洞庵40 雲洞庵41 雲洞庵42 雲洞庵43 雲洞庵44

雲洞庵
雲洞庵45 雲洞庵46 雲洞庵47 雲洞庵48 雲洞庵49 雲洞庵50 雲洞庵51 雲洞庵52 雲洞庵53 雲洞庵54 雲洞庵55 雲洞庵56 雲洞庵57 雲洞庵58 雲洞庵59 雲洞庵60 雲洞庵61 雲洞庵62 雲洞庵63 雲洞庵64 雲洞庵65 雲洞庵66 雲洞庵67 雲洞庵68
雲洞庵69 雲洞庵70 雲洞庵71 雲洞庵72 雲洞庵73 雲洞庵74

天昌寺~龍谷寺~浦佐毘沙門堂
雲洞庵75 雲洞庵76 雲洞庵77 雲洞庵78 雲洞庵79 雲洞庵80 雲洞庵81 雲洞庵82 雲洞庵83 雲洞庵84 雲洞庵85 雲洞庵86 雲洞庵87 雲洞庵88 雲洞庵89 雲洞庵90 雲洞庵91 雲洞庵92 雲洞庵93 雲洞庵94 雲洞庵95 雲洞庵96 雲洞庵97 雲洞庵98 雲洞庵99 雲洞庵100 雲洞庵101 雲洞庵102 雲洞庵103 雲洞庵104 雲洞庵105 雲洞庵106 雲洞庵107 雲洞庵108 雲洞庵109 雲洞庵110
雲洞庵111 雲洞庵112 雲洞庵113 雲洞庵114 雲洞庵115 雲洞庵116

西福寺~永林寺
雲洞庵117 雲洞庵118 雲洞庵119 雲洞庵120 雲洞庵121 雲洞庵122 雲洞庵123 雲洞庵124 雲洞庵125 雲洞庵126 雲洞庵127 雲洞庵128 雲洞庵129 雲洞庵130 雲洞庵131 雲洞庵132 雲洞庵133 雲洞庵134 雲洞庵135 雲洞庵136 雲洞庵137 雲洞庵138 雲洞庵139 雲洞庵140 雲洞庵141 雲洞庵142 雲洞庵143 雲洞庵144
雲洞庵145 雲洞庵146 雲洞庵147 雲洞庵148 雲洞庵149 雲洞庵150
この記事のURL | 新潟の山 | CM(0) | ▲ top
| メイン |