FC2ブログ
2020 02 ≪  03月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2020 04
水城
- 2020/03/29(Sun) -
2020年2月23日
コース:大野城~水城東門~水城西門

 大野城から水城へ下り見学しました。白村江の敗戦後、唐と新羅の攻撃に備えて大宰府を防衛するため、山間部には大野城などが、平野部には水城が築かれました。当時の「日本書紀」に、「・・筑紫国に大堤(おおつつみ)を築き水を貯へ、名づけて水城(みずき)と曰う」と、記載されています。
 水城は全長約1.2キロメートル×高さ9メートル×基底部の幅約80メートルの、土塁のような城壁のような城です。さながら日本版の「万里の長城」のようでした。現在ならばスーパー堤防として建設できそうですが、当時の人力でこれだけの大土木工事をできたのは驚きでした。
 国の特別史跡や続日本百名城に認定されています。また宇宙では、水城を由来とした、小惑星「Mizuki」が命名されています。

水城25

水城1 水城2 水城3 水城4 水城5 水城6 水城7 水城8 水城9 水城10 水城11 水城12 水城13 水城14 水城15 水城16 水城17 水城18 水城19 水城20 水城21 水城22 水城23 水城24
この記事のURL | 福岡の旅 | CM(2) | ▲ top
大野城
- 2020/03/26(Thu) -
2020年2月23日
コース:大宰府~大野城~県民の森~礎石群~小石垣~百間石垣

 大宰府から大野城に登りました。大野城は文献に残る日本最古のお城です。日本百名城の中でも、吉野ケ里遺跡を別格大本山として、次に歴史があるでしょうか。663年の白村江の戦いの後、唐・新羅連合軍の進攻から大宰府を防衛するため、築かれました。長さが100間あるため名づけられた、百間石垣は見ごたえがありました。

大野城51

大野城1 大野城2 大野城3 大野城4 大野城5 大野城6 大野城7 大野城8 大野城9 大野城10 大野城11 大野城12 大野城13 大野城14 大野城15 大野城16 大野城17 大野城18 大野城19 大野城20 大野城21 大野城22 大野城23 大野城24 大野城25 大野城26 大野城27 大野城28 大野城29 大野城30 大野城31 大野城32 大野城33 大野城34 大野城35 大野城36 大野城37 大野城38 大野城39 大野城40 大野城41 大野城42 大野城43 大野城44
大野城45 大野城46 大野城47 大野城48 大野城49 大野城50
この記事のURL | 福岡の旅 | CM(0) | ▲ top
太宰府天満宮
- 2020/03/22(Sun) -
2020年2月23日
コース:岩国~福岡~大宰府~天満宮

 下関から関門橋を渡って九州に入り、翌日は太宰府天満宮を参拝しました。この日2月23日は今上陛下令和天皇の誕生日でした。新元号「令和」は、太宰府で開かれた梅花の宴で収録された、万葉集の序文が典拠となっています。令和時代初の天皇誕生日を迎えた歴史的な日と地だからでしょうか、天満宮では祝賀の神事が行われていました。参拝者一同も一緒にお祝いできまして、感動の日になりました。

天満宮113

天満宮1 天満宮2 天満宮3 天満宮4 天満宮5 天満宮6 天満宮7 天満宮8 天満宮9 天満宮10 天満宮11 天満宮12 天満宮13 天満宮14 天満宮15 天満宮16 天満宮17 天満宮18 天満宮19 天満宮20 天満宮21 天満宮22 天満宮23 天満宮24 天満宮25 天満宮26 天満宮27 天満宮28 天満宮29 天満宮30 天満宮31 天満宮32 天満宮33 天満宮34 天満宮35 天満宮36 天満宮37 天満宮38 天満宮39 天満宮40 天満宮41 天満宮42 天満宮43 天満宮44 天満宮45 天満宮46 天満宮47 天満宮48 天満宮49 天満宮50 天満宮51 天満宮52 天満宮53 天満宮54 天満宮55 天満宮56 天満宮57 天満宮58 天満宮59 天満宮60 天満宮61 天満宮62 天満宮63 天満宮64 天満宮65 天満宮66 天満宮67 天満宮68 天満宮69 天満宮70 天満宮71 天満宮72 天満宮73 天満宮74 天満宮75 天満宮76 天満宮77 天満宮78 天満宮79 天満宮80 天満宮81 天満宮82 天満宮83 天満宮84 天満宮85 天満宮86 天満宮87 天満宮88 天満宮89 天満宮90 天満宮91 天満宮92 天満宮93 天満宮94 天満宮95 天満宮96 天満宮97 天満宮98 天満宮99 天満宮100
天満宮101 天満宮102 天満宮103 天満宮104 天満宮105 天満宮106 天満宮107 天満宮108 天満宮109 天満宮110 天満宮111 天満宮112
この記事のURL | 福岡の旅 | CM(0) | ▲ top
岩国城
- 2020/03/19(Thu) -
2020年2月21日
コース:水口~新名神~山陽道~岩国~錦帯橋~吉香公園~岩国城

 滋賀県から山陽道をひた走り、山口県の岩国に入りました。山陽道は瀬戸内海を見ながら走れるのかと思っていたら、ほとんど見えなくて似たような里山とトンネルが延々と続いていました。宮島SAでようやく海を眺めながらひと休みして、いよいよいつも通過してばかりだった初めての岩国です。岩国城は岩国藩初代藩主吉川広家が蛇行する錦川を天然の外堀とする城山に、三層四階の桃山風南蛮造りで建造しました。
 岩国には日本百名城の岩国城にもまして有名な、日本三名橋の錦帯橋があります。子どものころから写真だけは何度も見ていながらようやく訪ねられました。錦帯橋は、江戸時代に岩国藩第3代藩主の吉川広嘉により、城と城下町を結ぶため架けられました。明の渡来僧から杭州西湖に架かる橋の図をヒントに構想を得て創建されました。この日は春の観光シーズンを目ざしてでしょうか、改修工事中でした。

岩国城91

岩国城1 岩国城2 岩国城3 岩国城4 岩国城5 岩国城6 岩国城7 岩国城8 岩国城9 岩国城10 岩国城11 岩国城12 岩国城13 岩国城14 岩国城15 岩国城16 岩国城17 岩国城18 岩国城19 岩国城20 岩国城21 岩国城22 岩国城23 岩国城24 岩国城25 岩国城26 岩国城27 岩国城28 岩国城29 岩国城30 岩国城31 岩国城32 岩国城33 岩国城34 岩国城35 岩国城36 岩国城37 岩国城38 岩国城39 岩国城40 岩国城41 岩国城42 岩国城43 岩国城44 岩国城45 岩国城46 岩国城47 岩国城48 岩国城49 岩国城50 岩国城51 岩国城52 岩国城53 岩国城54 岩国城55 岩国城56 岩国城57 岩国城58 岩国城59 岩国城60 岩国城61 岩国城62 岩国城63 岩国城64 岩国城65 岩国城66 岩国城67 岩国城68 岩国城69 岩国城70 岩国城71 岩国城72 岩国城73 岩国城74 岩国城75 岩国城76 岩国城77 岩国城78 岩国城79 岩国城80 岩国城81 岩国城82 岩国城83 岩国城84
岩国城85 岩国城86 岩国城87 岩国城88 岩国城89 岩国城90
この記事のURL | 山口の旅 | CM(2) | ▲ top
水口城
- 2020/03/16(Mon) -
2020年2月20日
コース:名神道~甲賀市~水口城

 2月下旬に所用で九州福岡へクルマで往復しました。日程に余裕があったので道中で片道2泊し、1日1カ所西日本の名城を登城しながらドライブしてきました。
 はじめに甲賀市の水口城です。甲賀市は滋賀県南部の町が合併して市になりました。忍者の里で有名な「甲賀」を市の名前としました。また今年はNHK連続テレビ小説の舞台の信楽も甲賀市内で、盛り上がっていました。
 甲賀市の中心市街地は、東海道五十三次の宿場町でありまた城下町の水口です。水口は豊臣秀吉の時代は五奉行の長束正家が領有していました。しかし関ヶ原の戦いでは西軍で敗退して自害。水口は徳川氏直轄地となり、東海道の宿場町に指定されました。
 水口城は3代将軍家光が京都へ上洛の宿館として、小堀遠州らにより築かれました。城内には二条城を模した豪華な御殿が造られました。歴代水口藩は、同城を幕府から借りている城として大切に管理し、居城であるにもかかわらず、本丸部の御殿は使用しなかったそうです。
 水堀沿いには水仙や梅が植えられていました。特に山茶花は生け垣のようになっていて満開でした。

水口城43

水口城1 水口城2 水口城3 水口城4 水口城5 水口城6 水口城7 水口城8 水口城9 水口城10 水口城11 水口城12 水口城13 水口城14 水口城15 水口城16 水口城17 水口城18 水口城19 水口城20 水口城21 水口城22 水口城23 水口城24 水口城25 水口城26 水口城27 水口城28 水口城29 水口城30 水口城31 水口城32 水口城33 水口城34 水口城35 水口城36
水口城37 水口城38 水口城39 水口城40 水口城41 水口城42
この記事のURL | 滋賀の旅 | CM(0) | ▲ top
東京スカイツリー
- 2020/03/13(Fri) -
2020年1月26日
コース:東京~錦糸町~東京スカイツリー

 2012年に開業した東京スカイツリー。いつも奥多摩や奥武蔵の山から遠望したり、総武線から近望したりでした。この度、話があって予約も取れてようやく訪ねられました。この日は、遠くの山までよく晴れ渡っている・・というわけにはいかないどんよりした日でしたが、展望デッキからは都内をこれくらいには見渡せました。
 1月下旬のこの頃もすでに新型コロナウイルスはニュースになっていました。ですが世の中の規制はまだなくて、たぶん一生一度の機会ですので、マスクをして人にはあまり近づかずに登ってきました。3月1日からは、感染予防や拡大防止のため、臨時休業しています。

スカイツリー47

スカイツリー1 スカイツリー2 スカイツリー3 スカイツリー4 スカイツリー5 スカイツリー6 スカイツリー7 スカイツリー8 スカイツリー9 スカイツリー10 スカイツリー11 スカイツリー12 スカイツリー13 スカイツリー14 スカイツリー15 スカイツリー16 スカイツリー17 スカイツリー18 スカイツリー19 スカイツリー20 スカイツリー21 スカイツリー22 スカイツリー23 スカイツリー24 スカイツリー25 スカイツリー26 スカイツリー27 スカイツリー28 スカイツリー29 スカイツリー30 スカイツリー31 スカイツリー32 スカイツリー33 スカイツリー34 スカイツリー35 スカイツリー36 スカイツリー37 スカイツリー38 スカイツリー39 スカイツリー40
スカイツリー41 スカイツリー42 スカイツリー43 スカイツリー44 スカイツリー45 スカイツリー46
この記事のURL | 東京の山 | CM(4) | ▲ top
菅谷館
- 2020/03/10(Tue) -
2020年1月20日
コース:嵐山町~杉山~菅谷~菅谷館

 杉山城に続いて近くの菅谷館を訪ねました。ともに国指定史跡にして、続日本百名城に選ばれています。
 菅谷館は、鎌倉幕府有力御家人の畠山重忠の館跡です。畠山氏は大里郡畠山荘の荘司で、鎌倉街道の要衝の菅谷に移ったのが、菅谷館の始まりです。室町期には近くの菅谷原において、山内と扇谷の両上杉家が戦って、勝った山内上杉家の拠点として使われました。その後の戦国期には、この地に進出した北条氏の家臣により守備されました。
 立地は都幾川と槻川の合流点にある平城で、中世館跡の遺構が良く残されていました。館の中ほどには、等身大以上に立派な畠山重忠像がそびえています。山茶花が満開の季節でした。

菅谷館63

菅谷館1 菅谷館2 菅谷館3 菅谷館4 菅谷館5 菅谷館6 菅谷館7 菅谷館8 菅谷館9 菅谷館10 菅谷館11 菅谷館12 菅谷館13 菅谷館14 菅谷館15 菅谷館16 菅谷館17 菅谷館18 菅谷館19 菅谷館20 菅谷館21 菅谷館22 菅谷館23 菅谷館24 菅谷館25 菅谷館26 菅谷館27 菅谷館28 菅谷館29 菅谷館30 菅谷館31 菅谷館32 菅谷館33 菅谷館34 菅谷館35 菅谷館36 菅谷館37 菅谷館38 菅谷館39 菅谷館40 菅谷館41 菅谷館42 菅谷館43 菅谷館44 菅谷館45 菅谷館46 菅谷館47 菅谷館48 菅谷館49 菅谷館50 菅谷館51 菅谷館52 菅谷館53 菅谷館54 菅谷館55 菅谷館56
菅谷館57 菅谷館58 菅谷館59 菅谷館60 菅谷館61 菅谷館62
この記事のURL | 埼玉の山 | CM(0) | ▲ top
杉山城
- 2020/03/07(Sat) -
2020年1月20日
コース:関越道~嵐山町~杉山城~積善寺

 管理人ふさじろうです。しばらく家を離れていて、ブログの更新ができませんでした。その間のご来訪者様には何度もありがとうございました。ようやく再開します。前回から続いての1月の記事からおくります。

 関東の名城巡り。上総の国、大多喜城に続いては、武蔵の国からです。国指定史跡「比企城館跡群」のひとつ、杉山城に登城しました。室町期、関東では山内上杉氏と扇谷上杉氏による「長享の乱」がありました。この地域は両陣営の中ほどにあたり、杉山城は山内上杉氏が扇谷上杉氏に対抗して築城したと考えられています。
 杉山城は鎌倉街道を見下ろす丘陵の尾根上に多くの郭を配置した縄張りで、攻めてくる敵兵に対して強い防御力と攻撃力を誇っています。その作りには高度な築城技術が施されていて、「築城の教科書」とか「戦国期城郭の最高傑作のひとつ」などと評価されています。

杉山城75

杉山城1 杉山城2 杉山城3 杉山城4 杉山城5 杉山城6 杉山城7 杉山城8 杉山城9 杉山城10 杉山城11 杉山城12 杉山城13 杉山城14 杉山城15 杉山城16 杉山城17 杉山城18 杉山城19 杉山城20 杉山城21 杉山城22 杉山城23 杉山城24 杉山城25 杉山城26 杉山城27 杉山城28 杉山城29 杉山城30 杉山城31 杉山城32 杉山城33 杉山城34 杉山城35 杉山城36 杉山城37 杉山城38 杉山城39 杉山城40 杉山城41 杉山城42 杉山城43 杉山城44 杉山城45 杉山城46 杉山城47 杉山城48 杉山城49 杉山城50 杉山城51 杉山城52 杉山城53 杉山城54 杉山城55 杉山城56 杉山城57 杉山城58 杉山城59 杉山城60 杉山城61 杉山城62 杉山城63 杉山城64 杉山城65 杉山城66 杉山城67 杉山城68
杉山城69 杉山城70 杉山城71 杉山城72 杉山城73 杉山城74
この記事のURL | 埼玉の山 | CM(4) | ▲ top
| メイン |