FC2ブログ
2019 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2019 11
上山城
- 2019/10/13(Sun) -
2019年9月19日
コース:福島~米沢~上山~上山城~山形

 昨年に米沢城と山形城を訪ねた時に、横目で見ながら通り過ぎてしまった、上山城(かみのやまじょう)に登城しました。「羽州の名城」と謳われる美しい天守です。
 山形の南に位置する上山は、戦国時代には山形、最上氏の南端の城塞として、米沢の伊達氏との攻防の舞台となりました。中でも、「北の関ヶ原」と呼ばれる慶長出羽合戦では、直江兼続が率いる上杉方の大軍を、寡兵の上山城で退けています。
 江戸時代には、名僧沢庵禅師が上山に配流され、当時の城主の土岐氏は厚遇して教えを仰ぎました。沢庵禅師は、大根の漬物の「沢庵漬け」の創作でも有名です。

上山城31

上山城1 上山城2 上山城3 上山城4 上山城5 上山城6 上山城7 上山城8 上山城9 上山城10 上山城11 上山城12 上山城13 上山城14 上山城15 上山城16 上山城17 上山城18 上山城19 上山城20 上山城21 上山城22 上山城23 上山城24
上山城25 上山城26 上山城27 上山城28 上山城29 上山城30
この記事のURL | 山形の山 | CM(2) | ▲ top
男山
- 2019/10/07(Mon) -
2019年9月7日
コース:佐久~南相木村~馬越峠~天狗山~垣越山~男山

 3年前に、馬越峠から天狗山を往復しました。今回はその先の男山まで、往復の縦走をしました。八ヶ岳の東側にそびえる天狗山も男山も、すばらしい展望です。この日は絶好の好天に恵まれて、眼前の八ヶ岳をはじめ、南北アルプス、奥秩父、上信越連峰に富士山も眺められました。

男山53

男山1 男山2 男山3 男山4 男山5 男山6 男山7 男山8 男山9 男山10 男山11 男山12 男山13 男山14 男山15 男山16 男山17 男山18 男山19 男山20 男山21 男山22 男山23 男山24 男山25 男山26 男山27 男山28 男山29 男山30 男山31 男山32 男山33 男山34 男山35 男山36 男山37 男山38 男山39 男山40 男山41 男山42 男山43 男山44 男山45 男山46 男山47 男山48 男山49 男山50 男山51 男山52
この記事のURL | 長野の山 | CM(6) | ▲ top
明石城
- 2019/10/04(Fri) -
2019年9月3日
コース:明石~明石城

 播磨の国には3つの日本百名城があります。姫路城、赤穂城に続いては、明石城です。折しも、1619年築城ちょうど400年の、2019年に登城できました。
 江戸初期に姫路城とともに、外様大名の多い西国大名からの防衛の城として、水陸両方の交通の要衝、明石に初代藩主、小笠原忠政が築城しました。忠政は織田信長と徳川家康という2人の天下人を曽祖父に持ち、この当時は2代将軍秀忠の篤い信任を受けていました。城下町の町割りや山里曲輪の作庭は、客分として明石へ招かれた宮本武蔵が行いました。武蔵はほかにも城下の寺院の庭園も造園したそうです。
 現代の明石は、東経135度の日本標準時子午線が通り、明石海峡大橋が開通してからは、標準時以東と以西の本州に加えて、淡路や四国との結節点でもあり、全く別のこの2つを合わせ持っていることを思うと、日本の中心 とも言えそうな、明石でした。

明石城45

明石城1 明石城2 明石城3 明石城4 明石城5 明石城6 明石城7 明石城8 明石城9 明石城10 明石城11 明石城12 明石城13 明石城14 明石城15 明石城16 明石城17 明石城18 明石城19 明石城20 明石城21 明石城22 明石城23 明石城24 明石城25 明石城26 明石城27 明石城28 明石城29 明石城30 明石城31 明石城32
明石城33 明石城34 明石城35 明石城36 明石城37 明石城38 明石城39 明石城40 明石城41 明石城42 明石城43 明石城44
この記事のURL | 兵庫の旅 | CM(4) | ▲ top
赤穂城
- 2019/10/01(Tue) -
2019年9月2日
コース:赤穂~赤穂城

 姫路から赤穂に足を延ばしました。赤穂で有名なのは、赤穂の塩と、忠臣蔵の赤穂義士と、そして日本百名城の赤穂城です。この時の赤穂は、赤穂義士関連の史跡は時間の都合でまたの機会にして、赤穂城登城だけになりました。
 赤穂城には数々の特徴がありました。築城は江戸時代の三代家光のころからと遅いこと。海に面した海岸平城で、甲州流軍学に山鹿流軍学を加えた、銃砲撃戦も意識した広大な縄張りです。図を見ると函館五稜郭にも似ていました。赤穂城の城主では、刃傷事件の浅野家が知られていますが、断絶後、織田信長に仕えた森蘭丸で有名な森家が、廃藩置県まで長く城主を務めました。

赤穂城59

赤穂城1 赤穂城2 赤穂城3 赤穂城4 赤穂城5 赤穂城6 赤穂城7 赤穂城8 赤穂城9 赤穂城10 赤穂城11 赤穂城12 赤穂城13 赤穂城14 赤穂城15 赤穂城16 赤穂城17 赤穂城18 赤穂城19 赤穂城20 赤穂城21 赤穂城22 赤穂城23 赤穂城24 赤穂城25 赤穂城26 赤穂城27 赤穂城28 赤穂城29 赤穂城30 赤穂城31 赤穂城32 赤穂城33 赤穂城34 赤穂城35 赤穂城36 赤穂城37 赤穂城38 赤穂城39 赤穂城40 赤穂城41 赤穂城42 赤穂城43 赤穂城44 赤穂城45 赤穂城46 赤穂城47 赤穂城48 赤穂城49 赤穂城50 赤穂城51 赤穂城52
赤穂城53 赤穂城54 赤穂城55 赤穂城56 赤穂城57 赤穂城58
この記事のURL | 兵庫の旅 | CM(2) | ▲ top
| メイン |