FC2ブログ
2018 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2018 11
米沢城
- 2018/10/26(Fri) -
2018年10月8日
コース:米沢駅~伝国の杜~松岬神社~上杉神社~上杉記念館

 前回まで11年前の陸奥の国を3回シリーズで編集しました。今回から2018年現在に帰って、隣の出羽の国を、3回シリーズでおくります。
 山形路を、1登山・2登城してきました。はじめに、続日本百名城、米沢城です。米沢は駅舎や駅前のモニュメントからして、なんだかお伽の国に降り立ったようでした。地方の城下町でよく見られる、高低差を利用してかぎ型などの防衛本位の町並みとちがって、平地に碁盤目状に広々整然とした町並みが広がります。少し遠くの山に囲まれているのも、京都にいるかの雰囲気がありました。
 米沢城周辺を歩きました。現在は上杉神社になっていて、立派な堀や周囲の石垣以外はあまり城砦の遺構は感じられませんが、上杉謙信・景勝、直江兼続、伊達政宗など戦国期の越後から東北にかけての主役たちと深い係わりがあります。甲府では武田信玄公にあいさつをしたので、ここでは上杉謙信公をトップにしました。

米沢城址
 長井氏以来、伊達・蒲生・直江・上杉の諸氏の居城した城址跡である。暦仁元年(1238)長井時広の築城と伝えられ、松岬城と称した。時広は源頼朝の重臣大江広元の次男で、奥州侵攻の軍功により文治5年(1189)長井庄地頭となる。長井氏治世191年に及ぶ。
 康暦2年(1380)伊達氏8代宗遠(むねとお)が、長井氏8代広房を滅ぼして長井庄を領した。15代晴宗が天文17年(1548)米沢城に移った。17代独眼竜政宗はこの城で生まれた。政宗は、天正19年(1591)豊臣秀吉により岩出山に移封。伊達氏治世212年。
 天正19年(1591)より慶長3年(1598)まで、蒲生氏郷(うじさと)の一族郷安(さとやす)が城主となる。 慶長3年より上杉氏領となるが、初めは上杉景勝公の重臣直江兼続が城主となり、慶長6年(1601)上杉景勝公が城主となる。
 明治2年の版籍奉還まで272年間、上杉氏が城主であった(上杉氏2代景勝公より14代茂憲公まで)。舞鶴城と称す。明治6年、城が取り壊され、明治7年、公園として市民に開放された。中央に上杉神社、濠外東方に松岬神社、同南方に上杉記念館(旧上杉伯爵邸)・市立児童会館がある。
 上杉謙信公像・上杉鷹山公像をはじめ、上杉神社稽照殿(宝物殿)・春日神社・福徳稲荷神社・招魂碑・上杉謙信公祠堂跡・曦山公碑・伊達政宗生誕の地標柱等がある。
(やまがたへの旅より)

米沢城93

米沢城1 米沢城2 米沢城3 米沢城4 米沢城5 米沢城6 米沢城7 米沢城8 米沢城9 米沢城10 米沢城11 米沢城12 米沢城13 米沢城14 米沢城15 米沢城16 米沢城17 米沢城18 米沢城19 米沢城20 米沢城21 米沢城22 米沢城23 米沢城24 米沢城25 米沢城26 米沢城27 米沢城28 米沢城29 米沢城30 米沢城31 米沢城32 米沢城33 米沢城34 米沢城35 米沢城36 米沢城37 米沢城38 米沢城39 米沢城40 米沢城41 米沢城42 米沢城43 米沢城44 米沢城45 米沢城46 米沢城47 米沢城48 米沢城49 米沢城50 米沢城51 米沢城52 米沢城53 米沢城54 米沢城55 米沢城56 米沢城57 米沢城58 米沢城59 米沢城60 米沢城61 米沢城62 米沢城63 米沢城64 米沢城65 米沢城66 米沢城67 米沢城68 米沢城69 米沢城70 米沢城71 米沢城72 米沢城73 米沢城74 米沢城75 米沢城76 米沢城77 米沢城78 米沢城79 米沢城80
米沢城81 米沢城82 米沢城83 米沢城84 米沢城85 米沢城86 米沢城87 米沢城88 米沢城89 米沢城90 米沢城91 米沢城92
この記事のURL | 山形の山 | CM(4) | ▲ top
いわき
- 2018/10/23(Tue) -
2007年8月19日
コース:いわき~白水阿弥陀堂~常福寺

 東日本大震災前の東北地方太平洋側の風景の整理も最終回です。2007年夏にはかつての、陸奥の国 を遠野から南下しました。今回は南端のいわきです。東北地方では仙台に次ぐ人口の都市で、東北の二都をつなぎました。
 常磐本線をのどかな気持ちで、仙台からいわきまで通して乗れたのも、これが最初で最後になりました。国宝建築物の白水阿弥陀堂。その本坊の願成寺。岩城領主岩城家菩提寺の龍門寺。奥羽の浄土宗全寺院総記録所の専称寺。閼伽井嶽薬師と呼ばれ朱塗りの多宝塔も建つ常福寺。など、いわきの名刹を巡りました。

白水阿弥陀堂~願成寺
いわき1 いわき2 いわき3 いわき4 いわき5 いわき6 いわき7 いわき8 いわき9 いわき10 いわき11 いわき12 いわき13 いわき14 いわき15 いわき16 いわき17 いわき18 いわき19 いわき20 いわき21 いわき22 いわき23 いわき24 いわき25 いわき26 いわき27 いわき28 いわき29 いわき30 いわき31 いわき32
いわき33 いわき34 いわき35 いわき36 いわき37

龍門寺~如来寺~専称寺~常福寺
いわき38 いわき39 いわき40 いわき41 いわき42 いわき43 いわき44 いわき45 いわき46 いわき47 いわき48 いわき49 いわき50 いわき51 いわき52 いわき53 いわき54 いわき55 いわき56 いわき57 いわき58 いわき59 いわき60 いわき61 いわき62 いわき63 いわき64 いわき65 いわき66 いわき67 いわき68 いわき69 いわき70 いわき71 いわき72 いわき73 いわき74 いわき75 いわき76 いわき77
いわき78 いわき79 いわき80 いわき81 いわき82 いわき83 いわき84 いわき85 いわき86 いわき87
この記事のURL | 福島の山 | CM(4) | ▲ top
仙台
- 2018/10/17(Wed) -
2007年8月17日~18日
コース:仙台~陸奥国分寺~定義如来

 2007年夏は、遠野からスタートして、東北地方太平洋側の名社名刹を参拝しました。そこはかつての旧国でダントツに広大な、陸奥の国 になります。その国分寺の 陸奥国分寺 から、定義如来まで、仙台を東から西へと参拝しました。
 大和政権の国分寺の時代から、江戸時代は仙台藩伊達氏の、造営や寄進により、五重塔や多宝塔も建つ立派な伽藍や、日光を思わせる芸術的なお堂や社殿もあって、各寺社で感銘を受けながらの巡礼でした。

孝勝寺~陸奥国分寺
仙台1 仙台2 仙台3 仙台4 仙台5 仙台6 仙台7 仙台8 仙台9 仙台10 仙台11 仙台12 仙台13 仙台14 仙台15 仙台16
仙台17 仙台18 仙台19 仙台20 仙台21 仙台22 仙台23 仙台24 仙台25 仙台26

大満寺~瑞鳳殿
仙台27 仙台28 仙台29 仙台30 仙台31 仙台32 仙台33 仙台34 仙台35 仙台36 仙台37 仙台38 仙台39 仙台40 仙台41 仙台42 仙台43 仙台44 仙台45 仙台46 仙台47 仙台48 仙台49 仙台50 仙台51 仙台52 仙台53 仙台54
仙台55 仙台56 仙台57 仙台58 仙台59

龍宝寺~大崎八幡宮
仙台60 仙台61 仙台62 仙台63 仙台64 仙台65 仙台66 仙台67 仙台68 仙台69 仙台70 仙台71 仙台72 仙台73 仙台74 仙台75 仙台76 仙台77 仙台78 仙台79
仙台80 仙台81 仙台82 仙台83 仙台84 仙台85 仙台86 仙台87 仙台88 仙台89

輪王寺~資福寺
仙台90 仙台91 仙台92 仙台93 仙台94 仙台95 仙台96 仙台97 仙台98 仙台99 仙台100 仙台101 仙台102 仙台103 仙台104 仙台105 仙台106 仙台107 仙台108 仙台109 仙台110 仙台111 仙台112 仙台113 仙台114 仙台115 仙台116 仙台117
仙台118 仙台119 仙台120 仙台121 仙台122 仙台123 仙台124 仙台125 仙台126 仙台127

愛子大仏・仏国寺~定義如来・西方寺
仙台128 仙台129 仙台130 仙台131 仙台132 仙台133 仙台134 仙台135 仙台136 仙台137 仙台138 仙台139 仙台140 仙台141 仙台142 仙台143 仙台144 仙台145 仙台146 仙台147 仙台148 仙台149 仙台150 仙台151
仙台152 仙台153 仙台154 仙台155 仙台156 仙台157 仙台158 仙台159 仙台160 仙台161
この記事のURL | 宮城の旅 | CM(10) | ▲ top
南三陸
- 2018/10/11(Thu) -
2007年7月21日~22日
コース:遠野~住田~大船渡~陸前高田~気仙沼

 乾徳山の後、山行の間が空きましたので、画像倉庫を整理します。11年前の2007年に、三陸海岸南部を遠野から気仙沼まで名刹を参拝しました。
 ここ南三陸の気仙地方は、日本四大名工のひとつとされる、優れた建築技術を誇る「気仙大工」のふるさとです。寺院の建築や彫刻にも、その技術は残されていて、見学するのも楽しみでした。立派な伽藍が多いからでしょうか、東北三十六不動尊や奥州三十三観音などの、さまざまな霊場も開かれていました。
 ところがこの時から4年後の東日本大震災で、津波や地震により失われたり傷んだりした伽藍も多いと分かりました。被災前の姿を少しでも公開しようと、今回の倉庫整理です。そして何よりも、この時にあいさつを交わした地元の方たちの無事を祈りつつ編集しました。

遠野駅~智恩寺~対泉院~常堅寺
智恩寺・・・・・・日蓮真筆の曼陀羅は文化財に指定。北身延の称号を許されています。
対泉院・・・・・・日本一の大仁王像がおはします。
常堅寺・・・・・・境内の裏を流れる小川は、かつて多くのカッパが棲んでいたそうです。
南三陸1 南三陸2 南三陸3 南三陸4 南三陸5 南三陸6 南三陸7 南三陸8 南三陸9 南三陸10 南三陸11 南三陸12 南三陸13 南三陸14 南三陸15 南三陸16 南三陸17 南三陸18 南三陸19 南三陸20 南三陸21 南三陸22 南三陸23 南三陸24 南三陸25 南三陸26 南三陸27 南三陸28
南三陸29 南三陸30 南三陸31 南三陸32 南三陸33 南三陸34 南三陸35 南三陸36 南三陸37 南三陸38 南三陸39 南三陸40 南三陸41 南三陸42 南三陸43

福泉寺・・・・・・福徳大観音は木彫りでは日本最大の高さ17mの観音像。
南三陸44 南三陸45 南三陸46 南三陸47 南三陸48 南三陸49 南三陸50 南三陸51 南三陸52 南三陸53 南三陸54 南三陸55 南三陸56 南三陸57 南三陸58 南三陸59 南三陸60 南三陸61 南三陸62 南三陸63 南三陸64 南三陸65 南三陸66 南三陸67
南三陸68 南三陸69 南三陸70 南三陸71 南三陸72 南三陸73 南三陸74 南三陸75 南三陸76 南三陸77

住田町~満蔵寺~大船渡~長安寺
満蔵寺・・・・・・気仙大工が腕をふるって造った豪壮な山門は気仙郡随一といわています。
長安寺・・・・・・東北有数の名刹で、桃山建築の様式の山門は気仙地方の建築を象徴する楼門。
南三陸78 南三陸79 南三陸80 南三陸81 南三陸82 南三陸83 南三陸84 南三陸85 南三陸86 南三陸87 南三陸88 南三陸89 南三陸90 南三陸91 南三陸92 南三陸93 南三陸94 南三陸95 南三陸96 南三陸97
南三陸98 南三陸99 南三陸100 南三陸101 南三陸102

陸前高田~普門寺~泉増寺~金剛寺
普門寺・・・・・・県指定文化財の三重塔は、気仙大工の独特な技が見られます。
泉増寺・・・・・・気仙三十三観音第1番霊場。安産守護の観音さま。
金剛寺・・・・・・成田山新勝寺から分院した、「気仙成田山」。津波被災から復興中です。
南三陸103 南三陸104 南三陸105 南三陸106 南三陸107 南三陸108 南三陸109 南三陸110 南三陸111 南三陸112 南三陸113 南三陸114 南三陸115 南三陸116 南三陸117 南三陸118 南三陸119 南三陸120 南三陸121 南三陸122 南三陸123 南三陸124 南三陸125 南三陸126 南三陸127 南三陸128 南三陸129 南三陸130 南三陸131 南三陸132 南三陸133 南三陸134 南三陸135 南三陸136 南三陸137 南三陸138
南三陸139 南三陸140 南三陸141 南三陸142 南三陸143 南三陸144 南三陸145 南三陸146 南三陸147 南三陸148 南三陸149 南三陸150 南三陸151 南三陸152 南三陸153

龍泉寺~長圓寺~気仙沼~補陀寺
龍泉寺・・・・・・竜宮門や天然記念物のモミジもある美しい境内でした。被災して残念です。
長圓寺・・・・・・江戸時代に日本最大の隕石「気仙隕石」が境内に落下しました。
補陀寺・・・・・・気仙大工作の観音堂は珍しい六角形で、宮城県文化財に指定。
南三陸154 南三陸155 南三陸156 南三陸157 南三陸158 南三陸159 南三陸160 南三陸161 南三陸162 南三陸163 南三陸164 南三陸165 南三陸166 南三陸167 南三陸168 南三陸169 南三陸170 南三陸171 南三陸172 南三陸173 南三陸174 南三陸175 南三陸176 南三陸177 南三陸178 南三陸179 南三陸180 南三陸181 南三陸182 南三陸183 南三陸184 南三陸185
南三陸186 南三陸187 南三陸188 南三陸189 南三陸190 南三陸191 南三陸192 南三陸193 南三陸194 南三陸195
この記事のURL | 岩手の山 | CM(4) | ▲ top
乾徳山
- 2018/10/07(Sun) -
2018年9月23日
コース:塩山~徳和~銀晶水~駒止~錦晶水~国師ヶ原~高原ヒュッテ

 タイトルは堂々と、乾徳山 としましたが、敗退しました。徳和から登山道に入ると、コースわきにはさまざまなキノコが頭を出していました。ところがこの日は登り始めると、日ごろの運動不足とその前何日かの睡眠不足が加わって力が入らず、登頂の気力があまり起こりませんでした。
 この日は山仲間の、がっちゃんと同行しています。そこで、がっちゃんに山頂アタック隊になってもらい、ふさじろうは中腹の国師ヶ原でベースキャンプ隊で待ちました。山頂の様子を聞くと・・・
人気の二百名山が3連休中日のこの日は、団体も来ていて大混雑。名物の山頂直下の長鎖は順番待ちで大渋滞。山頂昼食を食べている時間もスペースもないので、順番待ち中に済ませた。富士山は見えなかった・・・そうです。
 ベースキャンプの国師ヶ原は、白樺の美林や、苔むしたごろ岩もあって、なかなかの雰囲気でした。一瞬のことでカメラを向ける間もありませんでしたが、目の前を鹿10頭くらいが駆け抜けていったのは、テレビで見るような光景でした。近くには高原ヒュッテもあり、コース2本が交差していて行き交う登山者とあいさつをしていると、しばらくいても飽きませんでした。
 原から下り始める午後も深くなったころ、まだ登ってくる登山者がいるので、「今から山頂を目ざせば帰りは暗くなる・・・」旨を話すと、「国師ヶ原までのトレッキング」ということでした。確かにそれだけでも十分楽しめる山です。ふさじろうも、この日はトレッキングの日、ということにして、次に来る機会があれば、空いていて、富士山も見える日に、睡眠も十分とって、再挑戦したいです。

乾徳山39

乾徳山1 乾徳山2 乾徳山3 乾徳山4 乾徳山5 乾徳山6 乾徳山7 乾徳山8 乾徳山9 乾徳山10 乾徳山11 乾徳山12 乾徳山13 乾徳山14 乾徳山15 乾徳山16 乾徳山17 乾徳山18 乾徳山19 乾徳山20 乾徳山21 乾徳山22 乾徳山23 乾徳山24 乾徳山25 乾徳山26 乾徳山27 乾徳山28 乾徳山29 乾徳山30 乾徳山31 乾徳山32
乾徳山33 乾徳山34 乾徳山35 乾徳山36 乾徳山37 乾徳山38
この記事のURL | 山梨の山 | CM(4) | ▲ top
袋田の滝
- 2018/10/01(Mon) -
2018年9月6日
コース:水戸~水郡線~袋田~四度瀧不動明王~袋田の滝~生瀬の滝

 日本三名瀑や三大瀑布と言われている、袋田の滝を訪ねました。水戸からの水郡線の気動車は、外観はカラフルで車内も新しくて快適です。滝の手前の土産物街は、レトロ感いっぱいの建物で、趣がありました。
 前日まで雨がちのため水量豊かで、最初の観瀑台から一目見た時は、迫力に圧倒されました。3カ所の観瀑台からいろいろな角度で眺めを楽しめます。袋田の滝が一段だけになったような、生瀬の滝まで登りました。

袋田の滝
 久慈川の支流滝川に架かる袋田の滝は、日本三名瀑に数えられ、高さ120メートル、幅73メートルの大きさを誇ります。滝の流れが大岩壁を四段に落下することから、別名「四度(よど)の滝」とも呼ばれ、また一説には、その昔、西行法師がこの地を訪れた際、「この滝は四季に一度ずつ来てみなければ真の風趣は味わえない」と絶賛したことからとも伝えられています。
 四段の岩壁を流れる水のつくり出すラインは白糸のようになめらかに、そして時には激しく、さまざまな顔を見せてくれます。新芽吹く木々の緑に縁どられた春、涼を求めての夏、あでやかな紅葉が滝のお化粧をする秋、厳しい寒さで滝が凍結する冬と、袋田の滝は四季折々に姿を変えてくれます。
 この四季折々に変化する滝には、かつて多くの文人墨客が訪れ、それぞれに滝の素晴らしさを歌に詠んで残してくれました。
(大子町観光協会より)

袋田の滝89

袋田の滝1 袋田の滝2 袋田の滝3 袋田の滝4 袋田の滝5 袋田の滝6 袋田の滝7 袋田の滝8 袋田の滝9 袋田の滝10 袋田の滝11 袋田の滝12 袋田の滝13 袋田の滝14 袋田の滝15 袋田の滝16 袋田の滝17 袋田の滝18 袋田の滝19 袋田の滝20 袋田の滝21 袋田の滝22 袋田の滝23 袋田の滝24 袋田の滝25 袋田の滝26 袋田の滝27 袋田の滝28 袋田の滝29 袋田の滝30 袋田の滝31 袋田の滝32 袋田の滝33 袋田の滝34 袋田の滝35 袋田の滝36 袋田の滝37 袋田の滝38 袋田の滝39 袋田の滝40 袋田の滝41 袋田の滝42 袋田の滝43 袋田の滝44 袋田の滝45 袋田の滝46 袋田の滝47 袋田の滝48 袋田の滝49 袋田の滝50 袋田の滝51 袋田の滝52 袋田の滝53 袋田の滝54 袋田の滝55 袋田の滝56 袋田の滝57 袋田の滝58 袋田の滝59 袋田の滝60 袋田の滝61 袋田の滝62 袋田の滝63 袋田の滝64
袋田の滝66 袋田の滝65 袋田の滝67 袋田の滝68 袋田の滝69 袋田の滝70 袋田の滝71 袋田の滝72 袋田の滝73 袋田の滝74 袋田の滝75 袋田の滝76 袋田の滝77 袋田の滝78 袋田の滝79 袋田の滝80 袋田の滝81 袋田の滝82 袋田の滝83 袋田の滝84 袋田の滝85 袋田の滝86 袋田の滝87 袋田の滝88
この記事のURL | 茨城の山 | CM(6) | ▲ top
| メイン |