FC2ブログ
2018 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2018 09
上高地
- 2018/08/30(Thu) -
2018年8月6日
コース:松本~上高地~河童橋~田代湿原~大正池~ウエストン碑~岳沢出合

 上高地を歩きました。河童橋をスタートして、梓川左岸を下り、大正池を往復して、梓川右岸を岳沢出合まで登りました。日本の代表的な山岳風景を間近にできるからでしょうか、外国人観光客で大にぎわいでした。岳沢出合周辺は、流れの中に立ち枯れがあったり、湿原のようになっていたり、独特の風景が美しくて、トップにしてみました。

上高地179

上高地1 上高地2 上高地3 上高地4 上高地5 上高地6 上高地7 上高地8 上高地9 上高地10 上高地11 上高地12 上高地13 上高地14 上高地15 上高地16 上高地17 上高地18 上高地19 上高地20 上高地21 上高地22 上高地23 上高地24 上高地25 上高地26 上高地27 上高地28 上高地29 上高地30 上高地31 上高地32 上高地33 上高地34 上高地35 上高地36 上高地37 上高地38 上高地39 上高地40 上高地41 上高地42 上高地43 上高地44 上高地45 上高地46 上高地47 上高地48 上高地49 上高地50 上高地51 上高地52 上高地53 上高地54 上高地55 上高地56 上高地57 上高地58 上高地59 上高地60 上高地61 上高地62 上高地63 上高地64  上高地65 上高地66 上高地67 上高地68 上高地69 上高地70 上高地71 上高地72 上高地73 上高地74 上高地75 上高地76 上高地77 上高地78 上高地79 上高地80 上高地81 上高地82 上高地83 上高地84 上高地85 上高地86 上高地87 上高地88 上高地89 上高地90 上高地91 上高地92 上高地93 上高地94 上高地95 上高地96 上高地97 上高地98 上高地99 上高地100 上高地101 上高地102 上高地103 上高地104 上高地105 上高地106 上高地107 上高地108 上高地109 上高地110 上高地111 上高地112 上高地113 上高地114 上高地115 上高地116 上高地117 上高地118 上高地119 上高地120 上高地121 上高地122 上高地123 上高地124 上高地125 上高地126 上高地127 上高地128 上高地129 上高地130 上高地131 上高地132 上高地133 上高地134 上高地135 上高地136 上高地137 上高地138 上高地139 上高地140 上高地141 上高地142 上高地143 上高地144 上高地145 上高地146 上高地147 上高地148
上高地149 上高地150 上高地151 上高地152 上高地153 上高地154 上高地155 上高地156 上高地157 上高地158 上高地159 上高地160 上高地161 上高地162 上高地163 上高地164 上高地165 上高地166 上高地167 上高地168 上高地169 上高地170 上高地171 上高地172 上高地173 上高地174 上高地175 上高地176 上高地177 上高地178
この記事のURL | 長野の山 | CM(10) | ▲ top
皇海山
- 2018/08/24(Fri) -
2018年8月4日
コース:沼田~根利~根利林道~皇海橋~不動沢~コル~皇海山往復

 武尊山に続いての日本百名山、皇海山です。全国各地の百名山の中では、決して遠い山ではないのですが、道中の林道がハードで、今まで足が向きませんでした。ですが今年は、距離は長くても根利側からの道がまだまし、と聞いて、話もまとまって出かけてきました。
 登山口の皇海橋から不動沢を登ります。しばらくは歩きやすいなかなかの美渓で、源流部からはガラガラざらざらの急登です。尾根からは鋸山の鋭鋒が目立ちます。樹林帯のところどころで樹間から遠望しながらひと登りで、百名山を一峰登頂できました。

皇海山
 深田久弥氏の日本百名山。渓流に沿って登山道があり、2,000mを越えても山頂付近にはまだ栂(つが)の木が林立する珍しい山です。
 平安から鎌倉時代、日光を中心に庚申山、鋸山、皇海山など足尾山塊の山々は、勝道上人の弟子たちによって開山され、山岳仏教の修行地となっていったと伝えられています。江戸時代、庚申山の奥の院として、鋸山と合わせて信仰登山が盛んになりました。明治26年には、東京の庚申講中によって、皇海山山項東方に青銅の剣が奉納され、現在も立派に残っています。
 故深田久弥氏の登山記によると、皇海山は遠くから眺めた形から推して、昔は笄山(こうがい山)と呼ばれていたが、そのコウガイが皇開と宛字され、やがて皇海となり、皇はスメラとも読むところから皇海はスカイと呼ばれるようになったと伝えられています。
(沼田市観光協会より)

皇海山35

皇海山1 皇海山2 皇海山3 皇海山4 皇海山5 皇海山6 皇海山7 皇海山8 皇海山9 皇海山10 皇海山11 皇海山12 皇海山13 皇海山14 皇海山15 皇海山16 皇海山17 皇海山18 皇海山19 皇海山20 皇海山21 皇海山22 皇海山23 皇海山24 皇海山25 皇海山26 皇海山27 皇海山28
皇海山29 皇海山30 皇海山31 皇海山32 皇海山33 皇海山34
この記事のURL | 群馬の山 | CM(8) | ▲ top
武尊山
- 2018/08/15(Wed) -
2018年7月30日
コース:沼田~武尊牧場~避難小屋~中ノ岳~三ツ池~武尊山~家ノ串~前武尊~オグナほたか

 日本百名山、武尊山です。2014年の秋にはみなかみ側から剣ヶ峰山を周回しましたが、季節やコースを変えて、今回は片品側の武尊牧場から前武尊へと周りました。ブナ林を抜けると、眺めのいい稜線歩きが楽しめました。

武尊山
 標高2158mの武尊山は、ブナの原生林とクマの生息数の多い事でも知られ、登山者による荒廃が少なく自然がそのままに残されている貴重な山です。山頂からは赤城山・奥利根の山々、谷川岳など関東一円の山々が見渡せます。
 天気の良い日は左方向に小さな富士山が見えるときもあります。武尊山の名前の由来にもなっている日本武尊(ヤマトタケルノミコト)の像が建ち、信仰の山であることを感じさせます。
(ほたかペンション村より)

武尊山71

武尊山1 武尊山2 武尊山3 武尊山4 武尊山5 武尊山6 武尊山7 武尊山8 武尊山9 武尊山10 武尊山11 武尊山12 武尊山13 武尊山14 武尊山15 武尊山16 武尊山17 武尊山18 武尊山19 武尊山20 武尊山21 武尊山22 武尊山23 武尊山24 武尊山25 武尊山26 武尊山27 武尊山28 武尊山29 武尊山30 武尊山31 武尊山32 武尊山33 武尊山34 武尊山35 武尊山36 武尊山37 武尊山38 武尊山39 武尊山40 武尊山41 武尊山42 武尊山43 武尊山44 武尊山45 武尊山46 武尊山47 武尊山48 武尊山49 武尊山50 武尊山51 武尊山52 武尊山53 武尊山54 武尊山55 武尊山56 武尊山57 武尊山58 武尊山59 武尊山60 武尊山61 武尊山62 武尊山63 武尊山64
武尊山65 武尊山66 武尊山67 武尊山68 武尊山69 武尊山70
この記事のURL | 群馬の山 | CM(2) | ▲ top
入笠山
- 2018/08/08(Wed) -
2018年7月21日
コース:中央道~富士見町~ゴンドラ~入笠湿原~花畑~入笠山~沢入登山口

 9年ぶりに入笠山に登りました。前回は6月のスズランで、7月の今回はたくさんの夏の花が真っ盛りでした。なかでもピンクの、シモツケ、ヤナギラン、タカネナデシコなどが華やかでした。アサギマダラなどたくさんの蝶も舞っていました。

入笠山
 「スズラン山」とも呼ばれる入笠湿原一帯は、80万株のスズランの群生が有名ですが、その他にもさまざまな高山植物が見られます。一方、入笠山は、子供でも30分ほどで登れ、山頂は、視界が良ければ360度のパノラマが見事です。
 関東地方や中央道からのアクセスも良く、家族向きです。また、「蝶の入笠」と呼ばれ、多くの種類の蝶が生息していることでも有名です。スズランや、他にも見所いっぱいの入笠高原は、おすすめのハイキングコースです。
 入笠山というユニークな名前の由来は、山の形が冬に保存用に積み重ねて置かれる稲わらの束(ニョウ)の形に酷似しているからという説が最も有力ですが、他にも、編み笠に似ているからという説や、雨が多い場所なので「笠を持って入る」ところからという説もあります。
(信州とっておき情報より)

入笠山73

入笠山1 入笠山2 入笠山3 入笠山4 入笠山5 入笠山6 入笠山7 入笠山8 入笠山9 入笠山10 入笠山11 入笠山12 入笠山13 入笠山14 入笠山15 入笠山16 入笠山17 入笠山18 入笠山19 入笠山20 入笠山21 入笠山22 入笠山23 入笠山24 入笠山25 入笠山26 入笠山27 入笠山28 入笠山29 入笠山30 入笠山31 入笠山32 入笠山33 入笠山34 入笠山35 入笠山36 入笠山37 入笠山38 入笠山39 入笠山40 入笠山41 入笠山42 入笠山43 入笠山44 入笠山45 入笠山46 入笠山47 入笠山48 入笠山49 入笠山50 入笠山51 入笠山52 入笠山53 入笠山54 入笠山55 入笠山56 入笠山57 入笠山58 入笠山59 入笠山60 入笠山61 入笠山62 入笠山63 入笠山64 入笠山65 入笠山66 入笠山67 入笠山68 入笠山69 入笠山70 入笠山71 入笠山72
この記事のURL | 長野の山 | CM(2) | ▲ top
笠ヶ岳
- 2018/08/02(Thu) -
2018年7月14日
コース:沼田~鳩待峠~オヤマ沢田代~悪沢岳~小笠~笠ヶ岳往復

 尾瀬の笠ヶ岳に登りました。コース途中には悪沢岳もあって、まるで南北アルプスの高峰を連続登頂したかのようなルートです。一面のお花畑というよりも、たくさんの種類の花々が咲いていました。エーデルワイスに最も似ている、貴重なホソバヒナウスユキソウも見られました。

笠ヶ岳
 尾瀬の山域の最西端に位置する。スゲ笠のような端正な円錐形の山姿をしていることから、この名が付いた。高山植物の宝庫として知られ、夏の開花期には東斜面一帯が彩られる。
 7月、鳩待峠を発ち、ワタスゲの揺れるオヤマ沢田代を過ぎて南に分岐し、笠ヶ岳に向かう。タテヤマリンドウが花の回廊をつくっていた。トキソウの咲く小笠をトラバースし、笠ヶ岳直下のお花畑に出る。ジョウシュウアズマギクが点々と、ムシトリスミレが岩陰に隠れ咲いていた。
 風化した蛇紋岩の急斜面をホソバヒナウスユキソウなどの花々を跨ぎ登り、アキアカネが群れ飛ぶ笠ヶ岳に立った。眼下には、濃緑の樹海に藍色の奈良俣湖が映えている。山麓に咲く花々とともに、いつまでもそっとしておきたい山である。
(ぐんま百名山公式サイトより)

笠ヶ岳193

笠ヶ岳1 笠ヶ岳2 笠ヶ岳3 笠ヶ岳4 笠ヶ岳5 笠ヶ岳6 笠ヶ岳7 笠ヶ岳8 笠ヶ岳9 笠ヶ岳10 笠ヶ岳11 笠ヶ岳12 笠ヶ岳13 笠ヶ岳14 笠ヶ岳15 笠ヶ岳16 笠ヶ岳17 笠ヶ岳18 笠ヶ岳19 笠ヶ岳20 笠ヶ岳21 笠ヶ岳22 笠ヶ岳23 笠ヶ岳24 笠ヶ岳25 笠ヶ岳26 笠ヶ岳27 笠ヶ岳28 笠ヶ岳29 笠ヶ岳30 笠ヶ岳31 笠ヶ岳32 笠ヶ岳33 笠ヶ岳34 笠ヶ岳35 笠ヶ岳36 笠ヶ岳37 笠ヶ岳38 笠ヶ岳39 笠ヶ岳40 笠ヶ岳41 笠ヶ岳42 笠ヶ岳43 笠ヶ岳44 笠ヶ岳45 笠ヶ岳46 笠ヶ岳47 笠ヶ岳48 笠ヶ岳49 笠ヶ岳50 笠ヶ岳51 笠ヶ岳52 笠ヶ岳53 笠ヶ岳54 笠ヶ岳55 笠ヶ岳56 笠ヶ岳57 笠ヶ岳58 笠ヶ岳59 笠ヶ岳60 笠ヶ岳61 笠ヶ岳62 笠ヶ岳63 笠ヶ岳64 笠ヶ岳65 笠ヶ岳66 笠ヶ岳67 笠ヶ岳68 笠ヶ岳69 笠ヶ岳70 笠ヶ岳71 笠ヶ岳72 笠ヶ岳73 笠ヶ岳74 笠ヶ岳75 笠ヶ76 笠ヶ岳77 笠ヶ岳78 笠ヶ岳79 笠ヶ岳80 笠ヶ岳81 笠ヶ岳82 笠ヶ岳83 笠ヶ岳84 笠ヶ岳85 笠ヶ岳86 笠ヶ岳87 笠ヶ岳88 笠ヶ岳89 笠ヶ岳90 笠ヶ岳91 笠ヶ岳92 笠ヶ岳93 笠ヶ岳94 笠ヶ岳95 笠ヶ岳96 笠ヶ岳97 笠ヶ岳98 笠ヶ岳99 笠ヶ岳100 笠ヶ岳101 笠ヶ岳102 笠ヶ岳103 笠ヶ岳104 笠ヶ岳105 笠ヶ岳106 笠ヶ岳107 笠ヶ岳108 笠ヶ岳109 笠ヶ岳110 笠ヶ岳111 笠ヶ岳112 笠ヶ岳113 笠ヶ岳114 笠ヶ岳115 笠ヶ岳116 笠ヶ岳117 笠ヶ岳118 笠ヶ岳119 笠ヶ岳120 笠ヶ岳121 笠ヶ岳122 笠ヶ岳123 笠ヶ岳124 笠ヶ岳125 笠ヶ岳126 笠ヶ岳127 笠ヶ岳128 笠ヶ岳129 笠ヶ岳130 笠ヶ岳131 笠ヶ岳132 笠ヶ岳133 笠ヶ岳134 笠ヶ岳135 笠ヶ岳136 笠ヶ岳137 笠ヶ岳138 笠ヶ岳139 笠ヶ岳140 笠ヶ岳141 笠ヶ岳142 笠ヶ岳143 笠ヶ岳144 笠ヶ岳145 笠ヶ岳146 笠ヶ岳147 笠ヶ岳148 笠ヶ岳149 笠ヶ岳150 笠ヶ岳151 笠ヶ岳152 笠ヶ岳153 笠ヶ岳154 笠ヶ岳155 笠ヶ岳156 笠ヶ岳157 笠ヶ岳158 笠ヶ岳159 笠ヶ岳160 笠ヶ岳161 笠ヶ岳162 笠ヶ岳163 笠ヶ岳164 笠ヶ岳165 笠ヶ岳166 笠ヶ岳167 笠ヶ岳168 笠ヶ岳169 笠ヶ岳170 笠ヶ岳171 笠ヶ岳172 笠ヶ岳173 笠ヶ岳174 笠ヶ岳175 笠ヶ岳176 笠ヶ岳177 笠ヶ岳178 笠ヶ岳179 笠ヶ岳180
笠ヶ岳181 笠ヶ岳182 笠ヶ岳183 笠ヶ岳184 笠ヶ岳185 笠ヶ岳186 笠ヶ岳187 笠ヶ岳188 笠ヶ岳189 笠ヶ岳190 笠ヶ岳191 笠ヶ岳192
この記事のURL | 群馬の山 | CM(4) | ▲ top
| メイン |