2016 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2016 06
小沢岳
- 2016/05/29(Sun) -
2016年4月20日
コース:下仁田~青倉~七久保登山口~椚峠~小沢岳往復

 最近はお花見観光が多かったので少しは山登りをと小沢岳に登りました。毎年季節には出かけている西上州のアカヤシオの山になります。今年のアカヤシオを 少林山 と さくらの里 でも見られたので、山ではここだけになってしまいました。
 下仁田から向かう途中からの小沢岳はなかなかの鋭峰っぷりです。麓の道路もはっきりした標識がないまま枝分かれしていて、スッキリとは着けませんでした。
 なんだか難しそうな登山も駐車場に着くまでで、そこからは穏やかな林道と尾根道で登頂できました。鋭峰の陰に隠れた裏側にはなだらかな尾根が隠されています。
 山頂からは妙義などの西上州の山々や、浅間や八ヶ岳も遠望できました。今年は春の花の開花が早くて4月の半ば過ぎでアカヤシオはかなり咲いていました。下仁田町と南牧村の境にある小沢岳。南牧村公式サイトからの案内です。

小沢岳
 西上州のマッターホルンとも槍ヶ岳とも呼ばれ、素晴らしい展望です。登山道もしっかり整備され初心者にも登りやすく人気の高いコースです。
 標高 1,088.9m  歩行時間 約2時間40分

小沢岳69

小沢岳1 小沢岳2 小沢岳3 小沢岳4 小沢岳5 小沢岳6 小沢岳7 小沢岳8 小沢岳9 小沢岳10 小沢岳11 小沢岳12 小沢岳13 小沢岳14 小沢岳15 小沢岳16 小沢岳17 小沢岳18 小沢岳19 小沢岳20 小沢岳21 小沢岳22 小沢岳23 小沢岳24 小沢岳25 小沢岳26 小沢岳27 小沢岳28 小沢岳29 小沢岳30 小沢岳31 小沢岳32 小沢岳33 小沢岳34 小沢岳35 小沢岳36 小沢岳37 小沢岳38 小沢岳39 小沢岳40 小沢岳41 小沢岳42 小沢岳43 小沢岳44 小沢岳45 小沢岳46 小沢岳47 小沢岳48 小沢岳49 小沢岳50 小沢岳51 小沢岳52 小沢岳53 小沢岳54 小沢岳55 小沢岳56
小沢岳57 小沢岳58 小沢岳59 小沢岳60 小沢岳61 小沢岳62 小沢岳63 小沢岳64 小沢岳65 小沢岳66 小沢岳67 小沢岳68
この記事のURL | 群馬の山 | CM(8) | ▲ top
赤城南面千本桜
- 2016/05/26(Thu) -
2016年4月16日
コース:前橋~赤城~千本桜

 群馬県内の桜名所として、妙義さくらの里 とともに名高い、赤城南面千本桜 を訪ねました。この前夜にネットの桜情報の「千本桜は散りはじめ」を見て、「桜吹雪が見られるかも」と出かけました。
 ところが近くの駐車場に着くと、散りはじめ でも 桜吹雪 でもなくて、すでに 葉桜 になっていました。同時に駐車場に入った前のクルマは、あきらめてそのまま出て行ってしまいました(笑)。
 それでも近くには芝桜や、ソメイヨシノ以外の世界の桜、日本の桜が咲いていて、ひとめぐり楽しみました。ネット情報は、それがいつ現在でアップされたかの確認が大事ですね。2016年の桜はようやくこれで終わります。

赤城南面千本桜
 「日本のさくら名所100選」に選ばれた県内屈指の桜並木。国道353号線から忠冶温泉までの約3.5kmにかけて、ソメイヨシノが約1,400本植えられており、満開時には美しい桜のトンネルとなります。
(ググっとぐんま公式サイトより)

千本桜35

千本桜1 千本桜2 千本桜3 千本桜4 千本桜5 千本桜6 千本桜7 千本桜8 千本桜9 千本桜10 千本桜11 千本桜12 千本桜13 千本桜14 千本桜15 千本桜16
千本桜17 千本桜18 千本桜19 千本桜20 千本桜21 千本桜22 千本桜23 千本桜24 千本桜25 千本桜26 千本桜27 千本桜28 千本桜29 千本桜30 千本桜31 千本桜32 千本桜33 千本桜34
この記事のURL | 群馬の山 | CM(4) | ▲ top
妙義さくらの里
- 2016/05/23(Mon) -
2016年4月15日
コース:松井田~妙義~さくらの里

 妙義山には秋に行くことが多くて、さくらの里をいつも通過していました。今回は季節を合わせてはじめてゆっくり歩いてみました。妙義中腹の急斜面に造られているため、けっこうな山歩きになります。筆頭岩などの妙義特有の岩峰群をバックに桜やツツジを撮りながら一周すると、いつも以上に似たような絵の山になりました。

 『県立森林公園さくらの里』は、妙義山の南面山麓に広がる斜面一帯を利用して園地にしています。面積は、約47ha、園内には歩道や四阿が整備されているほか、野外ステージがあります。
 園内に植えられたさくらは、45種5,000本で最も多い種類はソメイヨシノです。また、カンザン、フゲンゾウなどの八重さくらも多く、咲く時期がことなることから、4月中旬から5月中旬まで開花を見ることが出来ます。珍しい種類としては、ミシマザクラ、ヨウキヒ、コトヒラなどがあります。
 さくらの里の園内は、小さな山と谷があります。じっくりと見るためには、歩ける服装が必要になります。園内に数カ所設けられている四阿や広場を利用して、お弁当を広げたり写真を撮ったりして、ゆっくりとお花見を楽しむのがお薦めです。
 また、妙義山の石門めぐりと合わせて楽しむのも健康的でよいのではないでしょうか 。
(下仁田町公式サイトより)

さくらの里169

さくらの里1 さくらの里2 さくらの里3 さくらの里4 さくらの里5 さくらの里6 さくらの里7 さくらの里8 さくらの里9 さくらの里10 さくらの里11 さくらの里12 さくらの里13 さくらの里14 さくらの里15 さくらの里16 さくらの里17 さくらの里18 さくらの里19 さくらの里20 さくらの里21 さくらの里22 さくらの里23 さくらの里24 さくらの里25 さくらの里26 さくらの里27 さくらの里28 さくらの里29 さくらの里30 さくらの里31 さくらの里32 さくらの里33 さくらの里34 さくらの里35 さくらの里36 さくらの里37 さくらの里38 さくらの里39 さくらの里40 さくらの里41 さくらの里42 さくらの里43 さくらの里44 さくらの里45 さくらの里46 さくらの里47 さくらの里48 さくらの里49 さくらの里50 さくらの里51 さくらの里52 さくらの里53 さくらの里54 さくらの里55 さくらの里56 さくらの里57 さくらの里58 さくらの里59 さくらの里60 さくらの里61 さくらの里62 さくらの里63 さくらの里64 さくらの里65 さくらの里66 さくらの里67 さくらの里68 さくらの里69 さくらの里70 さくらの里71 さくらの里72 さくらの里73 さくらの里74 さくらの里75 さくらの里76 さくらの里77 さくらの里78 さくらの里79 さくらの里80 さくらの里81 さくらの里82 さくらの里83 さくらの里84 さくらの里85 さくらの里86 さくらの里87 さくらの里88 さくらの里89 さくらの里90 さくらの里91 さくらの里92 さくらの里93 さくらの里94 さくらの里95 さくらの里96 さくらの里97 さくらの里98 さくらの里99 さくらの里100 さくらの里101 さくらの里102 さくらの里103 さくらの里104 さくらの里105 さくらの里106 さくらの里107 さくらの里108 さくらの里109 さくらの里110 さくらの里111 さくらの里112 さくらの里113 さくらの里114 さくらの里115 さくらの里116 さくらの里117 さくらの里118 さくらの里119 さくらの里120 さくらの里121 さくらの里122 さくらの里123 さくらの里124 さくらの里125 さくらの里126 さくらの里127 さくらの里128 さくらの里129 さくらの里130 さくらの里131 さくらの里132 さくらの里133 さくらの里134 さくらの里135 さくらの里136 さくらの里137 さくらの里138 さくらの里139 さくらの里140 さくらの里141 さくらの里142 さくらの里143 さくらの里144
さくらの里145 さくらの里146 さくらの里147 さくらの里148 さくらの里149 さくらの里150 さくらの里151 さくらの里152 さくらの里153 さくらの里154 さくらの里155 さくらの里156 さくらの里157 さくらの里158 さくらの里159 さくらの里160 さくらの里161 さくらの里162 さくらの里163 さくらの里164 さくらの里165 さくらの里166 さくらの里167 さくらの里168
この記事のURL | 群馬の山 | CM(6) | ▲ top
岩本山
- 2016/05/17(Tue) -
2016年4月6日
コース:富士~岩本山~実相寺

 少し前に行った富士川右岸の御殿山では、桜も富士山も見られなかったので、今回はより富士山に近い左岸の岩本山を訪ねました。この日は朝方は雲がかかっていましたが、日が高くなるにつれて雲も消えて、桜の向こうの富士山が現れました。
 日本の花と山を代表する、桜と富士を目の当たりにして、ほとんど同じような絵を写し続けてしまいました。帰りは実相寺まで歩きました。立派な大伽藍でした。

 「富士市の公園探索ガイド」の岩本山公園の説明は、市役所の公式サイトとは思えないような、実感のこもった楽しい案内でしたので、今回関係ある個所を引用編集します。

岩本山公園
 全国的に有名な岩本山公園の魅力は沢山あります。まずは眺めが凄くいい事です。『北は富士山』。『東は箱根』。『南は駿河湾と伊豆半島』。『西は南アルプス』と四方に最高の絶景を見ることができるのです。
 公園に入った瞬間に大きく広がる芝生の広場がとても印象的です。休みの日になると多くの家族連れがお弁当を持って遊びに来ます。
 また、写真愛好家達も、四季折々の植物を写真に収めるためにやってきます。何より、梅、桜、つつじ、あじさい等の植物を富士山をバックに写真が撮れるのが魅力です。
 展望台からの眺めは最高で、これだけでもこの公園に来た価値があると言えるほどです。昼の展望台からの景色もきれいですが、やはり夜景は静岡県の夜景スポットの中でも一番の眺めといえるでしょう。岩本山公園に来る途中には茶畑があり、お茶の産地静岡県を思わせる風景が広がっています。
 車で来ることもできますが、岩本山公園南側にある『実相寺』から石段を上ってくるのも面白いかもしれません。ハイキングコースとしても有名です。実相寺から長い階段を上っていくと、岩本山公園まで行くことができます。小学校の遠足のときにも、この経路を通って岩本山に行きました。
 小学生でも歩けるくらいなので、そこまで長い道のりではありませんが、合計で600段から700段ほどの階段があります。ずっと階段というわけではなく、所々道路になっていたり、獣道のような感じのところもあります。
 実相寺は1145年に鳥羽法皇の勅命によって、天台宗の智印法印が建立しました。その後、1260年に智海法印によって、日蓮宗に改宗されました。1568年には武田信玄によって焼き討ちされ、消失しましたが江戸期以降に再建されました。

岩本山131

岩本山1 岩本山2 岩本山3 岩本山4 岩本山5 岩本山6 岩本山7 岩本山8 岩本山9 岩本山10 岩本山11 岩本山12 岩本山13 岩本山14 岩本山15 岩本山16 岩本山17 岩本山18 岩本山19 岩本山20 岩本山21 岩本山22 岩本山23 岩本山24 岩本山25 岩本山26 岩本山27 岩本山28 岩本山29 岩本山30 岩本山31 岩本山32 岩本山33 岩本山34 岩本山35 岩本山36 岩本山37 岩本山38 岩本山39 岩本山40 岩本山41 岩本山42 岩本山43 岩本山44 岩本山45 岩本山46 岩本山47 岩本山48 岩本山49 岩本山50 岩本山51 岩本山52 岩本山53 岩本山54 岩本山55 岩本山56 岩本山57 岩本山58 岩本山59 岩本山60 岩本山61 岩本山62 岩本山63 岩本山64 岩本山65 岩本山66 岩本山67 岩本山68 岩本山69 岩本山70 岩本山71 岩本山72 岩本山73 岩本山74 岩本山75 岩本山76 岩本山77 岩本山78 岩本山79 岩本山80 岩本山81 岩本山82 岩本山83 岩本山84 岩本山85 岩本山86 岩本山87 岩本山88 岩本山89 岩本山90 岩本山91 岩本山92 岩本山93 岩本山94 岩本山95 岩本山96 岩本山97 岩本山98 岩本山99 岩本山100 岩本山101 岩本山102 岩本山103 岩本山104 岩本山105 岩本山106 岩本山107 岩本山108 岩本山109 岩本山110 岩本山111 岩本山112
岩本山113 岩本山114 岩本山115 岩本山116 岩本山117 岩本山118 岩本山119 岩本山120 岩本山121 岩本山122 岩本山123 岩本山124 岩本山125 岩本山126 岩本山127 岩本山128 岩本山129 岩本山130
この記事のURL | 静岡の山 | CM(4) | ▲ top
滝の慈眼寺
- 2016/05/14(Sat) -
2016年4月4日
コース:高崎~滝の慈眼寺

 少林山と観音山へ行ったので、高崎にあるもう一つの桜の名刹を訪ねました。しだれ桜が有名な 滝の慈眼寺 です。「滝」は自然の地形の滝ではなくて、近くに滝川が流れる旧滝川村で、現在の高崎市下滝町という地名から呼ばれています。
 奈良時代に、東大寺初代別当良弁僧正が開創され、
 平安時代に、弘法大師空海が諸国歴遊中に護摩修法をして、
 室町時代に、将軍足利尊氏が中興に係わり、
 江戸時代に、徳川四天王の酒井家から愛でられてその位で名づけられた少将桜が植えられる、
などなど、各時代にすばらしい由緒を持つ、慈眼寺です。

 華敷山補陀落院慈眼寺は1250年の歴史を持つ、高野山真言宗のお寺です。慈眼(じげん)とは、観音様の慈悲の目が凡ての人々の上にそそがれるようにとの願いを。華敷 (けふ)とは、春の庭に垂れた枝に咲き競う桜の華が、地面までも敷きつめる姿を。そして補陀落とは観音様の浄土を表しています。
 境内のしだれ桜はもとより、自然豊かな庭に咲く花々が、本尊聖観世音菩薩の慈悲の光とともに、人々の心の浄化を祈念しております。
 慈眼寺には芭蕉の句碑も境内に建立されており、古来よりしだれ桜の名所として知られています。1250年まえの昔、聖武天皇の御代に良弁僧正が慈眼寺を開創された後、南北朝の末、中興の折に乗弘大徳が『本尊聖観音の慈悲を里人に』との願いを込めて植えられたのが、慈眼寺のしだれ桜です。
 移り変わる時の流れの中で、人の世相も変わっていますが、人の心の中でいつも求められている古風な寂(さび)や気品高い優雅さを、650年の間咲き続けきたこの桜は深く感じ取らせてくれます。
(慈眼寺公式サイトより)

慈眼寺73

慈眼寺1 慈眼寺2 慈眼寺3 慈眼寺4 慈眼寺5 慈眼寺6 慈眼寺7 慈眼寺8 慈眼寺9 慈眼寺10 慈眼寺11 慈眼寺12 慈眼寺13 慈眼寺14 慈眼寺15 慈眼寺16 慈眼寺17 慈眼寺18 慈眼寺19 慈眼寺20 慈眼寺21 慈眼寺22 慈眼寺23 慈眼寺24 慈眼寺25 慈眼寺26 慈眼寺27 慈眼寺28 慈眼寺29 慈眼寺30 慈眼寺31 慈眼寺32  慈眼寺33 慈眼寺34 慈眼寺35 慈眼寺36 慈眼寺37 慈眼寺38 慈眼寺39 慈眼寺40 慈眼寺41 慈眼寺42 慈眼寺43 慈眼寺44 慈眼寺45 慈眼寺46 慈眼寺47 慈眼寺48 慈眼寺49 慈眼寺50 慈眼寺51 慈眼寺52 慈眼寺53 慈眼寺54 慈眼寺55 慈眼寺56 慈眼寺57 慈眼寺58 慈眼寺59 慈眼寺60
慈眼寺61 慈眼寺62 慈眼寺63 慈眼寺64 慈眼寺65 慈眼寺66 慈眼寺67 慈眼寺68 慈眼寺69 慈眼寺70 慈眼寺71 慈眼寺72
この記事のURL | 群馬の山 | CM(4) | ▲ top
小幡さくら祭り
- 2016/05/11(Wed) -
2016年4月3日
コース:甘楽町~小幡さくら祭り~武者行列~雄川堰

 上州の桜名所3カ所目は、世界遺産富岡製糸場に近い甘楽町(かんらまち)に行ってきました。富岡から下仁田・南牧も含む広い地域の郡名 甘楽郡 を、今に伝える由緒ある町です。中心となる城下町小幡は、織田信長ゆかりの織田氏の城下町です。
 小幡は、歴史ある古い町並み、日本名水百選の雄川堰、桜並木 という3つの大きな特長があります。加えてこの祭り当日は、勇ましい鎧兜や甲冑の武者や、艶やかなお姫様やお女中の行列を見物できます。
 武者行列には、ふだんはテレビでしか見られない豪華なゲストも招かれて出場します。今年は女優の坂本三佳さん、俳優の渡辺大さんが、特別ゲストでした。
 坂本三佳さんは 世界ふしぎ発見 の ミステリーハンター として世界中で活躍しています。
 渡辺大さんは、父は俳優の渡辺謙さん、妹は女優の杏さんで、映画やドラマに多数出演しています。 

 武者行列を見物後、雄川堰や町並みを撮りました。お祭りの見物人も写っているため、顔がわからないように元画像をいつもより縮小してあります。武者行列の衣装と雰囲気をお楽しみください。
 下は甘楽町公式サイトを引用編集しました。

武者行列
 甘楽町の最大イベントである城下町小幡さくら祭り「武者行列」は、昭和60年から毎年開催しています。桜花舞う中、馬上の大将とそれに続く織田隊が出陣し、城下町小幡を勇壮に練り歩きます。
 歴史に香る町並みと鎧・甲冑に身を固めた戦国武将たちが華やかな絵巻を繰り広げます。凱旋式が行われるお祭り会場では、火縄銃の実演やアトラクション等が行われます。
 城下町小幡さくら祭り「武者行列」は、1615年(元和元年)徳川家康より織田信長の二男信雄(のぶかつ)に小幡藩(上州小幡二万石)が与えられ8代信邦(のぶくに)が1767年蟄居となるまでの152年にわたり小幡藩を統治されたことに由来します。

雄川堰
 甘楽町を南北に流れる雄川堰は、古くから住民の生活・農業用水、精米などの多目的に利用されてきた用水路で、日本名水100選にも選ばれています。

小幡61小幡62

小幡1 小幡2 小幡3 小幡4 小幡5 小幡6 小幡7 小幡8 小幡9 小幡10 小幡11 小幡12 小幡13 小幡14 小幡15 小幡16 小幡17 小幡18 小幡19 小幡20 小幡21 小幡22 小幡23 小幡24 小幡25 小幡26 小幡27 小幡28 小幡29 小幡30 小幡31 小幡32 小幡33 小幡34 小幡35 小幡36
小幡37 小幡38 小幡39 小幡40 小幡41 小幡42 小幡43 小幡44 小幡45 小幡46 小幡47 小幡48 小幡49 小幡50 小幡51 小幡52 小幡53 小幡54 小幡55 小幡56 小幡57 小幡58 小幡59 小幡60
この記事のURL | 群馬の山 | CM(4) | ▲ top
高崎観音山
- 2016/05/08(Sun) -
2016年4月2日
コース:少林山から~染料植物園~ひびき橋~高崎白衣大観音

 少林山に続いて、高崎白衣大観音を訪ねました。建設当時は東洋一の大観音です。桜と合わせた観音さまのモデル撮影会のようなコマばかりになってしまいました。レンズを通して向かいあっていると、短歌の世界の大先達からのインスピレーションを受けて、歌が二首浮かびました。
「 高崎や みほとけなれど 観音は 美人におはす 桜をまとい 」
「 高崎の 観音向かひ 言ふことなし 観音さまは ありがたきかな 」

白衣大観音
 観音山の山頂、標高190メートルの地点にある、高さは41.8メートル、重さは5,985トン、胴回りは48メートル、親指の太さは直径0.4メートルのコンクリート造りの観音像で、昭和11年(1936年)に実業家井上保三郎によって建立されました。
 原型製作は伊勢崎市出身の彫刻家森村酉三。
 観光地としての他、関東八十八ヵ所霊場第一番札所として多くの拝観客訪れるほか、東国花の寺百ヶ寺のひとつに選ばれ、全山約三千本の桜をはじめ四季を通じて様々な草花を楽しむことができる市民憩いの場ともなっています。
 胎内は9階建てで拝観することができ階段で肩まで登ることができます。胎内には20体の仏像が安置され、最上階からは高崎市街地はもとより、上毛三山をはじめ遠く日光連山、秩父連山、八ヶ岳連峰など望むことができます。
 観音像は平成10(1998)年に「たかさき都市景観賞」受賞、平成12(2000)年には国の「登録有形文化財」に指定されました。
 建立されてから高崎のシンボルとして愛され、その慈悲深い優しいまなざしはまるで私たちの平和を見守っているかのようです。
(高崎観光協会より)

観音山59

観音山1 観音山2 観音山3 観音山4 観音山5 観音山6 観音山7 観音山8 観音山9 観音山10 観音山11 観音山12 観音山13 観音山14 観音山15 観音山16 観音山17 観音山18 観音山19 観音山20 観音山21 観音山22 観音山23 観音山24 観音山25 観音山26 観音山27 観音山28 観音山29 観音山30 観音山31 観音山32 観音山33 観音山34 観音山35 観音山36 観音山37 観音山38 観音山39 観音山40
観音山41 観音山42 観音山43 観音山44 観音山45 観音山46 観音山47 観音山48 観音山49 観音山50 観音山51 観音山52 観音山53 観音山54 観音山55 観音山56 観音山57 観音山58
この記事のURL | 群馬の山 | CM(6) | ▲ top
少林山達磨寺
- 2016/05/03(Tue) -
2016年4月2日
コース:高崎~少林山達磨寺~観音山へ

 1か月遅れでようやく桜の記事を始められます。昨年2015年春は、信州名城の桜を巡りました。今年は上州の名所・名刹の桜を巡りました。
 初めに、高崎だるま発祥の寺で有名な、少林山達磨寺です。この季節はしだれ桜や桜並木もあって境内は桜におおわれます。いろいろな種類の花も植え込まれていて、椿、ハクレン、ツツジなどこの時季のきれいどころが一堂にそろっていました。

少林山達磨寺
 観音山丘陵の端に位置する少林山達磨寺は黄檗宗(おうばくしゅう)という禅宗のお寺です。達磨大師の教えを受け継ぐ高崎だるま発祥の寺として有名です。
 天明の飢饉の後、九代目東獄和尚(とうがくおしょう)が苦しい農民の副業になるようにと、開山心越禅師が描かれた一筆達磨像をもとに木型を彫り張子だるまの作り方を伝授しました。
 境内には、古今東西各種のだるまを展示した達磨堂や、ドイツの世界的建築家ブルーノ・タウトが昭和初期に居住していた洗心亭があります。
 秋の紅葉時期には赤い達磨と紅葉が見事にマッチした風景が楽しめます。少林山の達磨は福だるまとして有名で、その眉と髭は鶴と亀を象っています。
 毎年1月6・7日に「七草大祭だるま市」が開かれ、一年の福を求めて大勢の参拝客や観光客でにぎわいます。一年の間、人々の生活を見守った福だるまは、感謝のこころで奉納され、お焚き上げ供養されます。
(高崎観光協会より)

少林山119

少林山1 少林山2 少林山3 少林山4 少林山5 少林山6 少林山7 少林山8 少林山9 少林山10 少林山11 少林山12 少林山13 少林山14 少林山15 少林山16 少林山17 少林山18 少林山19 少林山20 少林山21 少林山22 少林山23 少林山24 少林山25 少林山26 少林山27 少林山28 少林山29 少林山30 少林山31 少林山32 少林山33 少林山34 少林山35 少林山36 少林山37 少林山38 少林山39 少林山40 少林山41 少林山42 少林山43 少林山44 少林山45 少林山46 少林山47 少林山48 少林山49 少林山50 少林山51 少林山52 少林山53 少林山54 少林山55 少林山56 少林山57 少林山58 少林山59 少林山60 少林山61 少林山62 少林山63 少林山64 少林山65 少林山66 少林山67 少林山68 少林山69 少林山70 少林山71 少林山72 少林山73 少林山74 少林山75 少林山76 少林山77 少林山78 少林山79 少林山80 少林山81 少林山82 少林山83 少林山84 少林山85 少林山86 少林山87 少林山88 少林山89 少林山90 少林山91 少林山92 少林山93 少林山94 少林山95 少林山96 少林山97 少林山98 少林山99 少林山100
少林山101 少林山102 少林山103 少林山104 少林山105 少林山106 少林山107 少林山108 少林山109 少林山110 少林山111 少林山112 少林山113 少林山114 少林山115 少林山116 少林山117 少林山118
この記事のURL | 群馬の山 | CM(4) | ▲ top
| メイン |