2016 03 ≪  04月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2016 05
雪国植物園
- 2016/04/30(Sat) -
2016年3月31日
コース:上越線~長岡~雪国植物園

 前から行きたかった雪割草の季節の雪国植物園をようやく訪ねられました。雪割草は花の色がさまざまで、株を見つけるたびに撮っていると、こんなコマ数になってしまいました。いつもは見られればうれしい、カタクリ、水芭蕉 ショウジョウバカマはあちこちに咲いています。山でなかなか行き会えなかったイワウチワにも初めて会えました。日本海側ならではの名前の、エチゴルリソウ、ホクリクネコノメソウ、コシノコバイモも見られました。
 長岡駅からバスで向かいました。停留所でともに降りた高校生が、私が初めて植物園を訪ねるとわかると近くまで案内してくれました。長岡の今年の春は雪が少なくて暖かいそうです。帰りのバス停に向かう途中も地元の人も気持ちよくあいさつをしてくれます。
 入場して職員に花のことを尋ねると、より詳しく分かる他の人がすぐに代わっていろいろと教えてくれます。園内で作業中の人には見つけにくい珍しい花を案内してもらえました。出会った花々も、出会った人々も、清々しく美しい雪国植物園を気持ちよく後にしました。

雪国植物園
 雪国の里山をそっくり利用し、高山植物、外来植物、園芸植物を一切いれないで自然植生を大事に造りあげている。雪国植物園では、約5万株ほどの雪割草が咲きそろう。花の色も赤、白、ピンク、紫、そして中間色と多彩で県内最大の大株の群生が山斜面一面を覆う。
(にいがた観光ナビより)

雪国植物園125

雪国植物園1 雪国植物園2 雪国植物園3 雪国植物園4 雪国植物園5 雪国植物園6 雪国植物園7 雪国植物園8 雪国植物園9 雪国植物園10 雪国植物園11 雪国植物園12 雪国植物園13 雪国植物園14 雪国植物園15 雪国植物園16 雪国植物園17 雪国植物園18 雪国植物園19 雪国植物園20 雪国植物園21 雪国植物園22 雪国植物園23 雪国植物園24 雪国植物園25 雪国植物園26 雪国植物園27 雪国植物園28 雪国植物園29 雪国植物園30 雪国植物園31 雪国植物園32 雪国植物園33 雪国植物園34 雪国植物園35 雪国植物園36 雪国植物園37 雪国植物園38 雪国植物園39 雪国植物園40 雪国植物園41 雪国植物園42 雪国植物園43 雪国植物園44 雪国植物園45 雪国植物園46 雪国植物園47 雪国植物園48 雪国植物園49 雪国植物園50 雪国植物園51 雪国植物園52 雪国植物園53 雪国植物園54 雪国植物園55 雪国植物園56 雪国植物園57 雪国植物園58 雪国植物園59 雪国植物園60 雪国植物園61 雪国植物園62 雪国植物園63 雪国植物園64 雪国植物園65 雪国植物園66 雪国植物園67 雪国植物園68 雪国植物園69 雪国植物園70 雪国植物園71 雪国植物園72 雪国植物園73 雪国植物園74 雪国植物園75 雪国植物園76 雪国植物園77 雪国植物園78 雪国植物園79 雪国植物園80 雪国植物園81 雪国植物園82 雪国植物園83 雪国植物園84 雪国植物園85 雪国植物園86 雪国植物園87 雪国植物園88 雪国植物園89 雪国植物園90 雪国植物園91 雪国植物園92 雪国植物園93 雪国植物園94 雪国植物園95 雪国植物園96 雪国植物園97 雪国植物園98 雪国植物園99 雪国植物園100 雪国植物園101 雪国植物園102 雪国植物園103 雪国植物園104 雪国植物園105 雪国植物園106 雪国植物園107 雪国植物園108 雪国植物園109 雪国植物園110 雪国植物園111 雪国植物園112
雪国植物園113 雪国植物園114 雪国植物園115 雪国植物園116 雪国植物園117 雪国植物園118 雪国植物園119 雪国植物園120 雪国植物園121 雪国植物園122 雪国植物園123 雪国植物園124
この記事のURL | 新潟の山 | CM(8) | ▲ top
御殿山
- 2016/04/27(Wed) -
2016年3月29日
コース:新蒲原~八坂神社~さくらつり橋~御殿山広場~狼煙場往復

 東海道五十三次のひとつ 蒲原 へ出かけました。旧東海道を少し歩くと昔の雰囲気がありました。現在は合併して静岡市になっています。ここの御殿山は、徳川家康が 蒲原御殿 を構え、織田信長も訪れているという由緒来歴から名づけられました。
 御殿山は桜の名所です。関東でも桜が咲き始めたので、温暖な駿河湾はさらに進んでいるかと行ってみました。ですが意外と開花が遅くて、早すぎました。御殿山のもう一つのすばらしさは狼煙場からの眺望です。駿河湾はこのくらいには眺められましたが、富士山方面は霞んだままでした。

御殿山
 静岡県静岡市清水区の、かつて東海道の宿場町として栄えた蒲原地区にある山で、徳川家康がこの山を背に、織田信長も訪れたという「蒲原御殿」を構えていたことに由来する。
 静岡県内有数の桜の名所で、毎年3月末になると、ソメイヨシノ約600本と大島桜約200本が山一面を覆い、「かんばら御殿山さくらまつり」が開催され、夜間ライトアップも行われる。麓からは「さくらつり橋」「御殿山広場」「狼煙場」などを結ぶ御殿山遊歩道が整備されており、花見シーズン以外にも、駿河湾や富士山の眺望を求めて、多くの観光客が足を運ぶ。
(伊豆・駿河観光ガイドより)

御殿山37

御殿山1 御殿山2 御殿山3 御殿山4 御殿山5 御殿山6 御殿山7 御殿山8 御殿山9 御殿山10 御殿山11 御殿山12 御殿山13 御殿山14 御殿山15 御殿山16 御殿山17 御殿山18 御殿山19 御殿山20 御殿山21 御殿山22 御殿山23 御殿山24 御殿山25 御殿山26 御殿山27 御殿山28 御殿山29 御殿山30 御殿山31 御殿山32 御殿山33 御殿山34 御殿山35 御殿山36
この記事のURL | 静岡の山 | CM(0) | ▲ top
武蔵丘陵森林公園
- 2016/04/24(Sun) -
2016年3月21日
コース:関越道~東松山~武蔵丘陵森林公園

 関東平野の東にある国営海浜公園につづいては、関東平野の西にある国営森林公園です。山野草がよく保護栽培されていて、カタクリ、シュンラン、キクザキイチゲ、雪割草などが咲いていました。ちがう種類の花を見つけてはカメラを向けていると、いつも以上に花図鑑になってしまいました。

国営武蔵丘陵森林公園
 明治百年記念事業の一環として作られた日本で初めての国営公園。東京ドーム65個分と広大な敷地の中には、運動広場、渓流広場、展望広場、遊具のあるわんぱく広場、花木園、野草園、ハーブガーデン、ディスクゴルフコース、サイクリングコース、ジョギングコースなどがあります。
 梅まつり、桜まつり、自然観察会、山野草展など季節ごとのイベントも催されています。
(滑川町観光協会より)

武蔵丘陵67

武蔵丘陵1 武蔵丘陵2 武蔵丘陵3 武蔵丘陵4 武蔵丘陵5 武蔵丘陵6 武蔵丘陵7 武蔵丘陵8 武蔵丘陵9 武蔵丘陵10 武蔵丘陵11 武蔵丘陵12 武蔵丘陵13 武蔵丘陵14 武蔵丘陵15 武蔵丘陵16 武蔵丘陵17 武蔵丘陵18 武蔵丘陵19 武蔵丘陵20 武蔵丘陵21 武蔵丘陵22 武蔵丘陵23 武蔵丘陵24 武蔵丘陵25 武蔵丘陵26 武蔵丘陵27 武蔵丘陵28 武蔵丘陵29 武蔵丘陵30 武蔵丘陵31 武蔵丘陵32 武蔵丘陵33 武蔵丘陵34 武蔵丘陵35 武蔵丘陵36 武蔵丘陵37 武蔵丘陵38 武蔵丘陵39 武蔵丘陵40 武蔵丘陵41 武蔵丘陵42 武蔵丘陵43 武蔵丘陵44 武蔵丘陵45 武蔵丘陵46 武蔵丘陵47 武蔵丘陵48 武蔵丘陵49 武蔵丘陵50 武蔵丘陵51 武蔵丘陵52 武蔵丘陵53 武蔵丘陵54 武蔵丘陵55 武蔵丘陵56 武蔵丘陵57 武蔵丘陵58 武蔵丘陵59 武蔵丘陵60
武蔵丘陵61 武蔵丘陵62 武蔵丘陵63 武蔵丘陵64 武蔵丘陵65 武蔵丘陵66
この記事のURL | 埼玉の山 | CM(6) | ▲ top
ひたち海浜公園
- 2016/04/21(Thu) -
2016年3月16日
コース:水戸~ひたちなか~国営ひたち海浜公園

 梅やスイセンが見ごろと聞いて、3月半ばにひたち海浜公園を訪ねました。この公園の一番の見どころはちょうどこれからの4月下旬に みはらしの丘に咲く、ネモフィラです。この時の3月は花の開き始めでした。
 ところで、みはらしの丘は、ひたちなか市の最高峰です。それを聞いたからには、登頂して太平洋を眺めてきました。

国営ひたち海浜公園
 花のテーマパーク「国営ひたち海浜公園」は、茨城県を代表する観光スポット。開園面積は約200haと広大で、各所に大規模な花畑があります。春にはスイセンやチューリップ、ネモフィラ。夏にはバラ、ジニア、ヒマワリ。秋にはコキアやコスモスと四季折々の草花が、訪れる人々の目を楽しませてくれます。
 さまざまな花が咲いている国営ひたち海浜公園。中でも、初夏のネモフィラと秋のコキア(ほうき草)。約3.5haもの広大な“みはらしの丘”一面に、450万本の青いネモフィラが広がる光景はまるでファンタジーの世界。そして秋は、モフモフとしたコキアが紅葉し、大地を真っ赤に染め上げます。
(茨城県公式サイトより)

ひたち海浜59

ひたち海浜1 ひたち海浜2 ひたち海浜3 ひたち海浜4 ひたち海浜5 ひたち海浜6 ひたち海浜7 ひたち海浜8 ひたち海浜9 ひたち海浜10 ひたち海浜11 ひたち海浜12 ひたち海浜13 ひたち海浜14 ひたち海浜15 ひたち海浜16 ひたち海浜17 ひたち海浜18 ひたち海浜19 ひたち海浜20 ひたち海浜21 ひたち海浜22 ひたち海浜23 ひたち海浜24 ひたち海浜25 ひたち海浜26 ひたち海浜27 ひたち海浜28 ひたち海浜29 ひたち海浜30 ひたち海浜31 ひたち海浜32 ひたち海浜33 ひたち海浜34 ひたち海浜35 ひたち海浜36 ひたち海浜37 ひたち海浜38 ひたち海浜39 ひたち海浜40 ひたち海浜41 ひたち海浜42 ひたち海浜43 ひたち海浜44 ひたち海浜45 ひたち海浜46 ひたち海浜47 ひたち海浜48 ひたち海浜49 ひたち海浜50 ひたち海浜51 ひたち海浜52
ひたち海浜53 ひたち海浜54 ひたち海浜55 ひたち海浜56 ひたち海浜57 ひたち海浜58
この記事のURL | 茨城の山 | CM(4) | ▲ top
沼津アルプス
- 2016/04/18(Mon) -
熊本地震に被災されましたみなさまにお見舞い申し上げます。
お亡くなりになられました方々のご冥福をお祈り申し上げます。
合掌

沼津アルプス
2016年3月12日
コース:沼津~多比~大平山~鷲頭山~志下山~志下~沼津

 何年か前に沼津アルプスのうちの香貫山に登って、愛鷹山の上に乗っている富士山が印象的でした。そこで今回は富士山を眺めながら、沼津アルプス最高峰の鷲頭山と次峰の大平山を縦走しようと出かけてきました。
 残念ながらこの日は富士山方面は霞んだままでしたが、駿河湾を行き交う舟やヨットは眺められました。ウバメガシの岩尾根は標高は低くても楽しい縦走ができます。標識は手づくり感にあふれていました。

沼津アルプス
 香貫山から大平山までの5山7峠の山域のことで、標高が400mにも満たない低山にもかかわらず、鎖場も多く起伏に富んだ登山道があり、また、駿河湾や富士山を望める景勝のために登山愛好家に人気がある。
 登山家である岩崎元郎の新日本百名山に、「沼津アルプス」として100座中2番目に低い標高ながら選出され、遠方の者にも知られるようになった。各峠へ繋がる山道が多く、体力を予想以上に消耗した際に、途中で下山できる利点があり、安心して登山を楽しめる山域と言える。
(ウィキペディアより)

沼津アルプス51

沼津アルプス1 沼津アルプス2 沼津アルプス3 沼津アルプス4 沼津アルプス5 沼津アルプス6 沼津アルプス7 沼津アルプス8 沼津アルプス9 沼津アルプス10 沼津アルプス11 沼津アルプス12 沼津アルプス13 沼津アルプス14 沼津アルプス15 沼津アルプス16 沼津アルプス17 沼津アルプス18 沼津アルプス19 沼津アルプス20 沼津アルプス21 沼津アルプス22 沼津アルプス23 沼津アルプス24 沼津アルプス25 沼津アルプス26 沼津アルプス27 沼津アルプス28 沼津アルプス29 沼津アルプス30 沼津アルプス31 沼津アルプス32 沼津アルプス33 沼津アルプス34 沼津アルプス35 沼津アルプス36 沼津アルプス37 沼津アルプス38 沼津アルプス39 沼津アルプス40 沼津アルプス41 沼津アルプス42 沼津アルプス43 沼津アルプス44
沼津アルプス45 沼津アルプス46 沼津アルプス47 沼津アルプス48 沼津アルプス49 沼津アルプス50
この記事のURL | 静岡の山 | CM(4) | ▲ top
河津七滝
- 2016/04/15(Fri) -
2016年3月3日
コース:伊豆~河津~河津七滝~河津川桜並木

 今や河津桜も各地で見られるようになりました。どうせならば本家本元、由緒来歴の地で花見をしようと伊豆河津を訪ねました。河津といえば、桜とともに名高いのが 河津七滝 です。七つも滝ができるくらいだから、谷全体がたいそうな美渓に違いないと、合わせて歩きました。
 七滝は誰もが写真でよく見かけますが滝以外の流れはどうなっているのか。瀬?瀞?滑?ゴルジュ?そんな誰もがいだく疑問の一つの答えが、七滝上流の 猿田淵 でした。美しい緑の淵になっていました。
 七滝の中では 初景滝 に驚きました。写真では踊り子像の後ろに隠れるように小さく写っているので、もっとかわいい滝かと想像していましたが、立派な豪快な滝でした。河津川沿いの桜並木はピークを過ぎていました。菜の花と合わせてこれくらいには花見ができました。

河津七滝101

河津七滝1 河津七滝2 河津七滝3 河津七滝4 河津七滝5 河津七滝6 河津七滝7 河津七滝8 河津七滝9 河津七滝10 河津七滝11 河津七滝12 河津七滝13 河津七滝14 河津七滝15 河津七滝16 河津七滝17 河津七滝18 河津七滝19 河津七滝20 河津七滝21 河津七滝22 河津七滝23 河津七滝24 河津七滝25 河津七滝26 河津七滝27 河津七滝28 河津七滝29 河津七滝30 河津七滝31 河津七滝32 河津七滝33 河津七滝34 河津七滝35 河津七滝36 河津七滝37 河津七滝38 河津七滝39 河津七滝40 河津七滝41 河津七滝42 河津七滝43 河津七滝44 河津七滝45 河津七滝46 河津七滝47 河津七滝48 河津七滝49 河津七滝50 河津七滝51 河津七滝52 河津七滝53 河津七滝54 河津七滝55 河津七滝56 河津七滝57 河津七滝58 河津七滝59 河津七滝60 河津七滝61 河津七滝62 河津七滝63 河津七滝64 河津七滝65 河津七滝66 河津七滝67 河津七滝68 河津七滝69 河津七滝70 河津七滝71 河津七滝72 河津七滝73 河津七滝74 河津七滝75 河津七滝76 河津七滝77 河津七滝78 河津七滝79 河津七滝80 河津七滝81 河津七滝82 河津七滝83 河津七滝84 河津七滝85 河津七滝86 河津七滝87 河津七滝88
河津七滝89 河津七滝90 河津七滝91 河津七滝92 河津七滝93 河津七滝94 河津七滝95 河津七滝96 河津七滝97 河津七滝98 河津七滝99 河津七滝100
この記事のURL | 静岡の山 | CM(6) | ▲ top
両神節分草園
- 2016/04/12(Tue) -
2016年3月1日
コース:秩父~両神~節分草園~福寿草園~道の駅龍勢会館

 座禅草に続いては、節分草です。広さ1万㎡あり日本一の節分草自生地とも言われている、旧両神村堂上の節分草園です。ここも毎年行こうと思いつつ機会を逃していてようやく今年訪ねられました。せっかくなら近くにある、ロウバイや福寿草も見ようかと、節分草はまだ咲き始めの3月初めに行ってみました。
 節分草は、キンホウゲ科セツブンソウ属の多年草で、節分のころに咲くので花名の由来となりました。石灰岩地域を好み、丈は10cmくらいで2cmほどの白い小さな花(本当はがく)を咲かせます。低くて白くて半透明なため、思い切り低い位置から構えてもピントが合いにくくてボケボケになってしまい、撮るのが難しい花でした。
 四阿屋山中腹の福寿草園にまわり、移動して道の駅龍勢会館に寄りました。館の裏手には普通の黄色い福寿草のほかに、オレンジ色の福寿草 秩父紅 も咲いていました。初めて見る珍しい花で、うれしい思いで秩父路を後にできました。

両神節分草園61

両神節分草園1 両神節分草園2 両神節分草園3 両神節分草園4両神節分草園5 両神節分草園6 両神節分草園7 両神節分草園8 両神節分草園9 両神節分草園10 両神節分草園11 両神節分草園12 両神節分草園13 両神節分草園14 両神節分草園15 両神節分草園16 両神節分草園17 両神節分草園18 両神節分草園19 両神節分草園20 両神節分草園21 両神節分草園22 両神節分草園23 両神節分草園24 両神節分草園25 両神節分草園26 両神節分草園27 両神節分草園28 両神節分草園29 両神節分草園30 両神節分草園31 両神節分草園32 両神節分草園33 両神節分草園34 両神節分草園35 両神節分草園36 両神節分草園37 両神節分草園38 両神節分草園39 両神節分草園40 両神節分草園41 両神節分草園42 両神節分草園43 両神節分草園44 両神節分草園45 両神節分草園46 両神節分草園47 両神節分草園48 両神節分草園49 両神節分草園50 両神節分草園51 両神節分草園52 両神節分草園53 両神節分草園54 両神節分草園55 両神節分草園56 両神節分草園57 両神節分草園58 両神節分草園59 両神節分草園60
この記事のURL | 埼玉の山 | CM(4) | ▲ top
赤城山沼の窪
- 2016/04/09(Sat) -
2016年2月23日
コース:前橋~富士見~沼の窪

 赤城山南西面に前橋市の天然記念物に指定されている沼の窪ザゼンソウ群生地があります。市有林の中を流れる細ヶ沢川の源流沿い約2haに、2,000~3,000株が自生すると言われています。前から訪ねようとは思っていても、いつの間にか時期が過ぎていましたが、今年は間に合いました。
 ほとんど人もいないのではと思いながら到着すると、カメラマンや観光客に加えてウォーキングやスケッチの人までいてにぎわっていました。ここの木道は迷路のように設置されていて隅々まで見せてくれます。ロウバイも咲いていました。

沼の窪48

沼の窪1 沼の窪2 沼の窪3 沼の窪4 沼の窪5 沼の窪6 沼の窪7 沼の窪8 沼の窪9 沼の窪10 沼の窪11 沼の窪12 沼の窪13 沼の窪14 沼の窪15 沼の窪16 沼の窪17 沼の窪18 沼の窪19 沼の窪20
沼の窪21 沼の窪22 沼の窪23 沼の窪24 沼の窪25 沼の窪26 沼の窪27 沼の窪28 沼の窪29 沼の窪30 沼の窪31 沼の窪32
この記事のURL | 群馬の山 | CM(2) | ▲ top
衣張山
- 2016/04/05(Tue) -
2016年2月11日
コース:鎌倉~衣張山~報国寺~浄妙寺~荏柄天神社~鶴岡八幡宮~宝戒寺~本覚寺~江ノ電~七里ヶ浜~稲村ケ崎

 鎌倉の衣張山(きぬばりやま)に登りました。一説によると「衣張山」の名は、源頼朝と夫人の政子が、夏の暑い日に、この山に白衣を張って雪の降った景色として、冬山に見立て涼をとったという伝説から名づけられました。おそらくは、当時の彼らの権力を象徴的に伝えるために、後の時代に創作された話であろうとされています。
 衣張山へは富士山が見えるうちに上まで登ろうと、ガイドブックやネットで案内されていない、駅から最短の西側からのコースをたどりました。公式に紹介されないのも納得の歩く人はほとんどいなそうなかなり草木の茂った登路です。まあそれなりの山でヤブコギをすることを思えばなんてことはないのですが・・・ 近道のかいがあって鎌倉市街地の向こうに富士山も見られました。
 日中は、鎌倉の神社仏閣めぐりをしました。それぞれの寺社に統一された案内板で解説がありました。駅に戻り、江ノ電で七里ヶ浜へ向かいました。
 江ノ電は派手な広告用の車両がついているときもありますが、基本的な外色は緑とクリーム色です。管理人ふさじろうは同じ基本色の江ノ電の型や系は全部同じなのかとこの日まで思っていました。ですがよく見ると何種類もの型があることが分かりました。目からウロコの日となりました。
 七里ヶ浜から陽はかたむきはじめて、江の島もシルエットになりました。稲村ヶ崎ではたくさんの人が陽の入りを見よう撮ろうと集まっていました。雲に隠されることない富士山形のシルエットを拝め、この瞬間のためにこの日1日がありました。

衣張山167

衣張山1 衣張山2 衣張山3 衣張山4 衣張山5 衣張山6 衣張山7 衣張山8 衣張山9 衣張山10 衣張山11 衣張山12 衣張山13 衣張山14 衣張山15 衣張山16 衣張山17 衣張山18 衣張山19 衣張山20 衣張山21 衣張山22 衣張山23 衣張山24 衣張山25 衣張山26 衣張山27 衣張山28 衣張山29 衣張山30 衣張山31 衣張山32 衣張山33 衣張山34 衣張山35 衣張山36 衣張山37 衣張山38 衣張山39 衣張山40 衣張山41 衣張山42 衣張山43 衣張山44 衣張山45 衣張山46 衣張山47 衣張山48 衣張山49 衣張山50 衣張山51 衣張山52 衣張山53 衣張山54 衣張山55 衣張山56 衣張山57 衣張山58 衣張山59 衣張山60 衣張山61 衣張山62 衣張山63 衣張山64 衣張山65 衣張山66 衣張山67 衣張山68 衣張山69 衣張山70 衣張山71 衣張山72 衣張山73 衣張山74 衣張山75 衣張山76 衣張山77 衣張山78 衣張山79 衣張山80 衣張山81 衣張山82 衣張山83 衣張山84 衣張山85 衣張山86 衣張山87 衣張山88 衣張山89 衣張山90 衣張山91 衣張山92 衣張山93 衣張山94 衣張山95 衣張山96 衣張山97 衣張山98 衣張山99 衣張山100 衣張山101 衣張山102 衣張山103 衣張山104 衣張山105 衣張山106 衣張山107 衣張山108 衣張山109 衣張山110 衣張山111 衣張山112 衣張山113 衣張山114 衣張山115 衣張山116 衣張山117 衣張山118 衣張山119 衣張山120 衣張山121 衣張山122 衣張山123 衣張山124 衣張山125 衣張山126 衣張山127 衣張山128 衣張山129 衣張山130 衣張山131 衣張山132 衣張山133 衣張山134 衣張山135 衣張山136 衣張山137 衣張山138 衣張山139 衣張山140 衣張山141 衣張山142 衣張山143 衣張山144 衣張山145 衣張山146 衣張山147 衣張山148
衣張山149 衣張山150 衣張山151 衣張山152 衣張山153 衣張山154 衣張山155 衣張山156 衣張山157 衣張山158 衣張山159 衣張山160 衣張山161 衣張山162 衣張山163 衣張山164 衣張山165 衣張山166
この記事のURL | 神奈川の山 | CM(6) | ▲ top
高崎クリスマスローズガーデン
- 2016/04/02(Sat) -
2016年1月8日
コース:高崎~里見~高崎クリスマスローズガーデン

 高崎クリスマスローズガーデンは、高崎市街地西方郊外の里見地区にあります。大きなフラワーセンターとはちがい、個人営の手づくり感あふれたガーデンです。1月から3月にかけてクリスマスローズやスノードロップを見られます。
 ちょっとだけ寄らせてもらいましたので、今回の画像はこれくらいです。ブログのトップ記事になっているのもちょっとだけで、すぐに次に更新します・・・のつもりですが・・・

クリスマスローズ25

クリスマスローズ1 クリスマスローズ2 クリスマスローズ3 クリスマスローズ4 クリスマスローズ5 クリスマスローズ6 クリスマスローズ7 クリスマスローズ8 クリスマスローズ9 クリスマスローズ10 クリスマスローズ11 クリスマスローズ12 クリスマスローズ13 クリスマスローズ14 クリスマスローズ15 クリスマスローズ16 クリスマスローズ17 クリスマスローズ18 クリスマスローズ19 クリスマスローズ20 クリスマスローズ21 クリスマスローズ22 クリスマスローズ23 クリスマスローズ24
この記事のURL | 群馬の山 | CM(4) | ▲ top
| メイン |