2014 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2014 12
御岳山
- 2014/11/29(Sat) -
2014年11月3日
コース:新宿~御嶽~ケーブルカー~武蔵御嶽神社~七代の滝~ロックガーデン~綾広の滝~御岳渓谷

 「御岳山」 といっても、木曽御岳山 ではありません。奥多摩の みたけさん です。前回の照葉峡は、「関東の奥入瀬」 ですが、ここ御岳山の御岳沢ロックガーデンは 「東京の奥入瀬」 だそうです。水量は全くちがいますが、苔むした岩などの渓相は似ているかもしれません。ケーブルカーも利用して滝と紅葉を楽しんできました。
 御岳渓谷ではラフティングをしていました。見ていると面白そうでこちらも楽しませてもらいました。青梅市観光案内にこの辺りがほどよく紹介されていました。

「御岳山
 秩父多摩甲斐国立公園の表玄関にそびえる御岳山は、標高929m、古くから霊山と崇められた信仰の山です。頂上付近からは、筑波山、都心の高層ビル群をはじめ、房総半島、横浜ランドマークタワーまでも望むことができます。
 また、御岳山は野鳥・昆虫・植物の宝庫としても知られ、春は新緑と仏法僧(コノハズク)の鳴声をたずねて、夏は涼をもとめて苔むした岩間を流れる清流の美しいロックガーデンへ、秋は紅葉と鳴虫の女王カンタンの鳴声に耳をかたむけ、冬の冴え渡る透明度のなか遠く夜景を眺めるなど、四季を通じておおいに自然を満喫できるうえ、子どもから高齢者の方々も気軽に散策できる山として広く親しまれています。

御岳渓谷
 JR青梅線御嶽駅を下車、巨岩を縫うように白波をたてる多摩川の流れを臨むことができる。ここ御岳渓谷は、秩父多摩甲斐国立公園でも特に美しい清流美として、環境庁から日本名水百選に指定されています。
 両岸には、約4kmもの遊歩道が整備されており、四季ごとにその様相を華やかに変える渓谷にはたくさんの観光客が訪れ、思い思いに散策を楽しみます。そして、この御岳渓谷は、カヌーのメッカとしても広く知られ、ウォータースポーツを楽しむ若者が全国から集まります。」

御岳山129

御岳山1 御岳山2 御岳山3 御岳山4 御岳山5 御岳山6 御岳山7 御岳山8 御岳山9 御岳山10 御岳山11 御岳山12 御岳山13 御岳山14 御岳山15 御岳山16 御岳山17 御岳山18 御岳山19 御岳山20 御岳山21 御岳山22 御岳山23 御岳山24 御岳山25 御岳山26 御岳山27 御岳山28 御岳山29 御岳山30 御岳山31 御岳山32 御岳山33 御岳山34 御岳山35 御岳山36 御岳山37 御岳山38 御岳山39 御岳山40 御岳山41 御岳山42 御岳山43 御岳山44 御岳山45 御岳山46 御岳山47 御岳山48 御岳山49 御岳山50 御岳山51 御岳山52 御岳山53 御岳山54 御岳山55 御岳山56 御岳山57 御岳山58 御岳山59 御岳山60 御岳山61 御岳山62 御岳山63 御岳山64 御岳山65 御岳山66 御岳山67 御岳山68 御岳山69 御岳山70 御岳山71 御岳山72 御岳山73 御岳山74 御岳山75 御岳山76 御岳山77 御岳山78 御岳山79 御岳山80 御岳山81 御岳山82 御岳山83 御岳山84 御岳山85 御岳山86 御岳山87 御岳山88 御岳山89 御岳山90 御岳山91 御岳山92
御岳山93 御岳山94 御岳山95 御岳山96 御岳山97 御岳山98 御岳山99 御岳山100 御岳山101 御岳山102 御岳山103 御岳山104 御岳山105 御岳山106 御岳山107 御岳山108 御岳山109 御岳山110 御岳山111 御岳山112 御岳山113 御岳山114 御岳山115 御岳山116 御岳山117 御岳山118 御岳山119 御岳山120 御岳山121 御岳山122 御岳山123 御岳山124 御岳山125 御岳山126 御岳山127 御岳山128
この記事のURL | 東京の山 | CM(6) | ▲ top
照葉峡
- 2014/11/19(Wed) -
2014年10月19日
コース:水上~藤原~照葉峡~奥利根水源の森往復

 関東の奥入瀬・照葉峡の紅葉が見ごろと聞いて出かけました。渓谷沿いの道には所どころ駐車スペースがあり、停めては近くを歩きまわって紅葉や流れにカメラを向けているうちにこんなコマ数になってしまいました。渓谷奥方の水源の森はブナ林が美しい所でした。

みなかみ町の案内です。

照葉峡
 利根川の支流、楢俣川沿いに位置する峡谷です。照葉峡は関東の奥入瀬と称され、また俳人の水原秋桜子は翡翠の滝、鼓の滝、木精の滝など、点在する11の滝それぞれに美しい名前をつけています。
奥利根水源の森
 標高1,400m、全国を代表するブナの森で、日本の巨木100百選に選ばれた「ぶな太郎」の近くの森です。遊歩道が整備され緑豊かなブナ林内で森林浴や渓流遊びを楽しみながら、緑と水について学ぶことができます。また、無人のキャンプ場もあります。

照葉峡193

照葉峡1 照葉峡2 照葉峡3 照葉峡4 照葉峡5 照葉峡6 照葉峡7 照葉峡8 照葉峡9 照葉峡10 照葉峡11 照葉峡12 照葉峡13 照葉峡14 照葉峡15 照葉峡16 照葉峡17 照葉峡18 照葉峡19 照葉峡20 照葉峡21 照葉峡22 照葉峡23 照葉峡24 照葉峡25 照葉峡26 照葉峡27 照葉峡28 照葉峡29 照葉峡30 照葉峡31 照葉峡32 照葉峡33 照葉峡34 照葉峡35 照葉峡36 照葉峡37 照葉峡38 照葉峡39 照葉峡40 照葉峡41 照葉峡42 照葉峡43 照葉峡44 照葉峡45 照葉峡46 照葉峡47 照葉峡48 照葉峡49 照葉峡50 照葉峡51 照葉峡52 照葉峡53 照葉峡54 照葉峡55 照葉峡56 照葉峡57 照葉峡58 照葉峡59 照葉峡60 照葉峡61 照葉峡62 照葉峡63 照葉峡64 照葉峡65 照葉峡66 照葉峡67 照葉峡68 照葉峡69 照葉峡70 照葉峡71 照葉峡72 照葉峡73 照葉峡74 照葉峡75 照葉峡76 照葉峡77 照葉峡78 照葉峡79 照葉峡80 照葉峡81 照葉峡82 照葉峡83 照葉峡84 照葉峡85 照葉峡86 照葉峡87 照葉峡88 照葉峡89 照葉峡90 照葉峡91 照葉峡92 照葉峡93 照葉峡94 照葉峡95 照葉峡96 照葉峡97 照葉峡98 照葉峡99 照葉峡100 照葉峡101 照葉峡102 照葉峡103 照葉峡104 照葉峡105 照葉峡106 照葉峡107 照葉峡108 照葉峡109 照葉峡110 照葉峡111 照葉峡112 照葉峡113 照葉峡114 照葉峡115 照葉峡116 照葉峡117 照葉峡118 照葉峡119 照葉峡120 照葉峡121 照葉峡122 照葉峡123 照葉峡124 照葉峡125 照葉峡126 照葉峡127 照葉峡128 照葉峡129 照葉峡130 照葉峡131 照葉峡132
照葉峡133 照葉峡134 照葉峡135 照葉峡136 照葉峡137 照葉峡138 照葉峡139 照葉峡140 照葉峡141 照葉峡142 照葉峡143 照葉峡144 照葉峡145 照葉峡146 照葉峡147 照葉峡148 照葉峡149 照葉峡150 照葉峡151 照葉峡152 照葉峡153 照葉峡154 照葉峡155 照葉峡156 照葉峡157 照葉峡158 照葉峡159 照葉峡160 照葉峡161 照葉峡162 照葉峡163 照葉峡164 照葉峡165 照葉峡166 照葉峡167 照葉峡168 照葉峡169 照葉峡170 照葉峡171 照葉峡172 照葉峡173 照葉峡174 照葉峡175 照葉峡176 照葉峡177 照葉峡178 照葉峡179 照葉峡180 照葉峡181 照葉峡182 照葉峡183 照葉峡184 照葉峡185 照葉峡186 照葉峡187 照葉峡188 照葉峡189 照葉峡190 照葉峡191 照葉峡192
この記事のURL | 群馬の山 | CM(4) | ▲ top
赤城山覚満淵
- 2014/11/10(Mon) -
2014年10月18日
コース:前橋~赤城山~覚満淵往復

 本物の尾瀬の草紅葉は過ぎてしまったので、小尾瀬の覚満淵を歩いてきました。この日の赤城山は自転車競技もあって大にぎわいでした。

 覚満淵について前橋市の案内を編集します。
「高山植物や中層湿原から高層湿原の湿原植物の宝庫で、「小尾瀬」とも称されます。平坦な道と木道が整備されていて、年齢を問わず散策することができます。
 覚満淵は、東南部にある湧水と斜面から供給される雨水によって、涵養されており、赤城山の植生では、ミズゴケやツルコケモモなどの湿原(高層湿原)が形成されることは例外的であるため、貴重なものとして公園内自然保護地に指定されています。
 大昔は大沼とひとつの湖であった、周囲800mほどの沼と湿原です。県立赤城公園となっており、大沼の南東、駒ケ岳と小地蔵岳の間に覚満淵はあります。
 覚満淵の地名は、南北朝時代に編さんされた「神道記」に由来し、これによれば、いんぎょう天皇の御代(5世紀中頃)比叡山の高僧、覚満法師が当地を訪れ七日七夜にわたる大法会を行なったことから、当時無名であったこの地を覚満淵と呼ぶようになったとされています。
 覚満淵の向かいには県立赤城公園ビジターセンターがあり、駐車場とトイレが利用できます。ビジターセンターから出発し、覚満淵を一周する木道が整備されており、家族そろっての自然観察にも最適です。ゆっくり、自然観察をしながら散策しますと1周、約1.5km、約40分ほどの行程となります。
 ニッコウキスゲなどの様々な高山植物が見られますが、近年はシカが増え、食害による生態系危機のため、シカ除けネットが設置されております。」

覚満淵57

覚満淵1 覚満淵2 覚満淵3 覚満淵4 覚満淵5 覚満淵6 覚満淵7 覚満淵8 覚満淵9 覚満淵10 覚満淵11 覚満淵12 覚満淵13 覚満淵14 覚満淵15 覚満淵16 覚満淵17 覚満淵18 覚満淵19 覚満淵20 覚満淵21 覚満淵22 覚満淵23 覚満淵24 覚満淵25 覚満淵26 覚満淵27 覚満淵28 覚満淵29 覚満淵30 覚満淵31 覚満淵32 覚満淵33 覚満淵34 覚満淵35 覚満淵36 覚満淵37 覚満淵38 覚満淵39 覚満淵40 覚満淵41 覚満淵42 覚満淵43 覚満淵44
覚満淵45 覚満淵46 覚満淵47 覚満淵48 覚満淵49 覚満淵50 覚満淵51 覚満淵52 覚満淵53 覚満淵54 覚満淵55 覚満淵56
この記事のURL | 群馬の山 | CM(0) | ▲ top
| メイン |