2014 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2014 11
安達太良山
- 2014/10/29(Wed) -
2014年10月5日
コース:二本松~奥岳~ゴンドラ~安達太良山往復~五葉松平~奥岳

 武尊山に続く紅葉の百名山第2弾は安達太良山です。山全体が一面の紅葉におおわれると聞いて東北道を遠出しました。ところがこの日の安達太良山は雲の中で、紅葉ならぬ一面の濃霧におおわれていました。仕方がないのでコースわきの紅葉をアップで撮るばかりです。
 コーギー犬ががんばって登っていて、登山者一同からは 「かわいい~」 と歓声が上がっていました。

ウィキペディアを編集します。
「安達太良山(あだたらやま)は福島県中部にある火山である。日本百名山、新日本百名山、花の百名山およびうつくしま百名山に選定されている。山頂には二等三角点「大関平」1,699.6mが設置されている。
 沼ノ平周辺の荒涼とした火山の景観がみどころ。また、ガンコウラン、クロマメノキなどの高山植物を始めとし、ヤエハクサンシャクナゲ、サラサドウダン、レンゲツツジなどが咲き誇り、田中澄江著「花の百名山」の一座にも選ばれている。この火口を中心とする優れた景観と、高山植物を保護するため、磐梯朝日国立公園に指定されている。
 全体として緩やかな山体であり、また、夏期でも奥岳から薬師岳に、スキー場のゴンドラリフトが運行されており、標高1,300m付近まで上がれるため、初心者でも比較的登りやすいとされる。」

安達太良山1 安達太良山2 安達太良山3 安達太良山4 安達太良山5 安達太良山6 安達太良山7 安達太良山8 安達太良山9 安達太良山10 安達太良山11 安達太良山12 安達太良山13 安達太良山14 安達太良山15 安達太良山16
安達太良山17 安達太良山18 安達太良山19 安達太良山20 安達太良山21 安達太良山22
この記事のURL | 福島の山 | CM(6) | ▲ top
武尊山
- 2014/10/14(Tue) -
2014年9月27日
コース:水上~武尊神社~分岐~手小屋沢避難小屋~沖武尊~剣ヶ峰山~武尊沢~駐車場

 この秋の山行をアップします。武尊山に登りました。

 はじめに 武尊山 についてウィキペディアから編集します。
「武尊山(ほたかやま)は、標高2,158mの成層火山。北アルプスの穂高岳と区別するため、上州武尊山 とも呼ばれる。日本百名山及び新花の百名山に選定されている。
 沖武尊(2,158m、主峰、最高峰)、中ノ岳(2,144m)、前武尊(2,040m)などの八つの主な峰からなる。山頂には、一等三角点が設置されている。標高2,000m以上では唯一、国立、国定、県立のあらゆる自然公園に含まれていない山岳でもある。
 山名の由来は、日本武尊(やまとたけるのみこと)の東征の故事によるものとされている。山名に日本武尊の「武尊」の字をあてるようになったのは、江戸時代と考えられている。山麓に点在する約30の神社の名が「武尊」表記となったのは明治以降である。日本武尊伝説は近世になってホタカ山の修験者が語りはじめたものと推測される。」

 武尊山は利根川から片品川に及ぶ広大な山域を持っている日本百名山です。ですがその割には今ひとつ目立たない気がするのは、周りを日光、尾瀬、谷川、赤城といった百名山にして有名観光地に取り囲まれていることもあるのでしょうか。
 川場側からスキーや観光で山麓に来たことはありましたが、今回は水上側から山頂を目指します。山が深いだけに歩行時間も長いです。沖武尊手前は鎖や梯子が続いて一気に標高を稼ぎます。帰りの剣ヶ峰から武尊沢への下りこみは鎖などが付いていない分、歩きにくい急こう配でした。
 沖武尊から剣ヶ峰山の稜線にかけては、一転して山の美しさ楽しさでいっぱいです。この日は天候に恵まれて、紅葉の山腹の向こうには、雲海上に尾瀬上越の山並みや富士山までも顔を出しました。この景色を見て、槍穂連峰 にも似ているかと連想しました。沖(奥)ホタカ、前ホタカがあって、尾根の向こうの剣ヶ峰山は、さながら槍ヶ岳のようでした。

 この日に御嶽山が噴火しました。武尊山頂はスマホが通じて周りの登山者はみな、「御嶽がたいへんなことになっている」と、持ちきりでした。管理人は同じ百名山の御嶽山に今回と同じメンバー(2人でだけですが)で5年前に登っています。この日の御嶽山噴火は何かしらの縁を感じました。
 あらためまして御嶽山で亡くなられました方々のご冥福をお祈りいたします。

武尊山91

武尊山1 武尊山2 武尊山3 武尊山4 武尊山5 武尊山6 武尊山7 武尊山8 武尊山9 武尊山10 武尊山11 武尊山12 武尊山13 武尊山14 武尊山15 武尊山16 武尊山17 武尊山18 武尊山19 武尊山20 武尊山21 武尊山22 武尊山23 武尊山24 武尊山25 武尊山26 武尊山27 武尊山28 武尊山29 武尊山30 武尊山31 武尊山32 武尊山33 武尊山34 武尊山35 武尊山36 武尊山37 武尊山38 武尊山39 武尊山40 武尊山41 武尊山42 武尊山43 武尊山44 武尊山45 武尊山46 武尊山47 武尊山48 武尊山49 武尊山50 武尊山51 武尊山52 武尊山53 武尊山54 武尊山55 武尊山56 武尊山57 武尊山58 武尊山59 武尊山60 武尊山61 武尊山62 武尊山63 武尊山64 武尊山65 武尊山66 武尊山67 武尊山68 武尊山69 武尊山70 武尊山71 武尊山72
武尊山73 武尊山74 武尊山75 武尊山76 武尊山77 武尊山78 武尊山79 武尊山80 武尊山81 武尊山82 武尊山83 武尊山84 武尊山85 武尊山86 武尊山87 武尊山88 武尊山89 武尊山90
この記事のURL | 群馬の山 | CM(4) | ▲ top
山寺
- 2014/10/08(Wed) -
1999年1月16日~17日
コース:山寺~最上峡~酒田~山居倉庫~最上川スワンパーク~土門拳記念館

 絵的には、秋からひと足早く冬景色です。昔のシリーズがもう少し続きます。
 
 真冬の山形路へ出かけました。仙台から仙山線へ。まずは山寺へ参拝です。雪と氷の急な石段は滑りやすいですね。注意していても転んでしまいました。最上川沿いに下り、最上峡から河口の酒田へ。山居倉庫などを見物しました。
 冬ならではの目的は、白鳥飛来数日本一と言われている最上川スワンパークです。白鳥ばかりでなくカモの数と、鳥たちが人に慣れていることも日本一ではないでしょうか。本格的な美しい白鳥写真は長いモノで撮っている人のを後で見せてもらうとして、管理人はごらんのようにスナップばかりです。それにしてもここは標高も高くて雪深い山寺よりも風が強くてずっと寒い所でした。
 もう一つの目的は土門拳記念館です。写真はもちろんどれもすばらしいのですが、中でも古寺巡礼シリーズで、平面の写真がそこに仏様がおはすかのように立体的に見える仏像に感動しました。半日くらいじっくり鑑賞できるところです。次の機会には時間を取って再訪しようと思います。

 御嶽山の突然の噴火で多くの方が犠牲になりました。亡くなられました方々のご冥福をお祈りいたします。
 合掌

山寺1 山寺2 山寺3 山寺4 山寺5 山寺6 山寺7 山寺8 山寺9 山寺10 山寺11 山寺12 山寺13 山寺14 山寺15 山寺16 山寺17 山寺18 山寺19 山寺20 山寺21 山寺22 山寺23 山寺24 山寺25 山寺26 山寺27 山寺28 山寺29 山寺30 山寺31 山寺32 山寺33 山寺34 山寺35 山寺36 山寺37 山寺38 山寺39 山寺40 山寺41 山寺42 山寺43 山寺44
山寺45 山寺46 山寺47 山寺48 山寺49 山寺50 山寺51 山寺52 山寺53 山寺54 山寺55 山寺56
この記事のURL | 山形の山 | CM(2) | ▲ top
| メイン |