2011 12 ≪  01月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2012 02
焼額山
- 2012/01/27(Fri) -
2011年10月16日
コース:琵琶池~一の瀬~奥志賀高原ゴンドラ~焼額山往復

琵琶池から焼額山へ向かいました。

志賀高原自然保護センターの焼額山登山コースによりますと・・・
 全長 約9km 標高差 400m 所要時間 約2時間10分
 ゲレンデ脇をつづらに歩く登山道を標高2006mの山頂を目指して登ります。山頂には噴火口の後に出来た稚児池と稚児池湿原があります。ワタスゲやヒメシャクナゲの花が風に揺れ、真っ赤に色づくナナカマドやクロマメノキの紅葉は見事。
 山頂の稚児池は山の神の祠が祀られ、360°視界をさえぎるものがない感じは天空の楽園のようです。北アルプスや岩菅連峰をはじめ新潟県境の山々を遠くに望むことが出来ます。山頂の火口湖を間近に見られるのは志賀高原では焼額山だけです!山頂では高山トンボのオオルリボシヤンマが見られ、湖畔にはハイマツが観察でき、毎年鮮やかなピンクのハイマツの花をつけます。
 稚児池には時季によってゴンドラリフトが運行しますので、手軽に山頂を目指すことも出来ます。秋にはゲレンデにたくさんのエゾリンドウが咲き、真っ赤に色づく紅葉は志賀高原の紅葉の名所のひとつとなっています。

 これは下から歩いた場合の所要時間ですが、ゴンドラで行けばそれほどは歩かずに山頂へ行けます。山頂部は湿原が広がっている珍しい風景です。苗場山や鬼怒沼山にも似ています。コース案内の標識は手作り感いっぱいでした。

焼額1 焼額2 焼額3 焼額4 焼額5 焼額6 焼額7 焼額8 焼額9 焼額10 焼額11 焼額12 焼額13 焼額14 焼額15 焼額16 焼額17 焼額18 焼額19 焼額20 焼額21 焼額22 焼額23 焼額24 焼額25 焼額26 焼額27 焼額28 焼額29 焼額30 焼額31 焼額32 焼額33 焼額34 焼額35 焼額36 焼額37 焼額38 焼額39 焼額40 焼額41 焼額42 焼額43 焼額44 焼額45 焼額46 焼額47 焼額48 焼額49 焼額50 焼額51 焼額52 焼額53 焼額54 焼額55 焼額56 焼額57 焼額58 焼額59 焼額60 焼額61 焼額62 焼額63 焼額64 焼額65 焼額66 焼額67 焼額68 焼額69 焼額70 焼額71 焼額72 焼額73 焼額74 焼額75 焼額76 焼額77 焼額78 焼額79 焼額80
焼額81 焼額82 焼額83 焼額84 焼額85 焼額86 焼額87 焼額88 焼額89 焼額90 焼額91 焼額92 焼額93 焼額94 焼額95 焼額96 焼額97 焼額98
この記事のURL | 長野の山 | CM(4) | ▲ top
琵琶池
- 2012/01/20(Fri) -
2011年10月16日
コース:旭山~琵琶池~サンシャイントレール

旭山から下りて、琵琶池にまわりました。
「琵琶池」という看板を見て、「びわこ」と読んでいる人がいました(爆)
「滋賀の琵琶湖」と「志賀の琵琶池」
「しが」も「びわ」も同じ。
楽器の琵琶の形に似ていることから名づけられたのも同じ。
「湖」と「池」も意味はよく似ている。
でもでも、「琵琶湖」と「琵琶池」は場所も大きさも全くちがうから、
よい子のみんなはまちがえないでね。

琵琶池1 琵琶池2 琵琶池3 琵琶池4 琵琶池5 琵琶池7 琵琶池8 琵琶池9 琵琶池10 琵琶池11 琵琶池12 琵琶池13 琵琶池14 琵琶池16 琵琶池17 琵琶池18 琵琶池20 琵琶池23 琵琶池24 琵琶池25 琵琶池26 琵琶池28 琵琶池29 琵琶池30 琵琶池31 琵琶池33 琵琶池34 琵琶池35 琵琶池36 琵琶池38 琵琶池39 琵琶池40 琵琶池41 琵琶池42 琵琶池43 琵琶池44 琵琶池45 琵琶池46 琵琶池47 琵琶池48 琵琶池49 琵琶池50 琵琶池51 琵琶池52 琵琶池53 琵琶池54 琵琶池55 琵琶池56
琵琶池61 琵琶池62 琵琶池63 琵琶池64 琵琶池65 琵琶池66 琵琶池67 琵琶池68 琵琶池69 琵琶池70 琵琶池71 琵琶池72 琵琶池73 琵琶池74 琵琶池75 琵琶池76 琵琶池77 琵琶池78 琵琶池79 琵琶池80 琵琶池81 琵琶池82 琵琶池83 琵琶池84 琵琶池85 琵琶池86 琵琶池87 琵琶池88 琵琶池89 琵琶池90 琵琶池91 琵琶池92 琵琶池93 琵琶池94 琵琶池95 琵琶池96 琵琶池97 琵琶池98 琵琶池99 琵琶池100 琵琶池101 琵琶池102
この記事のURL | 長野の山 | CM(2) | ▲ top
旭山
- 2012/01/14(Sat) -
2011年10月16日
コース:中野~湯田中~一沼~旭山往復
 前回の火打山で紅葉があまり見られなかったので、志賀高原各地へ紅葉狩りに行ってきました。5回に分けて送ります。まずは高原入口の旭山からです。旭山と一沼について志賀高原観光協会の案内を引用します。

旭山登山コース  全長2km・所要時間約1時間10分 標高差140m
山頂からの眺望抜群な、歴史あるお手軽登山コース
 旭山山頂には秩父宮様が植樹したトウヒと記念プレートがあります。山頂からの眺望は見事で、眼下には麓の温泉街とビワ池、遠くには北信五岳、北アルプスを一望できます。コース沿いには志賀高原入り口の湖沼「一沼」があり、紅葉シーズンには絶好の写真撮影スポットとなっています。一沼の駐車場から気軽に登ることができる手ごろなコースです。近年バンダイ&ナムコがスポンサーとなり山が整備されました。

旭山1 旭山2 旭山3 旭山4 旭山5 旭山6 旭山7 旭山8 旭山9 旭山10 旭山11 旭山12 旭山13 旭山14 旭山15 旭山16 旭山17 旭山18 旭山19 旭山20 旭山21 旭山22 旭山23 旭山24 旭山25 旭山26 旭山27 旭山28 旭山29 旭山30 旭山31 旭山32 旭山33 旭山34 旭山35 旭山36 旭山37 旭山38 旭山39 旭山40 旭山41 旭山42 旭山43 旭山44 旭山45 旭山46 旭山47 旭山48 旭山49 旭山50 旭山51 旭山52 旭山53 旭山54 旭山55 旭山56
旭山61 旭山62 旭山63 旭山64 旭山65 旭山66 旭山67 旭山68 旭山69 旭山70 旭山71 旭山72 旭山73 旭山74 旭山75 旭山76 旭山77 旭山78 旭山79 旭山80 旭山81 旭山82 旭山83 旭山84
この記事のURL | 長野の山 | CM(2) | ▲ top
火打山
- 2012/01/08(Sun) -
2011年10月8日
コース:妙高高原~笹ヶ峰~黒沢出合~富士見平~高谷池~天狗の庭~雷鳥平~火打山往復

 紅葉がいいころかと出かけましたが、直前の初雪にやられて終わっていました。それでも高谷池や天狗の庭などがとても美しい百名山です。山名の由来などについてウィキペディアから引用します。

 火打山(ひうちやま)は、上信越高原国立公園内の新潟県糸魚川市と妙高市にまたがる標高2,462mの頸城三山の最高峰である。日本百名山、及び花の百名山に選定されている。
 東西に緩やかな稜線を持つ山で、頂上付近は傾斜がさほど急でないため冬期には雪がべったりとついて真っ白な姿を見せる。主峰の他、西側にやや低い影火打(かげひうち)の峰がある。山容が火打石に似ていることが、山名の由来であるとする説がある。
 火打山は活火山の焼山と成層火山の妙高山に挟まれた穏やかな山容の山であるが火山ではなく、堆積岩から海生動物類の化石が発見されている。東隣の妙高山に比べ、ハクサンコザクラ、ミョウコウトリカブト、ワタスゲなどの高山植物が豊富である。高谷池付近には天狗の庭を始めとする池塘の湿原があり、登山シーズンには多くの登山者が訪れる。
 山頂付近はハイマツ帯で、その南南東稜線上には雷鳥広場(雷鳥平)と呼ばれる場所があり、付近は雷鳥の生息地となっている。ライチョウは新潟県のレッドリストの絶滅危惧種に指定されている。

火打1 火打2 火打3 火打4 火打5 火打6 火打7 火打8 火打9 火打10 火打11 火打12 火打13 火打14 火打15 火打16 火打17 火打18 火打19 火打20 火打21 火打22 火打23 火打24 火打25 火打26 火打27 火打28 火打29 火打30 火打31 火打32 火打33 火打34 火打35 火打36 火打37 火打38 火打39 火打40 火打41 火打42 火打43 火打44 火打45 火打46 火打47 火打48 火打49 火打50 火打51 火打52 火打53 火打54 火打55 火打56 火打57 火打58 火打59 火打60 火打61 火打62 火打63 火打64
火打101 火打102 火打103 火打104 火打105 火打106 火打107 火打108 火打109 火打110 火打111 火打112 火打113 火打114 火打115 火打116 火打117 火打118 火打119 火打120 火打121 火打122 火打123 火打124 火打125 火打126 火打127 火打128 火打129 火打130 火打131 火打132 火打133 火打134 火打135 火打136
この記事のURL | 新潟の山 | CM(4) | ▲ top
PENTAX SQUARE
- 2012/01/02(Mon) -
2011年9月17日
コース:新宿~PENTAXSQUARE・上毛三山の素顔~ヒルトン東京・全日本山岳写真展

 新年おめでとうございます。今年も引き続き山での写真をアップしていきます。ご来訪をお待ちしています。

 実際の山歩きではありませんが、新宿で2ヶ所の山岳写真展を見学してきました。上毛三山の素顔 は、主催者さまから会場内撮影とブログ掲載の許可をもらいましたのでここに公開します。数々のすばらしい写真をごらんください。全日本はさすがに撮影禁止でしたので、ポスターとハガキを記念に載せました。今回は他力本願のアルバムです (^ ^;)

PENTAX1 PENTAX2 PENTAX3 PENTAX4 PENTAX5 PENTAX6 PENTAX7 PENTAX8 PENTAX9 PENTAX10 PENTAX11 PENTAX12 PENTAX13 PENTAX14 PENTAX15 PENTAX16 PENTAX17 PENTAX18 PENTAX31 PENTAX32 PENTAX33 PENTAX34 PENTAX35 PENTAX36
PENTAX21 PENTAX22 PENTAX23 PENTAX24
PENTAX19 PENTAX20
この記事のURL | 東京の山 | CM(4) | ▲ top
| メイン |