FC2ブログ
2019 11 ≪  12月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2020 01
明石城
- 2019/10/04(Fri) -
2019年9月3日
コース:明石~明石城

 播磨の国には3つの日本百名城があります。姫路城、赤穂城に続いては、明石城です。折しも、1619年築城ちょうど400年の、2019年に登城できました。
 江戸初期に姫路城とともに、外様大名の多い西国大名からの防衛の城として、水陸両方の交通の要衝、明石に初代藩主、小笠原忠政が築城しました。忠政は織田信長と徳川家康という2人の天下人を曽祖父に持ち、この当時は2代将軍秀忠の篤い信任を受けていました。城下町の町割りや山里曲輪の作庭は、客分として明石へ招かれた宮本武蔵が行いました。武蔵はほかにも城下の寺院の庭園も造園したそうです。
 現代の明石は、東経135度の日本標準時子午線が通り、明石海峡大橋が開通してからは、標準時以東と以西の本州に加えて、淡路や四国との結節点でもあり、全く別のこの2つを合わせ持っていることを思うと、日本の中心 とも言えそうな、明石でした。

明石城45

明石城1 明石城2 明石城3 明石城4 明石城5 明石城6 明石城7 明石城8 明石城9 明石城10 明石城11 明石城12 明石城13 明石城14 明石城15 明石城16 明石城17 明石城18 明石城19 明石城20 明石城21 明石城22 明石城23 明石城24 明石城25 明石城26 明石城27 明石城28 明石城29 明石城30 明石城31 明石城32
明石城33 明石城34 明石城35 明石城36 明石城37 明石城38 明石城39 明石城40 明石城41 明石城42 明石城43 明石城44
この記事のURL | 兵庫の旅 | CM(4) | ▲ top
赤穂城
- 2019/10/01(Tue) -
2019年9月2日
コース:赤穂~赤穂城

 姫路から赤穂に足を延ばしました。赤穂で有名なのは、赤穂の塩と、忠臣蔵の赤穂義士と、そして日本百名城の赤穂城です。この時の赤穂は、赤穂義士関連の史跡は時間の都合でまたの機会にして、赤穂城登城だけになりました。
 赤穂城には数々の特徴がありました。築城は江戸時代の三代家光のころからと遅いこと。海に面した海岸平城で、甲州流軍学に山鹿流軍学を加えた、銃砲撃戦も意識した広大な縄張りです。図を見ると函館五稜郭にも似ていました。赤穂城の城主では、刃傷事件の浅野家が知られていますが、断絶後、織田信長に仕えた森蘭丸で有名な森家が、廃藩置県まで長く城主を務めました。

赤穂城59

赤穂城1 赤穂城2 赤穂城3 赤穂城4 赤穂城5 赤穂城6 赤穂城7 赤穂城8 赤穂城9 赤穂城10 赤穂城11 赤穂城12 赤穂城13 赤穂城14 赤穂城15 赤穂城16 赤穂城17 赤穂城18 赤穂城19 赤穂城20 赤穂城21 赤穂城22 赤穂城23 赤穂城24 赤穂城25 赤穂城26 赤穂城27 赤穂城28 赤穂城29 赤穂城30 赤穂城31 赤穂城32 赤穂城33 赤穂城34 赤穂城35 赤穂城36 赤穂城37 赤穂城38 赤穂城39 赤穂城40 赤穂城41 赤穂城42 赤穂城43 赤穂城44 赤穂城45 赤穂城46 赤穂城47 赤穂城48 赤穂城49 赤穂城50 赤穂城51 赤穂城52
赤穂城53 赤穂城54 赤穂城55 赤穂城56 赤穂城57 赤穂城58
この記事のURL | 兵庫の旅 | CM(2) | ▲ top
好古園
- 2019/09/26(Thu) -
2019年9月2日
コース:姫路城~好古園

 姫路城の後に、周囲の名所を周りました。護国神社や姫路神社を参拝して、中でも、西御屋敷跡庭園「好古園」は、当時の武家屋敷や町筋の地割をそのまま生かして、築地塀が復元されています。園内部は屋敷の区画に合わせて、花の庭や竹の庭などの、特徴ある庭園が整備されています。まるで庭のテーマパークでした。

好古園61

護国神社~城見台公園~姫路神社~美術館
好古園1 好古園2 好古園3 好古園4 好古園5 好古園6 好古園7 好古園8 好古園9 好古園10 好古園11 好古園12 好古園13 好古園14 好古園15 好古園16 好古園17 好古園18 好古園19 好古園20

好古園
好古園21 好古園22 好古園23 好古園24 好古園25 好古園26 好古園27 好古園28 好古園29 好古園30 好古園31 好古園32 好古園33 好古園34 好古園35 好古園36 好古園37 好古園38 好古園39 好古園40 好古園41 好古園42 好古園43 好古園44 好古園45 好古園46 好古園47 好古園48 好古園49 好古園50 好古園51 好古園52 好古園53 好古園54 好古園55 好古園56 好古園57 好古園58 好古園59 好古園60
この記事のURL | 兵庫の旅 | CM(2) | ▲ top
姫路城
- 2019/09/20(Fri) -
2019年9月2日
コース:姫路~姫路城~桜門~大天守~西の丸

 平成の大修理で新装となった姫路城に、ようやく登城できました。写真でよく見かける姫路城は、だいたい決まったアングルからなので、この時は堀の周囲を大きく回って、いろいろな方向から眺めてきました。現存十二天守、国宝五城、日本三名城、日本初の世界文化遺産などなど、数々の栄誉に輝く姫路城ですが、実際に訪ねると各時代の歴史の舞台になっていました。
 戦国期の城主黒田氏は、官兵衛の英断により織田方の秀吉に付いて、本能寺の変に際して大返しの途中の姫路城で対策が練られて、その後の歴史を大きく動かしました。また、大阪城落城後は、千姫はここで秀頼の子を育てました。
 木造の大天守はいつ江戸城の天守閣や、安土城のようになくなっても不思議ではないところを、これだけの美しい大天守を現代に見られるのは、奇跡的な姫路城です。

姫路城129

姫路城1 姫路城2 姫路城3 姫路城4 姫路城5 姫路城6 姫路城7 姫路城8 姫路城9 姫路城10 姫路城11 姫路城12 姫路城13 姫路城14 姫路城15 姫路城16 姫路城17 姫路城18 姫路城19 姫路城20 姫路城21 姫路城22 姫路城23 姫路城24 姫路城25 姫路城26 姫路城27 姫路城28 姫路城29 姫路城30 姫路城31 姫路城32 姫路城33 姫路城34 姫路城35 姫路城36 姫路城37 姫路城38 姫路城39 姫路城40 姫路城41 姫路城42 姫路城43 姫路城44 姫路城45 姫路城46 姫路城47 姫路城48 姫路城49 姫路城50 姫路城51 姫路城52 姫路城53 姫路城54 姫路城55 姫路城56 姫路城57 姫路城58 姫路城59 姫路城60 姫路城61 姫路城62 姫路城63 姫路城64 姫路城65 姫路城66 姫路城67 姫路城68 姫路城69 姫路城70 姫路城71 姫路城72 姫路城73 姫路城74 姫路城75 姫路城76 姫路城77 姫路城78 姫路城79 姫路城80 姫路城81 姫路城82 姫路城83 姫路城84 姫路城85 姫路城86 姫路城87 姫路城88 姫路城89 姫路城90 姫路城91 姫路城92 姫路城93 姫路城94 姫路城95 姫路城96 姫路城97 姫路城98 姫路城99 姫路城100 姫路城101 姫路城102 姫路城103 姫路城104 姫路城105 姫路城106 姫路城107 姫路城108 姫路城109 姫路城110 姫路城111 姫路城112 姫路城113 姫路城114 姫路城115 姫路城116
姫路城117 姫路城118 姫路城119 姫路城120 姫路城121 姫路城122 姫路城123 姫路城124 姫路城125 姫路城126 姫路城127 姫路城128
この記事のURL | 兵庫の旅 | CM(4) | ▲ top
高源寺
- 2019/01/08(Tue) -
2008年11月22日~24日
コース:京都~福知山~青垣~高源寺~氷上~円通寺~市島~白毫寺~篠山~洞光寺~大国寺~山南~常勝寺~出石~宗鏡寺

 諸事情により昨年末よりどこへも出かけていなくて、ついに最近の記事のネタがなくなりました。そこでしばらくは画像倉庫から昔のものをたな卸しいたします。10年前の秋の絵をひと冬おくります。
 2008年に、旧国名では丹波周辺から京都の名刹を参拝しました。丹波は現在の京都府と兵庫県にまたがります。当ブログはカテゴリを県別に分けてありまして、最初に訪ねたのがタイトルにした高源寺でもあり、兵庫県内からまとめます。
 上のコースの地名は、合併前の旧町名です。これで近畿地方以東の各都道府県はひとつは記事にできました。高源寺の案内です。他の寺院については、サムネイルの案内板などでごらんください。

高源寺
 兵庫県丹波市青垣町桧倉にある臨済宗妙心寺派の寺院。山号は瑞巌山。本尊は釈迦如来。もみじ(天目かえで)の寺として知られる。関西花の寺二十五霊場4番。
 1325年(正中2年)遠谿祖雄の開山により創建された寺と伝えられ、翌年、後醍醐天皇により高源寺号を賜われた。1518年(永正15年)には勅願所となっている。戦国時代には兵火により焼失したが、江戸時代に入り、弘厳和尚により復興された。
ウィキペディアより

高源寺
高源寺1 高源寺2 高源寺3 高源寺4 高源寺5 高源寺6 高源寺7 高源寺8 高源寺9 高源寺10 高源寺11 高源寺12 高源寺13 高源寺14 高源寺15 高源寺16 高源寺17 高源寺18 高源寺19 高源寺20 高源寺21 高源寺22 高源寺23 高源寺24
高源寺25 高源寺26 高源寺27 高源寺28 高源寺29 高源寺30 高源寺31 高源寺32 高源寺33 高源寺34 高源寺35 高源寺36

円通寺
高源寺37 高源寺38 高源寺39 高源寺40 高源寺41 高源寺42 高源寺43 高源寺44 高源寺45 高源寺46 高源寺47 高源寺48 高源寺49 高源寺50 高源寺51 高源寺52 高源寺53 高源寺54 高源寺55 高源寺56 高源寺57 高源寺58 高源寺59 高源寺60
高源寺61 高源寺62 高源寺63 高源寺64 高源寺65 高源寺66 高源寺67 高源寺68 高源寺69 高源寺70 高源寺71 高源寺72

白毫寺
高源寺73 高源寺74 高源寺75 高源寺76 高源寺77 高源寺78 高源寺79 高源寺80 高源寺81 高源寺82 高源寺83 高源寺84 高源寺85 高源寺86 高源寺87 高源寺88
高源寺89 高源寺90 高源寺91 高源寺92 高源寺93 高源寺94

洞光寺
高源寺95 高源寺96 高源寺97 高源寺98 高源寺99 高源寺100 高源寺101 高源寺102 高源寺103 高源寺104 高源寺105 高源寺106 高源寺107 高源寺108 高源寺109 高源寺110
高源寺111 高源寺112 高源寺113 高源寺114 高源寺115 高源寺116 高源寺117 高源寺118 高源寺119 高源寺120 高源寺121 高源寺122 高源寺123 高源寺124 高源寺125 高源寺126 高源寺127 高源寺128 高源寺129 高源寺130 高源寺131 高源寺132 高源寺133 高源寺134

大国寺
高源寺135 高源寺136 高源寺137 高源寺138 高源寺139 高源寺140 高源寺141 高源寺142 高源寺143 高源寺144 高源寺145 高源寺146 高源寺147 高源寺148 高源寺149 高源寺150 高源寺151 高源寺152 高源寺153 高源寺154 高源寺155 高源寺156 高源寺157 高源寺158
高源寺159 高源寺160 高源寺161 高源寺162 高源寺163 高源寺164 高源寺165 高源寺166 高源寺167 高源寺168 高源寺169 高源寺170

常勝寺
高源寺171 高源寺172 高源寺173 高源寺174 高源寺175 高源寺176 高源寺177 高源寺178 高源寺179 高源寺180 高源寺181 高源寺182 高源寺183 高源寺184 高源寺185 高源寺186 高源寺187 高源寺188 高源寺189 高源寺190 高源寺191 高源寺192 高源寺193 高源寺194
高源寺195 高源寺196 高源寺197 高源寺198 高源寺199 高源寺200 高源寺201 高源寺202 高源寺203 高源寺204 高源寺205 高源寺206

宗鏡寺
高源寺207 高源寺208 高源寺209 高源寺210 高源寺211 高源寺212 高源寺213 高源寺214 高源寺215 高源寺216 高源寺217 高源寺218 高源寺219 高源寺220 高源寺221 高源寺222
高源寺223 高源寺224 高源寺225 高源寺226 高源寺227 高源寺228 高源寺229 高源寺230 高源寺231 高源寺232 高源寺233 高源寺234
この記事のURL | 兵庫の旅 | CM(6) | ▲ top
| メイン |