FC2ブログ
2019 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2019 10
定光寺
- 2019/08/02(Fri) -
2006年6月3日
コース:瀬戸~定光寺~雲興寺

 永保寺の多治見から、愛知県側に入りました。焼き物で有名な瀬戸ですが、尾張名古屋から見て、鬼門の北東側にあたる瀬戸には、鬼門封じの役を担った定光寺があります。京都でいえば、比叡山に相当します。尾張徳川家初代、徳川義直の廟所になっています。
 雲興寺は盗難除けのご利益で有名です。足利将軍家も寄進して落成し、織田家、豊臣秀吉、尾張徳川家の庇護を受けてきた歴史ある名刹です。

定光寺1 定光寺2 定光寺3 定光寺4 定光寺5 定光寺6 定光寺7 定光寺8 定光寺9 定光寺10 定光寺11 定光寺12 定光寺13 定光寺14 定光寺15 定光寺16 定光寺17 定光寺18 定光寺19 定光寺20 定光寺21 定光寺22 定光寺23 定光寺24 定光寺25 定光寺26 定光寺27 定光寺28
定光寺29 定光寺30 定光寺31 定光寺32 定光寺33
この記事のURL | 愛知の旅 | CM(0) | ▲ top
豊川稲荷
- 2018/03/13(Tue) -
2007年3月17日~18日
コース:岡崎~音羽町~豊川

 再び画像倉庫からです。この後、過去と現在と行ったり来たりします。
 東海道を西へ向かう時、静岡県までのことが多いので、11年前のこの時は思い切って県境を越えて、愛知県の三河地方まで足を延ばしました。有名な豊川稲荷の参拝とともに、三河路の名刹を巡りました。
 戦国時代には徳川家康を生んだ松平氏のおひざ元で、松平氏、徳川氏と係る寺院は多かったです。早くから開けた土地柄か、聖徳太子の時代の物部氏の開創から、行基上人、聖武天皇、弘法大師との由緒もありました。また、家康ばかりでなく、源頼朝、足利尊氏と、三幕府の創設者とも縁があり、さらには幕末の新選組とも関係するという、日本史の通史のような名刹ぞろいでした。
 三河路には、ネコバスが止まっていました。

3月17日 大樹寺~真福寺
豊川稲荷1 豊川稲荷2 豊川稲荷3 豊川稲荷4 豊川稲荷5 豊川稲荷6 豊川稲荷7 豊川稲荷8 豊川稲荷9 豊川稲荷10 豊川稲荷11 豊川稲荷12 豊川稲荷13 豊川稲荷14 豊川稲荷15 豊川稲荷16 豊川稲荷17 豊川稲荷18 豊川稲荷19 豊川稲荷20

3月18日 天恩寺~渭信寺~法蔵寺
豊川稲荷21 豊川稲荷22 豊川稲荷23 豊川稲荷24 豊川稲荷25 豊川稲荷26 豊川稲荷27 豊川稲荷28 豊川稲荷29 豊川稲荷30 豊川稲荷31 豊川稲荷32 豊川稲荷33 豊川稲荷34 豊川稲荷35 豊川稲荷36 豊川稲荷37 豊川稲荷38 豊川稲荷39 豊川稲荷40 豊川稲荷41 豊川稲荷42 豊川稲荷43 豊川稲荷44

龍源寺~財賀寺
豊川稲荷45 豊川稲荷46 豊川稲荷47 豊川稲荷48 豊川稲荷49 豊川稲荷50 豊川稲荷51 豊川稲荷52 豊川稲荷53 豊川稲荷54 豊川稲荷55 豊川稲荷56 豊川稲荷57 豊川稲荷58 豊川稲荷59 豊川稲荷60 豊川稲荷61 豊川稲荷62 豊川稲荷63 豊川稲荷64 豊川稲荷65 豊川稲荷66 豊川稲荷67 豊川稲荷68

豊川稲荷
豊川稲荷69 豊川稲荷70 豊川稲荷71 豊川稲荷72 豊川稲荷73 豊川稲荷74 豊川稲荷75 豊川稲荷76 豊川稲荷77 豊川稲荷78 豊川稲荷79 豊川稲荷80 豊川稲荷81 豊川稲荷82 豊川稲荷83 豊川稲荷84 豊川稲荷85 豊川稲荷86 豊川稲荷87 豊川稲荷88 豊川稲荷89 豊川稲荷90 豊川稲荷91 豊川稲荷92 豊川稲荷93 豊川稲荷94 豊川稲荷95 豊川稲荷96

三明寺
豊川稲荷97 豊川稲荷98 豊川稲荷99 豊川稲荷100 豊川稲荷101 豊川稲荷102 豊川稲荷103 豊川稲荷104 豊川稲荷105 豊川稲荷106 豊川稲荷107 豊川稲荷108 豊川稲荷109 豊川稲荷110 豊川稲荷111 豊川稲荷112 豊川稲荷113 豊川稲荷114 豊川稲荷115 豊川稲荷116 豊川稲荷117 豊川稲荷118 豊川稲荷119 豊川稲荷120
この記事のURL | 愛知の旅 | CM(4) | ▲ top
名古屋城
- 2016/10/18(Tue) -
2016年9月3日
コース:名古屋~名古屋城~二之丸庭園

 御在所岳の帰りに名古屋城を訪ねました。日本の巨城は外国人観光客に大人気でした。本丸御殿にはきらびやかな襖絵が復元されていて、目の保養になりました。

名古屋城
 名古屋城(なごやじょう)は、日本100名城に選定されており、国の特別史跡に指定されている。織田信長誕生の城とされる今川氏・織田氏の那古野城(なごやじょう)の跡周辺に、徳川家康が九男義直のために天下普請によって築城したとされる。以降は徳川御三家の一つでもある尾張徳川家17代の居城として明治まで利用された。
 大阪城、熊本城とともに日本三名城に数えられ、伊勢音頭にも「伊勢は津でもつ、津は伊勢でもつ、尾張名古屋は城でもつ」と詠われている。大天守に上げられた金の鯱(金鯱(きんこ))は、城だけでなく名古屋の街の象徴にもなっている。
 大小天守と櫓、門、御殿などの一部は昭和戦前期まで残存していたが名古屋大空襲(1945年)によって大部分を焼失した。戦後に天守などが外観復元されている。現在城跡は名城公園として整備されている。
(ウィキペディアを編集)

名古屋城63

名古屋城1 名古屋城2 名古屋城3 名古屋城4 名古屋城5 名古屋城6 名古屋城7 名古屋城8 名古屋城9 名古屋城10 名古屋城11 名古屋城12名古屋城13 名古屋城14 名古屋城15 名古屋城16 名古屋城17 名古屋城18 名古屋城19 名古屋城20 名古屋城21 名古屋城22 名古屋城23 名古屋城24 名古屋城25 名古屋城26 名古屋城27 名古屋城28 名古屋城29 名古屋城30 名古屋城31 名古屋城32 名古屋城33 名古屋城34 名古屋城35 名古屋城36 名古屋城37 名古屋城38 名古屋城39 名古屋城40 名古屋城41 名古屋城42 名古屋城43 名古屋城44 名古屋城45 名古屋城46 名古屋城47 名古屋城48 名古屋城49 名古屋城50 名古屋城51 名古屋城52 名古屋城53 名古屋城54 名古屋城55 名古屋城56
名古屋城57 名古屋城58 名古屋城59 名古屋城60 名古屋城61 名古屋城62
この記事のURL | 愛知の旅 | CM(4) | ▲ top
| メイン |