2017 02 ≪  03月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 03
永平寺
- 2016/09/28(Wed) -
2009年7月18日~20日

福井大仏~福井別院~運正寺~安養寺~西光寺~専照寺~瀧谷寺~大安寺~永平寺~白山神社~越前大仏

 加賀の国から越前に入りました。北陸地方は雪で湿潤なため、瀧谷寺、大安寺、永平寺、白山神社など、苔の美しいお寺が多いです。
 福井市内のお寺の由緒は、戦国時代の越前朝倉氏によるもの、江戸時代の福井藩主松平氏に係るもの、その間一時の柴田勝家とお市の方に関係するものなどあって、歴史を感じられます。
 曹洞宗大本山永平寺では、修行僧とあいさつを交わすと、単なる観光寺院ではないことを思います。木の素材そのままの彩色は少ない伽藍にあって、極彩色の四天王像が印象に残りました。
 越前大仏は参拝者も少なくて、現在は市の管理になっているようです。

福井大仏
 本坊は大同年間に最澄が開いたと伝えられる西山光照寺。元々は一乗谷にあり、戦国期に朝倉氏により石造の大仏が建立された。江戸期に寺、大仏とも現在地に移転。戦災の被害を受けたため、1958年に現在の金銅製の大仏が建立された。像高は約7mの聖観音菩薩坐像である。

福井別院
 寺名は本瑞寺。1601年に結城秀康が北の庄に入部する時に、本瑞寺に北の庄総坊をあわせて寺地を寄進し堂宇を建立し、東本願寺派の末寺総触頭になったと伝えられている。

運正寺
 江戸期福井藩の初代結城秀康の菩提所として1607年に建立された。結城秀康は、徳川家康の次男として生まれたが、和睦のため豊臣秀吉の養子に出された。秀康の名は秀吉と家康から一字を採ったものである。その後下総国結城城主・結城晴朝の元へ養子に出され、結城10万石を領有していた。

安養寺
 文明年間に朝倉家菩提所として一乗谷に創建された。朝倉家滅亡後は柴田勝家により現在地に移された。境内には樹齢四百数十年といわれる大銀杏があり、火災の際には水を吹いて寺を守ったといわれている。寺宝の「阿弥陀如来二十五菩薩来迎図」は国重文。

西光寺
 柴田勝家の菩提寺。秀吉に攻められ北の庄落城に際し、3人の姉妹の将来などを住職に託したと伝えられる。境内には勝家とお市の方の墓や、勝家の自筆の書や刀剣、北の庄城の鬼瓦などを展示する柴田勝家公資料館がある。

専照寺
 浄土真宗三門徒派の本山。山号は中野山。1290年如道が創建した専修寺に始まり、1724年中野村から現在地に移転した。御影堂は1838年に再建された。正面11間、側面9間の総欅造り。平成2年市指定文化財建造物に指定された。

永平寺1 永平寺2 永平寺3 永平寺4 永平寺5 永平寺6 永平寺7 永平寺8 永平寺9 永平寺10 永平寺11 永平寺12 永平寺13 永平寺14 永平寺15 永平寺16 永平寺17 永平寺18 永平寺19 永平寺20
永平寺21 永平寺22 永平寺23 永平寺24 永平寺25 永平寺26 永平寺27 永平寺28 永平寺29 永平寺30 永平寺31 永平寺32

瀧谷寺
 1375年創建の真言宗智山派の古刹。三国町最古の寺院。中世には、戦国大名の朝倉氏や柴田勝家、福井藩主の松平家ら、歴代領主の祈願所として保護を受けた。幕末には勤王の志士がしばしば当寺を訪ねて国事を論じたという。庭園は福井県下最初の国指定名勝庭園。宝物殿には国宝や重文が収蔵、展示されている。

永平寺33 永平寺34 永平寺35 永平寺36 永平寺37 永平寺38 永平寺39 永平寺40 永平寺41 永平寺42 永平寺43 永平寺44 永平寺45 永平寺46 永平寺47 永平寺48 永平寺49 永平寺50 永平寺51 永平寺52 永平寺53 永平寺54 永平寺55 永平寺56 永平寺57 永平寺58 永平寺59 永平寺60
永平寺61 永平寺62 永平寺63 永平寺64 永平寺65 永平寺66

大安寺
 この地にあった竜王山田谷寺の跡地に建立された。田谷寺は伝承によれば、奈良時代に「越の大徳」と言われた泰澄法師によって創建されたという。往時は坊舎が48坊あり、門前に市までなしていたが、織田信長の越前侵攻に伴い、全山が焼失した。
 80数年の後、1658年に松平光通によって大安寺が創建される。ほぼ全ての建造物が第二次大戦や福井地震の影響を受けることなく創建当時のまま残存し、5棟が国重文に指定された。

永平寺67 永平寺68 永平寺69 永平寺70 永平寺71 永平寺72 永平寺73 永平寺74 永平寺75 永平寺76 永平寺77 永平寺78 永平寺79 永平寺80 永平寺81 永平寺82 永平寺83 永平寺84 永平寺85 永平寺86
永平寺87 永平寺88 永平寺89 永平寺90 永平寺91 永平寺92

永平寺
 總持寺とならぶ日本曹洞宗の大本山。道元禅師は信徒の1人であった越前国の土豪・波多野義重の請いにより、義重の領地のある越前国志比庄に向かう。1244年に傘松峰大佛寺を建立する。これが永平寺の開創であり、1246年に山号寺号を吉祥山永平寺と改めている。寺号の由来は中国に初めて仏法が伝来した元号「永平」からであり、意味は「永久の和平」である。

永平寺93 永平寺94 永平寺95 永平寺96 永平寺97 永平寺98 永平寺99 永平寺100 永平寺101 永平寺102 永平寺103 永平寺104 永平寺105 永平寺106 永平寺107 永平寺108 永平寺109 永平寺110 永平寺111 永平寺112 永平寺113 永平寺114 永平寺115 永平寺116 永平寺117 永平寺118 永平寺119 永平寺120 永平寺121 永平寺122 永平寺123 永平寺124 永平寺125 永平寺126 永平寺127 永平寺128 永平寺129 永平寺130 永平寺131 永平寺132 永平寺133 永平寺134 永平寺135 永平寺136
永平寺137 永平寺138 永平寺139 永平寺140 永平寺141 永平寺142 永平寺143 永平寺144 永平寺145 永平寺146 永平寺147 永平寺148 永平寺149 永平寺150 永平寺151 永平寺152 永平寺153 永平寺154 永平寺155 永平寺156 永平寺157 永平寺158 永平寺159 永平寺160 永平寺161 永平寺162 永平寺163 永平寺164 永平寺165 永平寺166

白山神社
 白山神社は養老年間に、泰澄大師が創建した古社で平泉寺はその別当寺。室町時代には、黄金時代を迎えたが、その後一向一揆により壊滅。江戸時代にやや復興したが、明治時代の神仏分離により白山神社だけが残り現在に至る。御手洗の池の前は鳥居が建ち、平泉寺の名前の由来になっている霊地である。
 平泉寺の黄金時代、その衆徒は「強力」で知られていたが、その中でもひときわ悪名高かった僧が「東尋坊」だった。衆徒たちも彼には大いに手を焼き、寺侍の覚念に東尋坊の山からの追放を依頼した。覚念は東尋坊を三国見物に誘い、景色の良いところで酒盛りを始め、東尋坊が酔いつぶれたのを見計らって海中に突き落とした。その場所が「東尋坊」と呼ばれている。

永平寺167 永平寺168 永平寺169 永平寺170 永平寺171 永平寺172 永平寺173 永平寺174 永平寺175 永平寺176 永平寺177 永平寺178 永平寺179 永平寺180 永平寺181 永平寺182 永平寺183 永平寺184 永平寺185 永平寺186 永平寺187 永平寺188 永平寺189 永平寺190
永平寺191 永平寺192 永平寺193 永平寺194 永平寺195 永平寺196

越前大仏
 寺名は清大寺。1987年の創建。大仏殿に安置された越前大仏は身の丈17mと、奈良東大寺の大仏を上回る。中国洛陽市の郊外にある龍門石窟の坐像をモデルに造られたもので、両側には羅漢像、菩薩像が鎮座する。また、北京市にある中国の国宝・九龍壁を模した九龍殿の装飾壁もある。大仏殿は東大寺大仏殿を上回る高さ日本一。五重塔は京都東寺を抜いて日本一。もちろん大仏も日本一。

永平寺197 永平寺198 永平寺199 永平寺200 永平寺201 永平寺202 永平寺203 永平寺204 永平寺205 永平寺206 永平寺207 永平寺208 永平寺209 永平寺210 永平寺211 永平寺212
永平寺213 永平寺214 永平寺215 永平寺216 永平寺217 永平寺218 永平寺219 永平寺220 永平寺221 永平寺222 永平寺223 永平寺224
この記事のURL | 福井の旅 | CM(6) | ▲ top
| メイン |