2018 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2018 08
小田原城
- 2018/04/21(Sat) -
2018年3月29日
コース:小田原~長興山しだれ桜~紹太寺~小田原城

 桜の城3城目は、今年の大本命の小田原城です。日本百名城にして、日本桜百選なので、毎年予定してはシーズンを逃していて、ようやく行って来られました。特に今年は、戦国時代は後北条氏方最前線の、鉢形城と深谷城を巡れたので、本丸へもようやく登城できました。
 さすがに大人気の観光地でもあり平日でも大にぎわいでした。今年はこの辺りのしだれ桜では有名な長興山も花期が合って、同日に周れました。

小田原城
 小田原城が初めて築かれたのは、大森氏が小田原地方に進出した15世紀中ごろのことと考えられています。1500年ごろに戦国大名小田原北条氏の居城となってから、関東支配の中心拠点として次第に拡張整備され、豊臣秀吉の来攻に備えて城下を囲む総構を完成させると城の規模は最大に達し、日本最大の中世城郭に発展しました。
 江戸時代を迎えると小田原城は徳川家康の支配するところとなり、その家臣大久保氏を城主として迎え、城の規模は三の丸以内に縮小されました。稲葉氏が城主となってから大規模な改修工事が始められ、近世城郭として生まれ変わりました。その後、大久保氏が再び城主となり、箱根を控えた関東地方防御の要衝として、また幕藩体制を支える譜代大名の居城として、幕末まで重要な役割を担ってきました。
 しかし、小田原城は明治3年に廃城となり、ほとんどの建物は解体され、残っていた石垣も大正12年(1923)の関東大震災によりことごとく崩れ落ちてしまいました。
 現在の小田原城跡は、本丸・二の丸の大部分と総構の一部が、国の史跡に指定されています。また、本丸を中心に「城址公園」として整備され、昭和35年(1960)に天守閣が復興、次いで昭和46年(1971)には常盤木門、平成9年(1997)には銅門、平成21年(2009)には馬出門が復元されました。
(小田原市公式サイトより)

小田原城125

長興山しだれ桜~紹太寺
小田原城1 小田原城2 小田原城3 小田原城4 小田原城5 小田原城6 小田原城7 小田原城8 小田原城9 小田原城10 小田原城11 小田原城12 小田原城13 小田原城14 小田原城15 小田原城16 小田原城17 小田原城18 小田原城19 小田原城20 小田原城21 小田原城22 小田原城23 小田原城24 小田原城25 小田原城26 小田原城27 小田原城28 小田原城29 小田原城30 小田原城31 小田原城32 小田原城33 小田原城34 小田原城35 小田原城36 小田原城37 小田原城38 小田原城39 小田原城40 小田原城41 小田原城42 小田原城43 小田原城44 小田原城45 小田原城46 小田原城47 小田原城48
小田原城49 小田原城50 小田原城51 小田原城52 小田原城53 小田原城54

小田原城
小田原城55 小田原城56 小田原城57 小田原城58 小田原城59 小田原城60 小田原城61 小田原城62 小田原城63 小田原城64 小田原城65 小田原城66 小田原城67 小田原城68 小田原城69 小田原城70 小田原城71 小田原城72 小田原城73 小田原城74 小田原城75 小田原城76 小田原城77 小田原城78 小田原城79 小田原城80 小田原城81 小田原城82 小田原城83 小田原城84 小田原城85 小田原城86 小田原城87 小田原城88 小田原城89 小田原城90 小田原城91 小田原城92 小田原城93 小田原城94 小田原城95 小田原城96 小田原城97 小田原城98 小田原城99 小田原城100 小田原城101 小田原城102 小田原城103 小田原城104 小田原城105 小田原城106 小田原城107 小田原城108 小田原城109 小田原城110 小田原城111 小田原城112 小田原城113 小田原城114 小田原城115 小田原城116 小田原城117 小田原城118
小田原城119 小田原城120 小田原城121 小田原城122 小田原城123 小田原城124
この記事のURL | 神奈川の山 | CM(2) | ▲ top
城山かたくりの里
- 2018/04/10(Tue) -
2018年3月25日
コース:横浜~相模原~橋本~城山かたくりの里~八王子

 珍しい白花かたくりや、黄花セツブンソウが咲くと聞いてから、今年ようやく訪ねられました。管理人さんのこだわりの植栽や、行き届いた手入れがすばらしく、日本海側まで行っていた雪割草やイワウチワなどもここで見られて驚きました。花名札やベンチも手作り感にあふれていて、1日中楽しめました。サムネイルを種類別に編集しました。

城山かたくりの里
 個人所有の山林ですが、カタクリの咲く春のみ一般公開されています。 手入れの行き届いたカタクリは、つつましくも艶やかに、冬の明けた春先を優しく彩ります。珍しいキバナカタクリと白いカタクリの花も見ることができます。 開花シーズンには、カメラを片手に、多くの人々が訪れる花の名所です。
(相模原市観光協会より)

城山177

山野草:カタクリ~雪割草~イチゲ~イワウチワ~ショウジョウバカマ~黄花セツブンソウ他
城山1 城山2 城山3 城山4 城山5 城山6 城山7 城山8 城山9 城山10 城山11 城山12 城山13 城山14 城山15 城山16 城山17 城山18 城山19 城山20 城山21 城山22 城山23 城山24 城山25 城山26 城山27 城山28 城山29 城山30 城山31 城山32 城山33 城山34 城山35 城山36 城山.37 城山38 城山39 城山40 城山41 城山42 城山43 城山44 城山45 城山46 城山47 城山48 城山49 城山50 城山51 城山52 城山53 城山54 城山55 城山56 城山57 城山58 城山59 城山60 城山61 城山62 城山63 城山64 城山65 城山66 城山67 城山68 城山69 城山70 城山71 城山72 城山73 城山74 城山75 城山76 城山77 城山78 城山79 城山80 城山81 城山82 城山83 城山84 城山85 城山86 城山87 城山88 城山89 城山90 城山91 城山92 城山93 城山94 城山95 城山96 城山97 城山98 城山99 城山100 城山101 城山102 城山103 城山104

花木:梅~椿~ミツマタ~桜~ツツジ~日向ミズキ~コブシ~モクレン他
城山105 城山106 城山107 城山108 城山109 城山110 城山111 城山112 城山113 城山114 城山115 城山116 城山117 城山118 城山119 城山120 城山121 城山122 城山123 城山124 城山125 城山126 城山127 城山128 城山129 城山130 城山131 城山132 城山133 城山134 城山135 城山136 城山137 城山138 城山139 城山140 城山141 城山142 城山143 城山144 城山145 城山146 城山147 城山148 城山149 城山150 城山151 城山152 城山153 城山154 城山155 城山156 城山157 城山158 城山159 城山160 城山161 城山162 城山163 城山164 城山165 城山166 城山167 城山168 城山169 城山170 城山171 城山172 城山173 城山174 城山175 城山176
この記事のURL | 神奈川の山 | CM(4) | ▲ top
宝戒寺
- 2018/03/23(Fri) -
2008年3月16日
コース:鎌倉駅~滑川沿い~祇園山麓~材木座海岸

 今現在はあまり出かけていませんので、またまた画像倉庫からです。10年前に鎌倉を周りました。鎌倉駅から滑川周辺や祇園山の麓を材木座海岸の近くまで歩きました。坂東三十三観音第三番の安養院や、浄土宗大本山の光明寺などの名刹もありますが、どこも大にぎわいの鎌倉の寺社の中では落ち着いた参拝ができるコースです。
 この当時は本堂をひと巡りできて、コマ数も一番多くなった、宝戒寺 をタイトルにしました。多くのお寺に椿が植えこまれて一斉に咲いていて、サムネイルを並べると椿図鑑になってしまいました。

本覚寺~大巧寺~妙隆寺
宝戒寺1 宝戒寺2 宝戒寺3 宝戒寺4 宝戒寺5 宝戒寺6 宝戒寺7 宝戒寺8 宝戒寺9 宝戒寺10 宝戒寺11 宝戒寺12 宝戒寺13 宝戒寺14 宝戒寺15 宝戒寺16 宝戒寺17 宝戒寺18 宝戒寺19 宝戒寺20 宝戒寺21 宝戒寺22 宝戒寺23 宝戒寺24 宝戒寺25 宝戒寺26 宝戒寺27 宝戒寺28 宝戒寺29 宝戒寺30 宝戒寺31 宝戒寺32 宝戒寺33 宝戒寺34 宝戒寺35 宝戒寺36
宝戒寺37 宝戒寺38 宝戒寺39 宝戒寺40 宝戒寺41

宝戒寺
宝戒寺42 宝戒寺43 宝戒寺44 宝戒寺45 宝戒寺46 宝戒寺47 宝戒寺48 宝戒寺49 宝戒寺50 宝戒寺51 宝戒寺52 宝戒寺53 宝戒寺54 宝戒寺55 宝戒寺56 宝戒寺57 宝戒寺58 宝戒寺59 宝戒寺60 宝戒寺61 宝戒寺62 宝戒寺63 宝戒寺64 宝戒寺65 宝戒寺66 宝戒寺67 宝戒寺68 宝戒寺69 宝戒寺70 宝戒寺71 宝戒寺72 宝戒寺73
宝戒寺74 宝戒寺75 宝戒寺76 宝戒寺77 宝戒寺78

常栄寺~安養院~安国論寺~来迎寺~九品寺
宝戒寺79 宝戒寺80 宝戒寺81 宝戒寺82 宝戒寺83 宝戒寺84 宝戒寺85 宝戒寺86 宝戒寺87 宝戒寺88 宝戒寺89 宝戒寺90 宝戒寺91 宝戒寺92 宝戒寺93 宝戒寺94 宝戒寺95 宝戒寺96 宝戒寺97 宝戒寺98
宝戒寺99 宝戒寺100 宝戒寺101 宝戒寺102 宝戒寺103 宝戒寺104 宝戒寺105 宝戒寺106 宝戒寺107 宝戒寺108

光明寺~千手院
宝戒寺109 宝戒寺110 宝戒寺111 宝戒寺112 宝戒寺113 宝戒寺114 宝戒寺115 宝戒寺116 宝戒寺117 宝戒寺118 宝戒寺119 宝戒寺120 宝戒寺121 宝戒寺122 宝戒寺123 宝戒寺124 宝戒寺125 宝戒寺126 宝戒寺127 宝戒寺128 宝戒寺129 宝戒寺130 宝戒寺131 宝戒寺132
宝戒寺133 宝戒寺134 宝戒寺135 宝戒寺136 宝戒寺137
この記事のURL | 神奈川の山 | CM(4) | ▲ top
曽我梅林
- 2018/03/17(Sat) -
2018年3月3日
コース:国府津~下曽我~里コース~見晴台~法蓮寺~別所梅林~原梅林

 この3月に1ヶ所出かけまして編集しました。梅林自体は関東各地にありますが、ここは梅の向こうに富士山を望めるので、前から考えていてようやく今年に行って来られました。富士山は11時ころまでは、なんとか顔を出していました。
 生産本位よりも観光用に力を入れているようでしだれ梅に仕立てたり、紅梅は明るいピンク色もあって鮮やかで、にぎわっているお客さんも喜んでいました。

曽我梅林
 曽我梅林は、別所、原、中河原の3つの梅林からなり、富士山と箱根の山々を背景に、約3万5千本の梅が一面に咲き誇ります。梅まつり期間中は、流鏑馬(やぶさめ)や郷土芸能の小田原ちょうちん踊り、寿獅子舞や書の舞などのイベントが行われます。
(小田原市公式サイトより)

曽我梅林101

曽我梅林1 曽我梅林2 曽我梅林3 曽我梅林4 曽我梅林5 曽我梅林6 曽我梅林7 曽我梅林8 曽我梅林9 曽我梅林10 曽我梅林11 曽我梅林12 曽我梅林13 曽我梅林14 曽我梅林15 曽我梅林16 曽我梅林17 曽我梅林18 曽我梅林19 曽我梅林20 曽我梅林21 曽我梅林22 曽我梅林23 曽我梅林24 曽我梅林25 曽我梅林26 曽我梅林27 曽我梅林28 曽我梅林29 曽我梅林30 曽我梅林31 曽我梅林32 曽我梅林33 曽我梅林34 曽我梅林35 曽我梅林36 曽我梅林37 曽我梅林38 曽我梅林39 曽我梅林40 曽我梅林41 曽我梅林42 曽我梅林43 曽我梅林44 曽我梅林45 曽我梅林46 曽我梅林47 曽我梅林48 曽我梅林49 曽我梅林50 曽我梅林51 曽我梅林52 曽我梅林53 曽我梅林54 曽我梅林55 曽我梅林56 曽我梅林57 曽我梅林58 曽我梅林59 曽我梅林60 曽我梅林61 曽我梅林62 曽我梅林63 曽我梅林64 曽我梅林65 曽我梅林66 曽我梅林67 曽我梅林68 曽我梅林69 曽我梅林70 曽我梅林71 曽我梅林72 曽我梅林73 曽我梅林74 曽我梅林75 曽我梅林76 曽我梅林77 曽我梅林78 曽我梅林79 曽我梅林80 曽我梅林81 曽我梅林82 曽我梅林83 曽我梅林84 曽我梅林85 曽我梅林86 曽我梅林87 曽我梅林88
曽我梅林89 曽我梅林90 曽我梅林91 曽我梅林92 曽我梅林93 曽我梅林94 曽我梅林95 曽我梅林96 曽我梅林97 曽我梅林98 曽我梅林99 曽我梅林100
この記事のURL | 神奈川の山 | CM(4) | ▲ top
吾妻山
- 2018/03/07(Wed) -
2018年2月18日
コース:二宮~公園入口~浅間神社~展望台~菜の花畑

 2月に湘南の吾妻山を歩いて来ました。
 吾妻山の菜の花の向こうの富士山を、写真やネットでは何度も見ていて、ようやく今年に実際に行って来られました。海も山も花も美しいこれだけの風景なので、行楽や犬の散歩やカメラマンなど、多くの人でにぎわっていました。
 そんな中でここでは、水彩画のスケッチをしている人たちや、ヨガのグループが注目されていました。中でも時々散歩に来ている、猫のチャミちゃんが大人気でした。

吾妻山公園
 吾妻山公園は360度の大パノラマ。箱根、丹沢、富士山が手に取るような近さに感じられます。南に広がる相模湾は、晴れた日には大島や初島も見ることができます。一面芝生のさわやかな園内は、休日になると家族連れや若者たちでにぎわっています。
 二宮駅北口より公園入口までは徒歩で約5分、そこから階段、山道を登り、山頂(標高136.2メートル)の展望台までは約20分です。
(二宮町公式サイトより)

吾妻山85

吾妻山1 吾妻山2 吾妻山3 吾妻山4 吾妻山5 吾妻山6 吾妻山7 吾妻山8 吾妻山9 吾妻山10 吾妻山11 吾妻山12 吾妻山13 吾妻山14 吾妻山15 吾妻山16 吾妻山17 吾妻山18 吾妻山19 吾妻山20 吾妻山21 吾妻山22 吾妻山23 吾妻山24 吾妻山25 吾妻山26 吾妻山27 吾妻山28 吾妻山29 吾妻山30 吾妻山31 吾妻山32 吾妻山33 吾妻山34 吾妻山35 吾妻山36 吾妻山37 吾妻山38 吾妻山39 吾妻山40 吾妻山41 吾妻山42 吾妻山43 吾妻山44 吾妻山45 吾妻山46 吾妻山47 吾妻山48 吾妻山49 吾妻山50 吾妻山51 吾妻山52 吾妻山53 吾妻山54 吾妻山55 吾妻山56 吾妻山57 吾妻山58 吾妻山59 吾妻山60 吾妻山61 吾妻山62 吾妻山63 吾妻山64 吾妻山65 吾妻山66 吾妻山67 吾妻山68 吾妻山69 吾妻山70 吾妻山71 吾妻山72 吾妻山73 吾妻山74 吾妻山75 吾妻山76 吾妻山77 吾妻山78 吾妻山79 吾妻山80 吾妻山81 吾妻山82 吾妻山83 吾妻山84
この記事のURL | 神奈川の山 | CM(2) | ▲ top
秋谷の立石
- 2018/02/03(Sat) -
2018年1月7日
コース:逗子~横須賀~秋谷の立石~長者ヶ崎~葉山~森戸神社

 安藤広重も描いたという立石海岸を写真では何度か見ていて、ようやく実際に行ってこられました。水平線の向こうに富士山が浮かぶ絶景です。
 冬でも温暖な三浦半島は、海岸でのウォーキングや釣りのほか、犬や子供たちは水遊びをしたり、海上でサーフィンやヨットのマリンスポーツをしたり、人それぞれに楽しんでいました。石原裕次郎もゆかりの森戸神社を参拝して帰りました。

秋谷・立石海岸
 海岸に突き出た大きな奇岩「立石」をはじめ、美しい海岸の景色で知られています。特に、富士山を背景にした「立石」の景色は、絶景のビューポイント!夕日が空を染める時刻がお勧めです。
 秋谷・立石海岸は東京湾側の海岸線とは異なり、自然の海岸線が多く残っています。特に、立石公園の立石は古くから絶景として有名です。江戸時代の風景絵師・安藤広重は「相州三浦秋屋の里」と題して富士山を遠くにみるこのあたりの風景を描いています。
(横須賀観光情報より)

森戸神社
 鎌倉時代に、源頼朝が伊豆の地で源氏再興を祈願した三島明神(現三島大社)のご分霊が祀られている由緒ある神社です。神社の境内から見ることのできる夕日は大変美しく、かながわの景勝50選に「森戸の夕照(せきしょう)」として選定されています。
(神奈川県公式サイトより)

立石101

立石1 立石2 立石3 立石4 立石5 立石6 立石7 立石8 立石9 立石10 立石11 立石12 立石13 立石14 立石15 立石16 立石17 立石18 立石19 立石20 立石21 立石22 立石23 立石24 立石25 立石26 立石27 立石28 立石29 立石30 立石31 立石32 立石33 立石34 立石35 立石36 立石37 立石38 立石39 立石40 立石41 立石42 立石43 立石44 立石45 立石46 立石47 立石48 立石49 立石50 立石51 立石52 立石53 立石54 立石55 立石56 立石57 立石58 立石59 立石60 立石61 立石62 立石63 立石64 立石65 立石66 立石67 立石68 立石69 立石70 立石71 立石72 立石73 立石74 立石75 立石76
立石77 立石78 立石79 立石80 立石81 立石82 立石83 立石84 立石85 立石86 立石87 立石88 立石89 立石90 立石91 立石92 立石93 立石94 立石95 立石96 立石97 立石98 立石99 立石100
この記事のURL | 神奈川の山 | CM(5) | ▲ top
衣笠山
- 2017/05/03(Wed) -
2017年4月5日
コース:横須賀~衣笠~衣笠山公園~城ヶ島へ

 日本さくら名所百選の衣笠山です。今年は開花が遅いので、温暖な三浦半島へ出かけました。桜の向こうに海が見えてうれしくなります。
 午後は行ったことのなかった、城ヶ島へ足を伸ばしました。三崎港では、タイミングよく冷凍マグロの水揚げを見られました。城ヶ島南岸を西から東まで歩きました。港には猫がいます。房総半島を近くに眺められました。

衣笠山公園
 三浦氏の本拠地だった本来の衣笠山衣笠城址に隣接している。山の容姿が、馬の背に鞍を置いた形に似ているところから、「鞍掛山」という別名があるが、現在では、広く「衣笠山」の名称で親しまれている。
 1907年(明治40年)に日露戦争の戦死者を慰霊するために開設された。 園内には桜や萩が数多く植えられている。とくに桜は有名で、日本さくら名所100選のひとつに選ばれている。
 標高は低いが眺望は比較的よく、横須賀の市街地を始め、横浜の市街地や東京湾、房総半島、晴れた日は都心まで眺めることが出来る。
 当公園はまた、大楠山への登山口のひとつでもある。
(ウィキペディアより)

衣笠山107

衣笠山1 衣笠山2 衣笠山3 衣笠山4 衣笠山5 衣笠山6 衣笠山7 衣笠山8 衣笠山9 衣笠山10 衣笠山11 衣笠山12 衣笠山13 衣笠山14 衣笠山15 衣笠山16 衣笠山17 衣笠山18 衣笠山19 衣笠山20 衣笠山21 衣笠山22 衣笠山23 衣笠山24 衣笠山25 衣笠山26 衣笠山27 衣笠山28 衣笠山29 衣笠山30 衣笠山31 衣笠山32 衣笠山33 衣笠山34 衣笠山35 衣笠山36 衣笠山37 衣笠山38 衣笠山39 衣笠山40 衣笠山41 衣笠山42 衣笠山43 衣笠山44 衣笠山45 衣笠山46 衣笠山47 衣笠山48
衣笠山49 衣笠山50 衣笠山51 衣笠山52 衣笠山53 衣笠山54 衣笠山55 衣笠山56 衣笠山57 衣笠山58 衣笠山59 衣笠山60

衣笠~久里浜~三浦~城ヶ島~城ヶ島灯台~馬の背洞門~城ヶ島公園~安房埼灯台~城ヶ島大橋

衣笠山61 衣笠山62 衣笠山63 衣笠山64 衣笠山65 衣笠山66 衣笠山67 衣笠山68 衣笠山69 衣笠山70 衣笠山71 衣笠山72 衣笠山73 衣笠山74 衣笠山75 衣笠山76 衣笠山77 衣笠山78 衣笠山79 衣笠山80 衣笠山81 衣笠山82 衣笠山83 衣笠山84 衣笠山85 衣笠山86 衣笠山87 衣笠山88 衣笠山89 衣笠山90 衣笠山91 衣笠山92 衣笠山93 衣笠山94 衣笠山95 衣笠山96 衣笠山97 衣笠山98 衣笠山99 衣笠山100
衣笠山101 衣笠山102 衣笠山103 衣笠山104 衣笠山105 衣笠山106
この記事のURL | 神奈川の山 | CM(6) | ▲ top
鎌倉アルプス
- 2017/01/21(Sat) -
2016年12月3日
コース:東慶寺~海蔵寺~鶴岡八幡宮~鎌倉宮~鎌倉アルプス~建長寺

 温暖な鎌倉は12月に入っても紅葉が見られます。鎌倉一の紅葉と言われている獅子舞と、鎌倉アルプスを歩きました。合わせて、紅葉の美しいお寺も参拝してきました。

鎌倉アルプス235


北鎌倉~円覚寺~東慶寺

 北鎌倉駅からスタートです。円覚寺山門辺りは紅葉も人出もにぎわっています。ただ、境内を拝観すると時間が足らなくなるので、今回は東慶寺にしました。イチョウの大木の黄葉が見事でした。

鎌倉アルプス1 鎌倉アルプス2 鎌倉アルプス3 鎌倉アルプス4 鎌倉アルプス5 鎌倉アルプス6 鎌倉アルプス7 鎌倉アルプス8 鎌倉アルプス9 鎌倉アルプス10 鎌倉アルプス11 鎌倉アルプス12 鎌倉アルプス13 鎌倉アルプス14 鎌倉アルプス15 鎌倉アルプス16 鎌倉アルプス17 鎌倉アルプス18 鎌倉アルプス19 鎌倉アルプス20 鎌倉アルプス21 鎌倉アルプス22 鎌倉アルプス23 鎌倉アルプス24 鎌倉アルプス25 鎌倉アルプス26 鎌倉アルプス27 鎌倉アルプス28 鎌倉アルプス29 鎌倉アルプス30 鎌倉アルプス31 鎌倉アルプス32 鎌倉アルプス33 鎌倉アルプス34 鎌倉アルプス35 鎌倉アルプス36
鎌倉アルプス37 鎌倉アルプス38 鎌倉アルプス39 鎌倉アルプス40 鎌倉アルプス41 鎌倉アルプス42 鎌倉アルプス43 鎌倉アルプス44 鎌倉アルプス45 鎌倉アルプス46 鎌倉アルプス47 鎌倉アルプス48 鎌倉アルプス49 鎌倉アルプス50 鎌倉アルプス51 鎌倉アルプス52 鎌倉アルプス53 鎌倉アルプス54


長寿寺~亀ヶ谷坂~十六の井~海蔵寺~英勝寺

 長寿寺は普段は非公開のお寺です。紅葉期のこの日は臨時公開されて、大勢の見学者が集まり、入口では入場制限もされて列になっていました。外から拝観しました。
 長寿寺脇から亀ヶ谷坂を越えて扇ガ谷に入ります。海蔵寺は鐘楼近くの紅葉が鮮やかでした。辺りには洞窟や井戸がたくさんありました。英勝寺前を通って、鶴岡八幡宮ヘ向かいます。

鎌倉アルプス55 鎌倉アルプス56 鎌倉アルプス57 鎌倉アルプス58 鎌倉アルプス59 鎌倉アルプス60 鎌倉アルプス61 鎌倉アルプス62 鎌倉アルプス63 鎌倉アルプス64 鎌倉アルプス65 鎌倉アルプス66 鎌倉アルプス67 鎌倉アルプス68 鎌倉アルプス69 鎌倉アルプス70 鎌倉アルプス71 鎌倉アルプス72 鎌倉アルプス73 鎌倉アルプス74 鎌倉アルプス75 鎌倉アルプス76 鎌倉アルプス77 鎌倉アルプス78 鎌倉アルプス79 鎌倉アルプス80 鎌倉アルプス81 鎌倉アルプス82 鎌倉アルプス83 鎌倉アルプス84 鎌倉アルプス85 鎌倉アルプス86 鎌倉アルプス87 鎌倉アルプス88 鎌倉アルプス89 鎌倉アルプス90 鎌倉アルプス91 鎌倉アルプス92 鎌倉アルプス93 鎌倉アルプス94 鎌倉アルプス95 鎌倉アルプス96 鎌倉アルプス97 鎌倉アルプス98 鎌倉アルプス99 鎌倉アルプス100 鎌倉アルプス101 鎌倉アルプス102 鎌倉アルプス103 鎌倉アルプス104 鎌倉アルプス105 鎌倉アルプス106
鎌倉アルプス107 鎌倉アルプス108 鎌倉アルプス109 鎌倉アルプス110 鎌倉アルプス111 鎌倉アルプス112 鎌倉アルプス113 鎌倉アルプス114 鎌倉アルプス115 鎌倉アルプス116 鎌倉アルプス117 鎌倉アルプス118


鶴岡八幡宮~鎌倉宮~獅子舞~天園~大平山~十王岩

 鶴岡八幡宮と鎌倉宮では、結婚式や七五三が何組も行われていました。おめでとうございます。二階堂川沿いを獅子舞へと登ります。ここは谷底を流れと段差があまりない所を歩くため、コースはかなりドロドロでした。人も靴が汚れますが、わんこたちは足もおなかも泥だらけで歩いていて、かわいそうなようでした。
 紅葉が見ごろのこの日は団体ツアーもあって、上下から鉢合わせとなり、片側交互通行の狭いコースは渋滞で止まってしまいました。獅子舞もごった返して、やっと天園に抜けられてほっとしました。天園からの鎌倉アルプスハイキングコースは、海も見えて楽しく歩けます。日の短い12月の空は午後になるとしだいに夕陽らしくなってきました。

鎌倉アルプス119 鎌倉アルプス120 鎌倉アルプス121 鎌倉アルプス122 鎌倉アルプス123 鎌倉アルプス124 鎌倉アルプス125 鎌倉アルプス126 鎌倉アルプス127 鎌倉アルプス128 鎌倉アルプス129 鎌倉アルプス130 鎌倉アルプス131 鎌倉アルプス132 鎌倉アルプス133 鎌倉アルプス134 鎌倉アルプス135 鎌倉アルプス136 鎌倉アルプス137 鎌倉アルプス138 鎌倉アルプス139 鎌倉アルプス140 鎌倉アルプス141 鎌倉アルプス142 鎌倉アルプス143 鎌倉アルプス144 鎌倉アルプス145 鎌倉アルプス146 鎌倉アルプス147 鎌倉アルプス148 鎌倉アルプス149 鎌倉アルプス150 鎌倉アルプス151 鎌倉アルプス152 鎌倉アルプス153 鎌倉アルプス154 鎌倉アルプス155 鎌倉アルプス156 鎌倉アルプス157 鎌倉アルプス158 鎌倉アルプス159 鎌倉アルプス160 鎌倉アルプス161 鎌倉アルプス162
鎌倉アルプス163 鎌倉アルプス164 鎌倉アルプス165 鎌倉アルプス166 鎌倉アルプス167 鎌倉アルプス168 鎌倉アルプス169 鎌倉アルプス170 鎌倉アルプス171 鎌倉アルプス172 鎌倉アルプス173 鎌倉アルプス174


展望台~半僧坊~建長寺~北鎌倉

 半僧坊は展望はすばらしくて、カエデの紅葉とイチョウの黄葉も美しい所でした。建長寺は半僧坊から入山門はかなりの奥深さで、道中も見どころがありました。北鎌倉駅に戻るとすっかり夕方でした。

鎌倉アルプス175 鎌倉アルプス176 鎌倉アルプス177 鎌倉アルプス178 鎌倉アルプス179 鎌倉アルプス180 鎌倉アルプス181 鎌倉アルプス182 鎌倉アルプス183 鎌倉アルプス184 鎌倉アルプス185 鎌倉アルプス186 鎌倉アルプス187 鎌倉アルプス188 鎌倉アルプス189 鎌倉アルプス190 鎌倉アルプス191 鎌倉アルプス192 鎌倉アルプス193 鎌倉アルプス194 鎌倉アルプス195 鎌倉アルプス196 鎌倉アルプス197 鎌倉アルプス198 鎌倉アルプス199 鎌倉アルプス200 鎌倉アルプス201 鎌倉アルプス202 鎌倉アルプス203 鎌倉アルプス204 鎌倉アルプス205 鎌倉アルプス206 鎌倉アルプス207 鎌倉アルプス208 鎌倉アルプス209 鎌倉アルプス210 鎌倉アルプス211 鎌倉アルプス212 鎌倉アルプス213 鎌倉アルプス214 鎌倉アルプス215 鎌倉アルプス216 鎌倉アルプス217 鎌倉アルプス218 鎌倉アルプス219 鎌倉アルプス220 鎌倉アルプス221 鎌倉アルプス222
鎌倉アルプス223 鎌倉アルプス224 鎌倉アルプス225 鎌倉アルプス226 鎌倉アルプス227 鎌倉アルプス228 鎌倉アルプス229 鎌倉アルプス230 鎌倉アルプス231 鎌倉アルプス232 鎌倉アルプス233 鎌倉アルプス234
この記事のURL | 神奈川の山 | CM(8) | ▲ top
衣張山
- 2016/04/05(Tue) -
2016年2月11日
コース:鎌倉~衣張山~報国寺~浄妙寺~荏柄天神社~鶴岡八幡宮~宝戒寺~本覚寺~江ノ電~七里ヶ浜~稲村ケ崎

 鎌倉の衣張山(きぬばりやま)に登りました。一説によると「衣張山」の名は、源頼朝と夫人の政子が、夏の暑い日に、この山に白衣を張って雪の降った景色として、冬山に見立て涼をとったという伝説から名づけられました。おそらくは、当時の彼らの権力を象徴的に伝えるために、後の時代に創作された話であろうとされています。
 衣張山へは富士山が見えるうちに上まで登ろうと、ガイドブックやネットで案内されていない、駅から最短の西側からのコースをたどりました。公式に紹介されないのも納得の歩く人はほとんどいなそうなかなり草木の茂った登路です。まあそれなりの山でヤブコギをすることを思えばなんてことはないのですが・・・ 近道のかいがあって鎌倉市街地の向こうに富士山も見られました。
 日中は、鎌倉の神社仏閣めぐりをしました。それぞれの寺社に統一された案内板で解説がありました。駅に戻り、江ノ電で七里ヶ浜へ向かいました。
 江ノ電は派手な広告用の車両がついているときもありますが、基本的な外色は緑とクリーム色です。管理人ふさじろうは同じ基本色の江ノ電の型や系は全部同じなのかとこの日まで思っていました。ですがよく見ると何種類もの型があることが分かりました。目からウロコの日となりました。
 七里ヶ浜から陽はかたむきはじめて、江の島もシルエットになりました。稲村ヶ崎ではたくさんの人が陽の入りを見よう撮ろうと集まっていました。雲に隠されることない富士山形のシルエットを拝め、この瞬間のためにこの日1日がありました。

衣張山167

衣張山1 衣張山2 衣張山3 衣張山4 衣張山5 衣張山6 衣張山7 衣張山8 衣張山9 衣張山10 衣張山11 衣張山12 衣張山13 衣張山14 衣張山15 衣張山16 衣張山17 衣張山18 衣張山19 衣張山20 衣張山21 衣張山22 衣張山23 衣張山24 衣張山25 衣張山26 衣張山27 衣張山28 衣張山29 衣張山30 衣張山31 衣張山32 衣張山33 衣張山34 衣張山35 衣張山36 衣張山37 衣張山38 衣張山39 衣張山40 衣張山41 衣張山42 衣張山43 衣張山44 衣張山45 衣張山46 衣張山47 衣張山48 衣張山49 衣張山50 衣張山51 衣張山52 衣張山53 衣張山54 衣張山55 衣張山56 衣張山57 衣張山58 衣張山59 衣張山60 衣張山61 衣張山62 衣張山63 衣張山64 衣張山65 衣張山66 衣張山67 衣張山68 衣張山69 衣張山70 衣張山71 衣張山72 衣張山73 衣張山74 衣張山75 衣張山76 衣張山77 衣張山78 衣張山79 衣張山80 衣張山81 衣張山82 衣張山83 衣張山84 衣張山85 衣張山86 衣張山87 衣張山88 衣張山89 衣張山90 衣張山91 衣張山92 衣張山93 衣張山94 衣張山95 衣張山96 衣張山97 衣張山98 衣張山99 衣張山100 衣張山101 衣張山102 衣張山103 衣張山104 衣張山105 衣張山106 衣張山107 衣張山108 衣張山109 衣張山110 衣張山111 衣張山112 衣張山113 衣張山114 衣張山115 衣張山116 衣張山117 衣張山118 衣張山119 衣張山120 衣張山121 衣張山122 衣張山123 衣張山124 衣張山125 衣張山126 衣張山127 衣張山128 衣張山129 衣張山130 衣張山131 衣張山132 衣張山133 衣張山134 衣張山135 衣張山136 衣張山137 衣張山138 衣張山139 衣張山140 衣張山141 衣張山142 衣張山143 衣張山144 衣張山145 衣張山146 衣張山147 衣張山148
衣張山149 衣張山150 衣張山151 衣張山152 衣張山153 衣張山154 衣張山155 衣張山156 衣張山157 衣張山158 衣張山159 衣張山160 衣張山161 衣張山162 衣張山163 衣張山164 衣張山165 衣張山166
この記事のURL | 神奈川の山 | CM(6) | ▲ top
大山寺
- 2016/02/24(Wed) -
2015年11月21日
コース:伊勢原~ケーブル駅~女坂~大山寺~阿夫利神社下社往復

 関東百名山・大山は紅葉が見事と聞いて、見物がてらケーブルカーも使って楽に登ろうかと出かけました。ところが伊勢原駅に着くと、大山行バス待ちの行列がバス乗り場から駅の中まで延々とつながっていました。
 1時間待ちで増発に何とか乗り込みようやく大山に着いても、今度は参道がケーブルカー待ちの行列です。ケーブルカーはバスのような増発はできないので、到着して増える人数の方が多くて2時間待ちだそうです。
 着いてから分かりましたが、阿夫利神社から上は紅葉は過ぎていて、大山寺が見ごろということなので、今回は山頂はあきらめてケーブルカー沿いの女坂から登り、大山寺でゆっくり紅葉見物にします。これだけの人を集めるだけあって、すばらしい大紅葉でした。
 神社や寺の案内は画像からお読みください。大山登頂には見事に敗退しましたので、また機会があれば再挑戦します。

大山寺85

大山寺1 大山寺2 大山寺3 大山寺4 大山寺5 大山寺6 大山寺7 大山寺8 大山寺9 大山寺10 大山寺11 大山寺12 大山寺13 大山寺14 大山寺15 大山寺16 大山寺17 大山寺18 大山寺19 大山寺20 大山寺21 大山寺22 大山寺23 大山寺24 大山寺25 大山寺26 大山寺27 大山寺28 大山寺29 大山寺30 大山寺31 大山寺32 大山寺33 大山寺34 大山寺35 大山寺36 大山寺37 大山寺38 大山寺39 大山寺40 大山寺41 大山寺42 大山寺43 大山寺44 大山寺45 大山寺46 大山寺47 大山寺48 大山寺49 大山寺50 大山寺51 大山寺52 大山寺53 大山寺54 大山寺55 大山寺56 大山寺57 大山寺58 大山寺59 大山寺60 大山寺61 大山寺62 大山寺63 大山寺64 大山寺65 大山寺66 大山寺67 大山寺68 大山寺69 大山寺70 大山寺71 大山寺72
大山寺73 大山寺74 大山寺75 大山寺76 大山寺77 大山寺78 大山寺79 大山寺80 大山寺81 大山寺82 大山寺83 大山寺84
この記事のURL | 神奈川の山 | CM(4) | ▲ top
金時山
- 2015/08/08(Sat) -
2015年5月2日
コース:小田原~仙石原~矢倉沢峠~金時山~公時神社~強羅~箱根登山鉄道~小田原

 この方面の関東百名山は、大野山に登りましたが、富士山が見えなかったので、金時山で再挑戦です。
 小田原から路線バスで箱根に登りました。このコースでの箱根は初めてでしたが、見たことのある景色が続いていて、箱根駅伝のコースと気がつきました。この日も選手がトレーニングで走っていました。車道しかないような狭い道ですが、車もバスも渋滞で止まっているため、それほど危なくないのかもしれません。クルマは次々と選手に追い抜かれました。バスの乗客も選手を応援して、渋滞でも飽きませんでした。
 仙石原から山道に入ると向こうから、毛の長いかわいい子が下りてきたので、アップで1枚撮らせてもらいました。この日は春で少し霞んではいるものの、富士山の全景が雄大です。狭い山頂は大にぎわいでした。
 帰りの箱根登山鉄道は急こう配でスイッチバックもあって乗って楽しいひと時でした。

金時山59

金時山1 金時山2 金時山3 金時山4 金時山5 金時山6 金時山7 金時山8 金時山9 金時山10 金時山11 金時山12 金時山13 金時山14 金時山15 金時山16 金時山17 金時山18 金時山19 金時山20 金時山21 金時山22 金時山23 金時山24 金時山25 金時山26 金時山27 金時山28 金時山29 金時山30 金時山31 金時山32 金時山33 金時山34 金時山35 金時山36 金時山37 金時山38 金時山39 金時山40 金時山41 金時山42 金時山43 金時山44 金時山45 金時山46 金時山47 金時山48 金時山49 金時山50 金時山51 金時山52
金時山53 金時山54 金時山55 金時山56 金時山57 金時山58
この記事のURL | 神奈川の山 | CM(6) | ▲ top
大野山
- 2015/06/25(Thu) -
2015年4月18日
コース:国府津~谷峨~頼朝桜~大野山~洒水の滝~山北

 日和田山、太平山、鐘撞堂山に続く関東百名山第4峰は、神奈川県の大野山です。関東百名山のほかにも、関東の富士見100景になっています。さらに近くにある 洒水の滝 は、日本の滝100選、全国名水百選、かながわ未来遺産100にも選ばれています。麓を含めると「百名○○」が5つも重なるすばらしい名峰です。
 山頂は山桜の季節で、日本の山と花を代表する、富士と桜の景を思いつつ登りましたが、残念ながらこの日は桜しか見られませんでした。
 下山後、滝に寄りました。「洒水(しゃすい)とは、密教用語で清浄を念じてそそぐ香水を指す」そうです。「洒」という字は他では見かけないし、近くに 酒匂川 も流れていることから、今回現地の看板を見るまで、酒水の滝 と思っていました。

大野山91

大野山1 大野山2 大野山3 大野山4 大野山5 大野山6 大野山7 大野山8 大野山9 大野山10 大野山11 大野山12 大野山13 大野山14 大野山15 大野山16 大野山17 大野山18 大野山19 大野山20 大野山21 大野山22 大野山23 大野山24 大野山25 大野山26 大野山27 大野山28 大野山29 大野山30 大野山31 大野山32 大野山33 大野山34 大野山35 大野山36 大野山37 大野山38 大野山39 大野山40 大野山41 大野山42 大野山43 大野山44 大野山45 大野山46 大野山47 大野山48 大野山49 大野山50 大野山51 大野山52 大野山53 大野山54 大野山55 大野山56 大野山57 大野山58 大野山59 大野山60 大野山61 大野山62 大野山63 大野山64 大野山65 大野山66 大野山67 大野山68 大野山69 大野山70 大野山71 大野山72 大野山73 大野山74 大野山75 大野山76 大野山77 大野山78 大野山79 大野山80 大野山81 大野山82 大野山83 大野山84 大野山85 大野山86 大野山87 大野山88 大野山89 大野山90
この記事のURL | 神奈川の山 | CM(2) | ▲ top
源氏山
- 2014/05/09(Fri) -
2014年3月22日
コース:藤沢~ジョリーシャポー~江の島~極楽寺~大仏坂切通し~銭洗弁財天~源氏山~北鎌倉

 今回はほとんど観光旅行です。旅は藤沢駅からから始まります。東海道線沿線には多くの雄都があります。その中で、政令指定大都市県都の横浜・静岡129キロ間で、最大の都市が藤沢です。管理人は今までに藤沢ではJRと江ノ電を乗り換えただけでして、駅や駅前を初めて歩きました。
 降車したホームにある湘南型のキヨスクがヘッドライトもついてそっくりでした。これまでの記事内で、宇都宮、郡山、仙台、山形の駅や駅前を紹介してきました。地方の中心都市は道路も広く整備されていますが、首都圏の藤沢は、街が整備される前に急激に発展したかのようです。
 駅の北口はデッキというよりも2階建てのテラスになっていて、これは新宿駅西口に似ています。駅の南口ロータリーからそれほど広くはない道路を見ると、ビルが密集して林立していて、こちらは新宿駅東口のようでした。

 藤沢に降りたのは、駅が目的ではありません。いつかは行こうと思い続けていたレストラン・ジョリーシャポーを、ついに訪ねられました。俳優の森次晃嗣氏のお店です。世の中に有名人芸能人のお店はいくつかありますが、本人に行きあえることはあまりないでしょう。ところがここは、森次氏本人調理の料理が食べられるのです。
 数多の映画やテレビに出演している森次氏ですが、なんといっても、ウルトラセブンのモロボシダンでしょう。昔むかし、管理人は小学生の時に、ウルトラセブンを見ていました。開店前の待ち時間ひと時には、居あわせたウルトラシリーズのファンともなつかしい話ができました。
 店内は多くのセブンの他に、エレキングやメトロン星人、ポインター号も置かれています。隣のテーブルの家族は子供が描いたセブンの絵を森次氏に手渡すと、すぐに店内に張り出してもらって感激していました。 
 ダンのハヤシライスもピザもリーズナブルでおいしくて、最後に森次氏と、ウルトラセブンを見ていたことも話して、記念写真もいっしょに撮ってもらい、一生忘れられないランチになりました。お店についてはジョリーシャポーのホームページをごらんください。

 午後は本日のメインイベント、鎌倉のハイキングです。江の島で小田急から江ノ電に乗り換えて、極楽寺からハイキングコースに入りました。コース前半は、大仏坂切通しなどのアップダウンがあります。やがては海も眺められる快適な道になりました。
 銭洗弁財天は、お金を洗って増やそうと、ざるを持って順番待ちの長蛇の列ができていました。気持はとってもよくわかりますが・・・時間がないのですぐに次に向かいました。
 源氏山の由来は、源頼朝・義家の父子が奥州遠征の際に、この山の頂に白い旗を立てて戦勝祈願をしたことによるとも、代々源氏の屋敷があったことに由来するとも言われています。源頼朝像に対面しました。鎌倉幕府というよりは、結果として以後700年近く続く武士による幕府政治を創始した、ウルトラセブン以上のスーパースターです。
 葛原岡神社前は、椿が満開でした。落花しやすい木ですので、これだけたくさんの花がついているのは初めてです。さだまさしの「縁切寺」に歌われている「・・・源氏山から北鎌倉へ・・・」のコースをたどり、帰路につきました。

源氏山47

源氏山1 源氏山2 源氏山3 源氏山4 源氏山5 源氏山6 源氏山7 源氏山8 源氏山9 源氏山10 源氏山11 源氏山12 源氏山13 源氏山14 源氏山15 源氏山16 源氏山17 源氏山18 源氏山19 源氏山20 源氏山21 源氏山22 源氏山23 源氏山24 源氏山25 源氏山26 源氏山27 源氏山28 源氏山29 源氏山30 源氏山31 源氏山32 源氏山33 源氏山34 源氏山35 源氏山36 源氏山37 源氏山38 源氏山39 源氏山40
源氏山41 源氏山42 源氏山43 源氏山44 源氏山45 源氏山46
この記事のURL | 神奈川の山 | CM(2) | ▲ top
幕山
- 2014/04/08(Tue) -
2014年3月8日
コース:湯河原~幕山公園~湯河原梅林~幕岩~幕山往復

 花の百名山にして関東百名山というすばらしい名峰の 幕山 に出かけました。関東ということでは、東海道線沿線でガイドブックに載るような山では関東西端の山でもあります。山頂からは太平洋に向かって伸びる真鶴岬や、湯河原梅林も満開で、登山、眺望、花といずれもすばらしい名山でした。
 それにもまして、間近で見るクライミングが一番おもしろい所でした。幕岩には、「ビレイ」(墜落しないように確保すること) などの声が飛び交っています。実際にはクライマー同士のジョークのようなかけ合いもあって、楽しいやりとりがされていました。
 幕山周辺の案内を関係サイトから引用します。

「 幕山は変化に富んだ景色が、歩くペースにはずみをつけるコースです。ヤマメ・マス釣場がある新崎川の清流に沿って歩き、幕山の大岩壁へ。海抜626mの山頂からは、相模湾の見事な展望が楽しめます。
 山頂に広がる草原は、野生の花の宝庫です。開放感いっぱいの景色と、四季の草原風景を楽しみながら歩きましょう。」
湯河原温泉観光協会より

「 幕山はクライミングの格好の地として知られているが、実は梅林としても有名。3月になると紅・白・白紅が混ざり合った4000本の梅の花が山すそを彩り、壮観。
 特に、登山道を少し歩いた辺りにある老成した太い木々は、枝ぶりがいいので足を運ぶ価値がありおすすめ。梅の宴のときは臨時バスが出る。隠れた梅の名所幕山は3月がベスト」
じゃらんより

幕山95

幕山1 幕山2 幕山3 幕山4 幕山5 幕山6 幕山7 幕山8 幕山9 幕山10 幕山11 幕山12 幕山13 幕山14 幕山15 幕山16 幕山17 幕山18 幕山19 幕山20 幕山21 幕山22 幕山23 幕山24 幕山25 幕山26 幕山27 幕山28 幕山29 幕山30 幕山31 幕山32 幕山33 幕山34 幕山35 幕山36 幕山37 幕山38 幕山39 幕山40 幕山41 幕山42 幕山43 幕山44 幕山45 幕山46 幕山47 幕山48 幕山49 幕山50 幕山51 幕山52 幕山53 幕山54 幕山55 幕山56 幕山57 幕山58 幕山59 幕山60 幕山61 幕山62 幕山63 幕山64 幕山65 幕山66 幕山67 幕山68 幕山69 幕山70 幕山71 幕山72 幕山73 幕山74 幕山75 幕山76 幕山77 幕山78 幕山79 幕山80 幕山81 幕山82 幕山83 幕山84 幕山85 幕山86 幕山87 幕山88
幕山89 幕山90 幕山91 幕山92 幕山93 幕山94
この記事のURL | 神奈川の山 | CM(2) | ▲ top
| メイン |