2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
角館
- 2015/01/31(Sat) -
1999年4月28日~29日

コース:角館~田沢湖~スイス村~乳頭温泉鶴の湯~黒湯温泉~孫六温泉~草彅家住宅

 岩殿山の後はどこにも出かけていませんので フィルム倉庫の在庫整理をします。

 東北地方日本海側を青森と山形に続いて秋田も訪ねました。角館は街と川沿い全体が桜に埋まるようです。枝垂れ桜が葉桜気味で、少々遅かったです。この当時は田沢湖畔に田沢湖スイス村がありました。2003年に閉鎖されています。
 この時は、人気の秘湯・鶴の湯に泊まることが一番の目的でした。300年前のかやぶき建物本陣が残り、水車もまわる、昔に戻れたかのような一晩でした。翌日は黒湯、孫六と乳頭温泉郷めぐりをして帰りました。

 鶴の湯公式サイトを編集引用します。
「鶴の湯温泉は乳頭山(1478m)の麓の乳頭温泉郷(にゅうとうおんせんきょう)の八軒のうちの一軒で同温泉郷の中でも最も古くからある温泉宿です。
 古くは寛永15年(1638年)に二代目秋田藩主 佐竹義隆が、寛文1年(1661年)に亀田岩城玄蕃が鶴の湯に湯治に訪れたといわれています。一般客相手の湯宿としての記録は元禄時代(1688~1704年)から残っています。鶴の湯の名前の由来は地元の猟師.勘助が猟の際に傷ついた鶴が湯で傷を癒すのを見つけた事がそのまま鶴の湯の名に残ったのだといいます。
 茅葺き屋根の本陣は二代目秋田藩主 佐竹義隆公が湯治に訪れた際に警護の者が詰めた建物として今では鶴の湯を代表する建物となっています。茅葺きは約6年ごとに葺き替え(ふきかえ)という作業をします 生保内下高野地区からススキを刈り 一冬越してから神代梅沢地区の茅手(かやで)と言われる職人が昔ながらの作業をします。
 また鶴の湯の半径50m以内に泉質の異なる4つの源泉が湧いています。それぞれ 白湯 黒湯 中の湯 滝の湯と源泉名がついていますが同じ敷地から効能、泉質共に異なる4つの温泉が湧く珍しい温泉場です」


角館1 角館2 角館3 角館4 角館5 角館6 角館7 角館8 角館9 角館10 角館11 角館12 角館13 角館14 角館15 角館16 角館17 角館18 角館19 角館20 角館21 角館22 角館23 角館24 角館25 角館26 角館27 角館28 角館29 角館30 角館31 角館32 角館33 角館34 角館35 角館36 角館37 角館38 角館39 角館40 角館41 角館42 角館43 角館44 角館45 角館46 角館47 角館48 角館49 角館50 角館51 角館52 角館53 角館54 角館55 角館56 角館57 角館58 角館59 角館60 角館61 角館62 角館63 角館64 角館65 角館66 角館67 角館68 角館69 角館70 角館71 角館72 角館73 角館74 角館75 角館76 角館77 角館78 角館79 角館80
角館81 角館82 角館83 角館84 角館85 角館86 角館87 角館88 角館89 角館90 角館91 角館92
この記事のURL | 秋田の山 | CM(2) | ▲ top
八幡平・頂上編
- 2013/11/07(Thu) -
2013年8月7日
コース:大沼~アスピーテライン~県境~鏡沼~めがね沼~八幡平頂上

 花の百名山の3峰目は八幡平です。秋田駒、森吉山と日本二百名山が続きましたが、今回は日本百名山でもあります。
 道中、大沼にも寄りながら、ひたすらスカイラインを駆け上り、県境も突破して、立ちはだかる火口湖も巻いて、最後は山頂にアタックしてついに百名山に登頂成功・・・・・
 というほどのものではなくて、深田久弥先生の時代はともかく、アスピーテラインが開通した今では誰でも登れます。百名山の中でも一番楽に山頂に立てるのではないでしょうか。
 八幡平の解説は、ヤマケイオンラインが山名の由来にも触れていて、いちばん興味深かったので引用します。

「 山頂は八幡平市の南西端に位置する。山名は坂上田村麻呂や八幡太郎義家の命名説が有力。別にミズゴケの堆積した軟らかい湿原を「やわた」と呼び習わし、後世それに当て字をしたとの説もある。
 オオシラビソの樹海の中にミツガシワの咲く池塘が点在する広大な湿原がこの山群の特徴である。湿原にはイワイチョウ、ニッコウキスゲ、コバイケイソウが咲き、ワタスゲの綿毛が揺れる。高層湿原に固有な黒味を帯びたカオジロトンボもいる。
 この特異な風景を見渡せる展望台は山頂、源太森、茶臼岳である。盛土をしてある山頂にはバス停留所から舗装道をハイヒールでも30分で行ける。また、3つの展望台を結ぶコースは盛岡駅発八幡平頂上行のバスで松尾鉱山跡を通り茶臼口で下車し、登りだす。
 茶臼岳山頂からはオオシラビソの樹海と西側に熊沼が見える。その先は畚岳(もつこだけ)、右手が八幡平頂上だ。畚岳の左手には大深岳、三ツ石山、姥倉山、岩手山と、裏岩手縦走路が一望できる。その先の源太森からは八幡沼が見渡せる。このコースは山頂まで2時間30分。
 すぐ下の藤七温泉か、県境を越えて秋田の後生掛温泉に下れば温泉も楽しめる。 」

 頂上はそれほどの展望もなくて、しかも整備工事中の資材が置かれていて雰囲気もイマイチでした。八幡平核心部の沼や湿原は後編で送ります。

頂上編53

頂上編1 頂上編2 頂上編3 頂上編4 頂上編5 頂上編6 頂上編7 頂上編8 頂上編9 頂上編10 頂上編11 頂上編12 頂上編13 頂上編14 頂上編15 頂上編16 頂上編17 頂上編18 頂上編19 頂上編20 頂上編21 頂上編22 頂上編23 頂上編24 頂上編25 頂上編26 頂上編27 頂上編28 頂上編29 頂上編30 頂上編31 頂上編32 頂上編33 頂上編34 頂上編35 頂上編36 頂上編37 頂上編38 頂上編39 頂上編40 頂上編41 頂上編42 頂上編43 頂上編44 頂上編45 頂上編46 頂上編47 頂上編48 頂上編49 頂上編50 頂上編51 頂上編52
この記事のURL | 秋田の山 | CM(0) | ▲ top
ゆきの小舎
- 2013/11/04(Mon) -
2013年8月3日~7日
写真:ゆきの小舎(こや)~後生掛温泉~玉川温泉

 今回の山旅中、荒天で登山ができない時はどうしようかと、行動計画の裏メニューを考えていました。この辺りは、名峰秘峰 はもとより、名湯秘湯 の宝庫でもあります。名峰めぐり ができないならば 次の策として 名湯めぐり をしようかと、ちょっと楽しみにしていました。
 ところが幸か不幸か、とてもラッキーなことに、出発と同時に東北地方は遅い梅雨明けを迎え、荒天 どころか 好天 に恵まれて、昼間からの温泉三昧をしている間はありませんでした。でもせっかくですから、焼山の両側にある日本百名湯の、玉川温泉と後生掛温泉には山歩きの後、寄ってきました。

 玉川温泉は、「大噴」(おおぶけ)と呼ばれる湧出口から、塩酸を主成分とするPH1.05(日本で一番PHの数値が低い)の強酸性泉が毎分9,000リットル湧出します。単一の湧出口からの湧出量としては日本一。源泉100%の湯船もありますが、きついので、多くは源泉50%に調整されています。
 玉川温泉が泉量・泉質自体に特徴があるのに対して、後生掛温泉は、「馬で来て足駄で帰る後生掛」と言われるほど 効能 の素晴らしさがあります。玉川温泉よりさらに湯治場らしい雰囲気がありました。どちらの温泉にもあった、木製の箱の中に頭だけ出して入り、蒸気で温まる 箱蒸し風呂 が効き目がありそうでした。

 旅の宿は、八幡平の麓、大自然に囲まれた1軒宿 ゆきの小舎 に、お世話になりました。奥さんの ゆきさん と、ご主人の いくおさん が、営んでいます。ご夫婦とお客さんみんなが一緒になって、団らん、語らいの場になるアットホームな宿です。
 食事は、自然農の自家菜園から採れる野菜や、八幡平の自然の恵み、山菜やきのこなどの旬の食材を生かしたゆきさん手づくりの料理です。
 ご主人のいくおさんは宿経営の傍ら、自作の陶芸窯(一光窯)で 上津野焼 を製作する陶芸家でもあります。この地は、現在は 秋田県鹿角(かづの)市 ですが、上津野(かづの)とは、平安時代の史書に表れる鹿角地方の古名です。上津野焼の伝統を現在に伝える、一すじの光明となっている窯元です。宿にはたくさんの作品が飾られていて、周囲の自然や花々とともに目の保養もできました。
 詳しくはホームページをごらんください。旅の思い出深い所になりました。

 ここまでは、ゆきの小舎をベースキャンプとして、
南へ向かって 秋田駒ヶ岳
南から西へまわった 森吉山
北から西へまわった 小又峡
と訪ねましたが、花の百名山めぐり後半の次回からは、東へ向かいます。

ゆきの小舎25

ゆきの小舎1 ゆきの小舎2 ゆきの小舎3 ゆきの小舎4 ゆきの小舎5 ゆきの小舎6 ゆきの小舎7 ゆきの小舎8 ゆきの小舎9 ゆきの小舎10 ゆきの小舎11 ゆきの小舎12 ゆきの小舎13 ゆきの小舎14 ゆきの小舎15 ゆきの小舎16 ゆきの小舎17 ゆきの小舎18 ゆきの小舎19 ゆきの小舎20 ゆきの小舎21 ゆきの小舎22 ゆきの小舎23 ゆきの小舎24
この記事のURL | 秋田の山 | CM(0) | ▲ top
小又峡
- 2013/10/28(Mon) -
2013年8月6日
コース:鹿角~大葛温泉~太平湖~小又峡~三階滝往復

 奥羽山脈の西側には、山域が丸くて広くて山様がゆったりしている独立峰が多いですね。岩木山、鳥海山、月山などがそうですが、山脈から少し外れた森吉山もそのとおりです。森吉山は、頂、峰、稜、尾根、ピーク というよりも、台、原、平 という文字の方が当てはまるような山様です。
 そのためか、刻まれた渓谷も、人を寄せつけない深くて険しいV字谷 というほどではなくて、コースを作ってもらえれば、トレッキングするのが楽しくなるような、美しい名渓がたくさんあります。森吉山の帰りに南側の 中の又渓谷 へまわりました。そこには、日本の滝百選 の、第2位に選ばれた、安ノ滝 が流れています。ですが、途中の林道が工事中の通行止めで、行けませんでした。
 そこで、この日は森吉山北側の名渓 小又峡 へ向かいました。道中も緑が大変美しい林道でした。太平湖を船で渡って、対岸の渓谷歩きをするという、珍しいおもしろい所です。地図で見る太平湖は、形が 龍 に似ています。龍の肩の辺りから、手の爪先へと船で渡ります。
 いくつかの滝や渕を楽しみながら、遊歩道終点の 三階滝 が見えてきます。袋田の滝にも似た堂々とした主瀑には感動がありました。同船したツアーの年配者の方は、合掌する人もいました。

太平湖と小又峡について、あきた北ナビ の案内です。写真の案内板の説明も合わせてごらんください。

 太平湖は、森吉ダムの完成によってできた周囲30km、面積195ha、深さ58mの人造湖です。湖には大小13の渓谷渓流が注ぎ、サクラマス、イワナ、コイ、ワカザギ等が多く生息し、渓谷の探勝や釣り人でにぎわいます。6月1日の湖水開きから遊覧船が運航し、新緑から10月の紅葉シーズンまで秘境小又峡へご案内します。
 小又峡は、森吉山東麓のノロ川原生林を源として大小100余りの瀑布、おう穴、深渕からなる原生峡で、県の名勝天然記念物に指定されています。太平湖遊覧船に30分乗船すると小又峡船着場に到着します。小又峡船着場からは1.8キロメートルの遊歩道が整備されており、横滝・曲滝・ガマ淵・三角滝・穴滝・化ノ淵・化ノ滝・化ノ堰・化ノ穴滝と個性あふれる滝が続き、遊歩道の終点に高さ20m迫力満点の「三階滝」が現れます。

小又峡83

小又峡1 小又峡2 小又峡3 小又峡4 小又峡5 小又峡6 小又峡7 小又峡8 小又峡9 小又峡10 小又峡11 小又峡12 小又峡13 小又峡14 小又峡15 小又峡16 小又峡17 小又峡18 小又峡19 小又峡20 小又峡21 小又峡22 小又峡23 小又峡24 小又峡25 小又峡26 小又峡27 小又峡28 小又峡29 小又峡30 小又峡31 小又峡32 小又峡33 小又峡34 小又峡35 小又峡36 小又峡37 小又峡38 小又峡39 小又峡40 小又峡41 小又峡42 小又峡43 小又峡44 小又峡45 小又峡46 小又峡47 小又峡48 小又峡49 小又峡50 小又峡51 小又峡52 小又峡53 小又峡54 小又峡55 小又峡56 小又峡57 小又峡58 小又峡59 小又峡60 小又峡61 小又峡62 小又峡63 小又峡64 小又峡65 小又峡66 小又峡67 小又峡68 小又峡69 小又峡70 小又峡71 小又峡72 小又峡73 小又峡74 小又峡75 小又峡76
小又峡77 小又峡78 小又峡79 小又峡80 小又峡81 小又峡82
この記事のURL | 秋田の山 | CM(0) | ▲ top
森吉山
- 2013/10/19(Sat) -
2013年8月5日
コース:阿仁ゴンドラ~石森~稚児平~森吉山~山人平往復

 花の百名山の2峰目は、森吉山 です。ゴンドラを使って山人平を往復しました。ニッコウキスゲの季節でした。

 ウィキペディアを編集して紹介します。

 森吉山(もりよしざん)は、秋田県北秋田市に位置する標高1,454.2mの古い火山である。高山帯では多くの高山植物が咲乱れるため「花の百名山」に選ばれている。向岳(むかいだけ)、秋田山(あきたやま)ともいう。
 日本百名山には選ばれていないが、『日本百名山』の後記には「森吉山、姫神山、船形山など、いい山ではあるが少し背が足りない」と書かれている。日本百名山は標高1500m以上の山を選んだものであるが、森吉山は46mほど不足している。
 初めの噴火で外輪山の一ノ腰、前岳、石森等ができ、2度目の噴火で向岳(森吉山)ができたとされている。噴火の歴史的記録はない。
 地元の人からは「秋田山」と呼ばれるほど馴染み深い山である。江戸時代の北前船は森吉山を見て、方向を知ったとも言われている。また、山頂稜線の一ノ腰、前岳、石森等は残雪時には乳牛の斑点を思わせる模様ができ「マダラベコ」(ベコは方言で「牛」)といわれる。
 森吉山の北面は黒森という鬱蒼とした原生林で覆われている。東側には美しいお花畑が広がる山人平(やまひとだいら)がある。ここには、山人と言われる巨人が住んでいたという伝説が残されている。山人平の湿原は高山植物の宝庫となっている。

森吉山91

森吉山1 森吉山2 森吉山3 森吉山4 森吉山5 森吉山6 森吉山7 森吉山8 森吉山9 森吉山10 森吉山11 森吉山12 森吉山13 森吉山14 森吉山15 森吉山16 森吉山17 森吉山18 森吉山19 森吉山20 森吉山21 森吉山22 森吉山23 森吉山24 森吉山25 森吉山26 森吉山27 森吉山28 森吉山29 森吉山30 森吉山31 森吉山32 森吉山33 森吉山34 森吉山35 森吉山36 森吉山37 森吉山38 森吉山39 森吉山40 森吉山41 森吉山42 森吉山43 森吉山44 森吉山45 森吉山46 森吉山47 森吉山48 森吉山49 森吉山50 森吉山51 森吉山52 森吉山53 森吉山54 森吉山55 森吉山56 森吉山57 森吉山58 森吉山59 森吉山60 森吉山61 森吉山62 森吉山63 森吉山64 森吉山65 森吉山66 森吉山67 森吉山68 森吉山69 森吉山70 森吉山71 森吉山72 森吉山73 森吉山74 森吉山75 森吉山76 森吉山77 森吉山78 森吉山79 森吉山80 森吉山81 森吉山82 森吉山83 森吉山84
森吉山85 森吉山86 森吉山87 森吉山88 森吉山89
この記事のURL | 秋田の山 | CM(0) | ▲ top
秋田駒ヶ岳・ムーミン谷編
- 2013/10/13(Sun) -
2013年8月4日
コース:男女岳~浄土平~阿弥陀池~馬の背~女岳鞍部~駒池~ムーミン谷~大焼砂往復~八合目

 秋田駒ヶ岳は峰や尾根よりもむしろ間の谷や湿原により大きな魅力があります。今回、ほかの山よりも真っ先に秋田駒に来たのは、チングルマの大群落が目的でした。出発できたのが8月に入ってからなので半分あきらめていました。例年では7月いっぱいくらいまでですが、今年は雪が深くて、8月のこの日も花びらが残る最後のワンチャンスでした。いちばん見たかったこの景色を見られただけで、ここまで来たかいがありました。
 登山者はみんなそう呼んでいる ムーミン谷 は、地図に載っている 馬場の小路 が正式なようです。今から30年前、秋田駒をパトロールしていた学生が、当時の人気アニメの ムーミン が住む谷に似ていたので、そう呼び始めて広まったらしいです。
 高山植物が豊富な理由の一つとしては、山がひとつの峰や、1本の稜線で直列しているのではなくて、峰々がほどよく円陣になっているからだそうです。そのため、峰の間の湿原は風は防がれて雪は溜まり水分が豊富なため、お花畑の発達に適していました。サムネイルの前半は浄土平、後半はムーミン谷です。

 今回は単独行で来ています。コースのたくさんあるこの山は、どのように巡るのがいいのかと、歩きはじめて迷うところがありました。そんな時に、地元からの人に声をかけられてよいコースを教えてもらい、ならばとそのまま同行して、バリエーションルートの、田沢湖の見えるポイントへも案内してもらえました。おかげさまでひとりでは思いもよらない所を見られて写真にも収められました。
 旅先で受ける親切のうれしさは チングルマの大群落とともに、秋田駒ヶ岳の思い出になっています。

ムーミン谷133

ムーミン谷1 ムーミン谷2 ムーミン谷3 ムーミン谷4 ムーミン谷5 ムーミン谷6 ムーミン谷7 ムーミン谷8 ムーミン谷9 ムーミン谷10 ムーミン谷11 ムーミン谷12 ムーミン谷13 ムーミン谷14 ムーミン谷15 ムーミン谷16 ムーミン谷17 ムーミン谷18 ムーミン谷19 ムーミン谷20 ムーミン谷21 ムーミン谷22 ムーミン谷23 ムーミン谷24 ムーミン谷25 ムーミン谷26 ムーミン谷27 ムーミン谷28 ムーミン谷29 ムーミン谷30 ムーミン谷31 ムーミン谷32 ムーミン谷33 ムーミン谷34 ムーミン谷35 ムーミン谷36 ムーミン谷37 ムーミン谷38 ムーミン谷39 ムーミン谷40 ムーミン谷41 ムーミン谷42 ムーミン谷43 ムーミン谷44 ムーミン谷45 ムーミン谷46 ムーミン谷47 ムーミン谷48 ムーミン谷49 ムーミン谷50 ムーミン谷51 ムーミン谷52 ムーミン谷53 ムーミン谷54 ムーミン谷55 ムーミン谷56 ムーミン谷57 ムーミン谷58 ムーミン谷59 ムーミン谷60 ムーミン谷61 ムーミン谷62 ムーミン谷63 ムーミン谷64 ムーミン谷65 ムーミン谷66 ムーミン谷67 ムーミン谷68 ムーミン谷69 ムーミン谷70 ムーミン谷71 ムーミン谷72 ムーミン谷73 ムーミン谷74 ムーミン谷75 ムーミン谷76 ムーミン谷77 ムーミン谷78 ムーミン谷79 ムーミン谷80 ムーミン谷81 ムーミン谷82 ムーミン谷83 ムーミン谷84 ムーミン谷85 ムーミン谷86 ムーミン谷87 ムーミン谷88 ムーミン谷89 ムーミン谷90 ムーミン谷91 ムーミン谷92 ムーミン谷93 ムーミン谷94 ムーミン谷95 ムーミン谷96 ムーミン谷97 ムーミン谷98 ムーミン谷99 ムーミン谷100 ムーミン谷101 ムーミン谷102 ムーミン谷103 ムーミン谷104 ムーミン谷105 ムーミン谷106 ムーミン谷107 ムーミン谷108 ムーミン谷109 ムーミン谷110 ムーミン谷111 ムーミン谷112 ムーミン谷113 ムーミン谷114 ムーミン谷115 ムーミン谷116 ムーミン谷117 ムーミン谷118 ムーミン谷119 ムーミン谷120 ムーミン谷121 ムーミン谷122 ムーミン谷123 ムーミン谷124 ムーミン谷125 ムーミン谷126 ムーミン谷127 ムーミン谷128 ムーミン谷129 ムーミン谷130 ムーミン谷131 ムーミン谷132
この記事のURL | 秋田の山 | CM(0) | ▲ top
秋田駒ヶ岳・男女岳編
- 2013/10/07(Mon) -
2013年8月4日
コース:田沢湖高原~アルパこまくさ~八合目~片倉岳展望台~男岳~阿弥陀池~男女岳

 花の百名山めぐりの一つ目は 秋田駒ヶ岳 です。今回の山旅では一番行きたかった所です。

 ヤマケイオンラインなどをまとめた秋田駒ヶ岳のあらましです。
「駒ヶ岳は、秋田県第一の高峰である(最高地点は鳥海山山腹)。本峰の男岳(おだけ、1,623m)や火口丘の女岳(めだけ、1,512m)、寄生火山の男女岳(おなめだけ、女目岳とも書く、1,637m)からなる。
 山越えの途中で倒れて死んだ馬にちなむ伝承もあり、駒ヶ岳の名で呼ばれるようになった。各地の駒ヶ岳と区別するために秋田駒ヶ岳と呼ばれている。近隣では愛称をこめた短縮形で 秋田駒 とも呼ばれる。
 十和田八幡平国立公園南端の名山で、素晴しい眺望と、北日本一といわれる数百種の高山植物の宝庫です。」

 この日は空もよく澄み渡り、足もとの田沢湖から周りの山並みも見渡せ、雲海の向こうには鳥海山も頭を出しました。眺めも山も花も美しい1日でした。

 峰々の間に花が咲き、池が点在する風景はどこかに似ているな~ と思いつつ歩いていて、白山 と、思い当たりました。どちらも国立公園内の花の名山で、白山・弥陀ヶ原に対して、秋田駒・阿弥陀池もあります。
 標高についても似ているところがありました。山域内の最高峰と次峰は、白山は御前峰と大汝峰、秋田駒は男女岳と男岳 で、池をはさんで向かい合い、標高差はどちらもわずか10数mと並立していること。
 また、広い周囲には、3~500m高い高峰群がどちらもあります。白山では三大アルプス。秋田駒では鳥海山、岩手山、早池峰山が上げられます。
 北東北における秋田駒ヶ岳は、中部山岳における白山と、言えるでしょうか。

 また少し違う視点から見ると、秋田駒ヶ岳は、中部山岳や日本三名山の縮図になっているとも思えます。
 いちばん高くて形も整って美しいので 男女岳 が、富士山でしょう。男岳・横岳・焼森の稜線は、アルプスや八ヶ岳を一つにまとめたようです。横岳は八ヶ岳そのままですし、イメージ的には焼森は焼岳、男岳は男や雄ということで、立山雄山でしょうか。位置としてもアルプス群をはさんで富士山と対称の位置にある白山は女神山でもあり、女岳でしょう。男女岳・男岳・女岳は、富士山・立山・白山の日本三名山に、秋田駒ヶ岳一山で例えられるのではと思いました。

 ただ、三名山は霊峰で神さまの世界であるのに対して、富士山より2000m、白山より1000m以上低くて、人間界に近い秋田駒ヶ岳はずっと人間くさくなっているようです。ここでは男岳と女岳が正式な夫婦で、男女岳は女目岳で、女目とはお妾さんのことだそうです。背も高くて見目麗しい男女岳に、男岳が目移りして、正妻の女岳は怒って、時々噴火するとかです。最近では1970年に噴火しています。

 秋田駒ヶ岳は後編に続きます。

男女岳125

男女岳1 男女岳2 男女岳3 男女岳4 男女岳5 男女岳6 男女岳7 男女岳8 男女岳9 男女岳10 男女岳11 男女岳12 男女岳13 男女岳14 男女岳15 男女岳16 男女岳17 男女岳18 男女岳19 男女岳20 男女岳21 男女岳22 男女岳23 男女岳24 男女岳25 男女岳26 男女岳27 男女岳28 男女岳29 男女岳30 男女岳31 男女岳32 男女岳33 男女岳34 男女岳35 男女岳36 男女岳37 男女岳38 男女岳39 男女岳40 男女岳41 男女岳42 男女岳43 男女岳44 男女岳45 男女岳46 男女岳47 男女岳48 男女岳49 男女岳50 男女岳51 男女岳52 男女岳53 男女岳54 男女岳55 男女岳56 男女岳57 男女岳58 男女岳59 男女岳60 男女岳61 男女岳62 男女岳63 男女岳64 男女岳65 男女岳66 男女岳67 男女岳68 男女岳69 男女岳70 男女岳71 男女岳72 男女岳73 男女岳74 男女岳75 男女岳76 男女岳77 男女岳78 男女岳79 男女岳80 男女岳81 男女岳82 男女岳83 男女岳84 男女岳85 男女岳86 男女岳87 男女岳88 男女岳89 男女岳90 男女岳91 男女岳92 男女岳93 男女岳94 男女岳95 男女岳96 男女岳97 男女岳98 男女岳99 男女岳100 男女岳101 男女岳102 男女岳103 男女岳104 男女岳105 男女岳106 男女岳107 男女岳108 男女岳109 男女岳110 男女岳111 男女岳112 男女岳113 男女岳114 男女岳115 男女岳116 男女岳117 男女岳118 男女岳119 男女岳120 男女岳121 男女岳122 男女岳123 男女岳124
この記事のURL | 秋田の山 | CM(4) | ▲ top
| メイン |