FC2ブログ
2019 11 ≪  12月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2020 01
小幡陣屋楽山園
- 2019/12/09(Mon) -
2019年11月16日
コース:富岡~甘楽町~紅葉山公園~福厳寺~中小路~楽山園~麻場城

 紅葉山の季節に合わせて群馬県甘楽町の名所を訪ねました。山麓の福厳寺はお地蔵さまに後光がさしていました。甘楽町小幡は、江戸時代には織田信長の次男、信雄の城下町でした。小幡陣屋には織田宗家の格式もあって、大名庭園が築かれ、「仁者ハ山ヲ楽シム」という論語から、楽山園 と名づけられました。
 甘楽町には小幡の東に、白倉地域があります。この地の豪族、白倉氏が鎌倉時代から300年以上にわたり、室町期からは麻場城を居城としていました。戦国末期は北条氏に従っていたため、小田原征伐では、前田氏など名だたる北国軍に攻められて、ついには落城してしまいました。

楽山園121

紅葉山公園~福厳寺
楽山園1 楽山園2 楽山園3 楽山園4 楽山園5 楽山園6 楽山園7 楽山園8 楽山園9 楽山園10 楽山園11 楽山園12 楽山園13 楽山園14 楽山園15 楽山園16 楽山園17 楽山園18 楽山園19 楽山園20 楽山園21 楽山園22 楽山園23 楽山園24 楽山園25 楽山園26 楽山園27 楽山園28 楽山園29 楽山園30 楽山園31 楽山園32

中小路~楽山園
楽山園33 楽山園34 楽山園35 楽山園36 楽山園37 楽山園38 楽山園39 楽山園40 楽山園41 楽山園42 楽山園43 楽山園44 楽山園45 楽山園46 楽山園47 楽山園48 楽山園49 楽山園50 楽山園51 楽山園52 楽山園53 楽山園54 楽山園55 楽山園56 楽山園57 楽山園58 楽山園59 楽山園60 楽山園61 楽山園62 楽山園63 楽山園64 楽山園65 楽山園66 楽山園67 楽山園68 楽山園69 楽山園70 楽山園71 楽山園72 楽山園73 楽山園74 楽山園75 楽山園76 楽山園77 楽山園78 楽山園79 楽山園80 楽山園81 楽山園82 楽山園83 楽山園84 楽山園85 楽山園86 楽山園87 楽山園88 楽山園89 楽山園90 楽山園91 楽山園92

麻場城
楽山園93 楽山園94 楽山園95 楽山園96 楽山園97 楽山園98 楽山園99 楽山園100 楽山園101 楽山園102 楽山園103 楽山園104 楽山園105 楽山園106 楽山園107 楽山園108 楽山園109 楽山園110 楽山園111 楽山園112 楽山園113 楽山園114 楽山園115 楽山園116 楽山園117 楽山園118 楽山園119 楽山園120
この記事のURL | 群馬の山 | CM(2) | ▲ top
箕輪城
- 2019/12/06(Fri) -
2019年11月13日
コース:高崎~箕郷~下田邸~箕輪城~榛名湖

 国史跡にして日本百名城の箕輪城です。戦国末期に徳川家康が関東に入封した際に、井伊直政に箕輪城は与えられました。その後、井伊氏は高崎城に移りさらには彦根城に転封となりました。今年は彦根城に登城してきましたので、井伊氏の足跡を逆にたどっての箕輪城でした。
 箕輪城の歴史は、井伊氏以前の長野氏の時代にドラマがありました。一説には長野氏の本姓は在原氏で、在原業平が関東に下向したことが始まりとも言われています。関東管領上杉氏家中で台頭し、戦国期には、長野業正は北条氏に追われた上杉氏の後の西上州をよく守っていました。その後、信州側から侵攻した武田信玄を何度か撃退しましたが、業正の子、業盛の代になると武田側の大軍によりついには落城自害して、悲劇の城となりました。
 長野氏の重臣、下田氏の子孫が土着して、代官として居を構えた下田邸も訪ねました。登城の後は、榛名湖へ登り帰りました。

箕輪城101

箕輪城1 箕輪城2 箕輪城3 箕輪城4 箕輪城5 箕輪城6 箕輪城7 箕輪城8 箕輪城9 箕輪城10 箕輪城11 箕輪城12 箕輪城13 箕輪城14 箕輪城15 箕輪城16 箕輪城17 箕輪城18 箕輪城19 箕輪城20 箕輪城21 箕輪城22 箕輪城23 箕輪城24 箕輪城25 箕輪城26 箕輪城27 箕輪城28 箕輪城29 箕輪城30 箕輪城31 箕輪城32 箕輪城33 箕輪城34 箕輪城35 箕輪城36 箕輪城37 箕輪城38 箕輪城39 箕輪城40 箕輪城41 箕輪城42 箕輪城43 箕輪城44 箕輪城45 箕輪城46 箕輪城47 箕輪城48 箕輪城49 箕輪城50 箕輪城51 箕輪城52 箕輪城53 箕輪城54 箕輪城55 箕輪城56 箕輪城57 箕輪城58 箕輪城59 箕輪城60 箕輪城61 箕輪城62 箕輪城63 箕輪城64 箕輪城65 箕輪城66 箕輪城67 箕輪城68 箕輪城69 箕輪城70 箕輪城71 箕輪城72 箕輪城73 箕輪城74 箕輪城75 箕輪城76
箕輪城77 箕輪城78 箕輪城79 箕輪城80 箕輪城81 箕輪城82 箕輪城83 箕輪城84 箕輪城85 箕輪城86 箕輪城87 箕輪城88 箕輪城89 箕輪城90 箕輪城91 箕輪城92 箕輪城93 箕輪城94 箕輪城95 箕輪城96 箕輪城97 箕輪城98 箕輪城99 箕輪城100
この記事のURL | 群馬の山 | CM(2) | ▲ top
石尊山
- 2019/11/30(Sat) -
2019年11月10日
コース:中之条~駒岩~紅葉樹林帯~石尊山

 中之条町から四万温泉への道中西側にある高田山。その高田山前衛峰の石尊山中腹は、秋には見事な紅葉と以前からネット上で話題になっていて、今年ようやく訪ねられました。
 登山口の駒岩の里ではコスモスは咲き残り冬桜や山茶花は咲きはじめていました。造林された杉林を登っていくと、中腹の天然林から次第に紅葉が始まりました。山頂からは群馬県の山々が一望です。
 中腹はすばらしい紅葉で、登りは目に留まったままに撮って、下りでは葉をアップにしましたが、撮ったものを全部載せると同じようなコマばかりで記事が真っ赤になってしまいました。

石尊山171

石尊山1 石尊山2 石尊山3 石尊山4 石尊山5 石尊山6 石尊山7 石尊山8 石尊山9 石尊山10 石尊山11 石尊山12 石尊山13 石尊山14 石尊山15 石尊山16 石尊山17 石尊山18 石尊山19 石尊山20 石尊山21 石尊山22 石尊山23 石尊山24 石尊山25 石尊山26 石尊山27 石尊山28 石尊山29 石尊山30 石尊山31 石尊山32 石尊山33 石尊山34 石尊山35 石尊山36 石尊山37 石尊山38 石尊山39 石尊山40 石尊山41 石尊山42 石尊山43 石尊山44 石尊山45 石尊山46 石尊山47 石尊山48 石尊山49 石尊山50 石尊山51 石尊山52 石尊山53 石尊山54 石尊山55 石尊山56 石尊山57 石尊山58 石尊山59 石尊山60 石尊山61 石尊山62 石尊山63 石尊山64 石尊山65 石尊山66 石尊山67 石尊山68 石尊山69 石尊山70 石尊山71 石尊山72 石尊山73 石尊山74 石尊山75 石尊山76 石尊山77 石尊山78 石尊山79 石尊山80 石尊山81 石尊山82 石尊山83 石尊山84 石尊山85 石尊山86 石尊山87 石尊山88 石尊山89 石尊山90 石尊山91 石尊山92 石尊山93 石尊山94 石尊山95 石尊山96 石尊山97 石尊山98 石尊山99 石尊山100 石尊山101 石尊山102 石尊山103 石尊山104 石尊山105 石尊山106 石尊山107 石尊山108 石尊山109 石尊山110 石尊山111 石尊山112 石尊山113 石尊山114 石尊山115 石尊山116 石尊山117 石尊山118 石尊山119 石尊山120 石尊山121 石尊山122 石尊山123 石尊山124 石尊山125 石尊山126 石尊山127 石尊山128 石尊山129 石尊山130 石尊山131 石尊山132 石尊山133 石尊山134 石尊山135 石尊山136 石尊山137 石尊山138 石尊山139 石尊山140 石尊山141 石尊山142 石尊山143 石尊山144 石尊山145 石尊山146 石尊山147 石尊山148 石尊山149 石尊山150 石尊山151 石尊山152
石尊山153 石尊山154 石尊山155 石尊山156 石尊山157 石尊山158 石尊山159 石尊山160 石尊山161 石尊山162 石尊山163 石尊山164 石尊山165 石尊山166 石尊山167 石尊山168 石尊山169 石尊山170
この記事のURL | 群馬の山 | CM(4) | ▲ top
妙義山妙義神社
- 2019/11/27(Wed) -
2019年11月6日
コース:安中~妙義山~中之岳神社~石門群~妙義神社

 毎度おなじみの妙義山石門を往復しました。山としては低い方のこのくらいの標高ですと、11月上旬は紅葉の始まりでした。妙義神社は前回は行かなかった本社へお参りしたので、記事タイトルにしました。

妙義神社85

妙義神社1 妙義神社2 妙義神社3 妙義神社4 妙義神社5 妙義神社6 妙義神社7 妙義神社8 妙義神社9 妙義神社10 妙義神社11 妙義神社12 妙義神社13 妙義神社14 妙義神社15 妙義神社16 妙義神社17 妙義神社18 妙義神社19 妙義神社20 妙義神社21 妙義神社22 妙義神社23 妙義神社24 妙義神社25 妙義神社26 妙義神社27 妙義神社28 妙義神社29 妙義神社30 妙義神社31 妙義神社32 妙義神社33 妙義神社34 妙義神社35 妙義神社36 妙義神社37 妙義神社38 妙義神社39 妙義神社40 妙義神社41 妙義神社42 妙義神社43 妙義神社44 妙義神社45 妙義神社46 妙義神社47 妙義神社48 妙義神社49 妙義神社50 妙義神社51 妙義神社52 妙義神社53 妙義神社54 妙義神社55 妙義神社56 妙義神社57 妙義神社58 妙義神社59 妙義神社60 妙義神社61 妙義神社62 妙義神社63 妙義神社64 妙義神社65 妙義神社66 妙義神社67 妙義神社68 妙義神社69 妙義神社70 妙義神社71 妙義神社72
妙義神社73 妙義神社74 妙義神社75 妙義神社76 妙義神社77 妙義神社78 妙義神社79 妙義神社80 妙義神社81 妙義神社82 妙義神社83 妙義神社84
この記事のURL | 群馬の山 | CM(8) | ▲ top
志賀坂諏訪山
- 2019/10/25(Fri) -
2019年9月28日
コース:藤岡~神流町~志賀坂峠~尾根コース往復~諏訪山~恐竜の足跡

 ぐんま百名山、志賀坂諏訪山に登りました。正式な山名は 諏訪山 ですが、上野村にも諏訪山があるため、志賀坂峠が近いので、通称、志賀坂諏訪山 と呼ばれています。
 晴れ渡れば、迫力ある姿の両神山を間近にできるようですが、この日はぼんやりした空でした。峠の北側の岩壁には、恐竜の足跡が残っていて、天然記念物になっています。

 9月までの記事はこれで終わります。10月は台風もあってあまり出かけていませんので、あまりに季節外れになる前に、昔むかしの9月の画像を、次回からアップしていきます。

諏訪山21

諏訪山1 諏訪山2 諏訪山3 諏訪山4 諏訪山5 諏訪山6 諏訪山7 諏訪山8 諏訪山9 諏訪山10 諏訪山11 諏訪山12 諏訪山13 諏訪山14 諏訪山15 諏訪山16 諏訪山17 諏訪山18 諏訪山19 諏訪山20
この記事のURL | 群馬の山 | CM(4) | ▲ top
赤久縄山
- 2019/09/14(Sat) -
2019年8月24日
コース:藤岡~神流~みかぼ森林公園~北登山口~赤久縄山

 おおむね1000メートル前後の西上州の山の中で、辺りでいちばん高い1500メートル峰の赤久縄山(あかぐなやま)に登りました。倒木や切り株は苔むして、ダケカンバやブナも生えていました。冬場の快晴には富士山も遠望できるそうですが、夏場のこの日はぼんやりとした空でした。
 赤久縄山は、ぐんま百名山第2番の山です。多くの○○百名山が位置によって、たいてい北から番号が付けられているのに対して、ぐんま百名山は、山名のあいうえお順になっています。1番の赤城山に続いての、2番の山になります。
 そしてなぜだか、群馬県内には、頭文字「あ」で始まる名峰が多いのです。ぐんま百名山で100分の11峰ありました。上位の百名山ごとに、11峰を分けますと、
日本百名山・・・・赤城山、浅間山、四阿山
日本二百名山・・・浅間隠山、荒船山
日本三百名山・・・朝日岳
関東百名山・・・・吾妻耶山
ぐんま百名山・・・赤久縄山、吾妻山、阿能川岳、有笠山 の、11峰です。
 赤久縄山の後に、ほかのポイントへも周る予定でしたが、林道ががけ崩れで通れなくてこの日は下山しました。今回は画像もこれだけになります。

赤久縄山15

赤久縄山1 赤久縄山2 赤久縄山3 赤久縄山4 赤久縄山5 赤久縄山6 赤久縄山7 赤久縄山8
赤久縄山9 赤久縄山10 赤久縄山11 赤久縄山12 赤久縄山13 赤久縄山14
この記事のURL | 群馬の山 | CM(0) | ▲ top
柳沢寺
- 2019/07/26(Fri) -
2004年4月
主なコース:安中~高崎~前橋~富岡~渋川~沼田~藤岡~太田~みどり~桐生

 中越から三国山脈を越えて再び上州路です。上州善光寺の記事では、高崎、前橋周辺だけでしたので、今回は、2004年4月中の群馬県内各地の何度かの巡礼をひとつにまとめました。
 上州全域の霊場として、新上州三十三観音が開かれています。寺院名の前の番号は、その札所です。群馬県内では珍しく五重塔がそびえていて、コマ数が一番多かった、25番柳沢寺を記事タイトルにしました。ほかの寺院と合わせて参拝しました。
 上州路は目を見張るような大伽藍は少ないですが、周囲の自然と溶け込んだような美しい境内が多い所です。上野村では日航機墜落事故慰霊の園でご冥福をお祈りしました。

細野の彼岸桜~桂昌寺~南窓寺~聞名寺~称名寺~33番・慈眼寺~珊瑚寺~達磨寺
柳沢寺1 柳沢寺2 柳沢寺3 柳沢寺4 柳沢寺5 柳沢寺6 柳沢寺7 柳沢寺8 柳沢寺9 柳沢寺10 柳沢寺11 柳沢寺12 柳沢寺13 柳沢寺14 柳沢寺15 柳沢寺16 柳沢寺17 柳沢寺18 柳沢寺19 柳沢寺20
柳沢寺21 柳沢寺22 柳沢寺23 柳沢寺24 柳沢寺25

伝宗寺~20番・永心寺~龍光寺~貫前神社~金乗寺~清元寺~長純寺~24番・法峰寺~不動寺
柳沢寺26 柳沢寺27 柳沢寺28 柳沢寺29 柳沢寺30 柳沢寺31 柳沢寺32 柳沢寺33 柳沢寺34 柳沢寺35 柳沢寺36 柳沢寺37 柳沢寺38 柳沢寺39 柳沢寺40 柳沢寺41
柳沢寺42 柳沢寺43 柳沢寺44 柳沢寺45 柳沢寺46 柳沢寺47 柳沢寺48 柳沢寺49 柳沢寺50 柳沢寺51

万松寺~25番・柳沢寺~良珊寺~金蔵寺~長徳寺~応永寺~26番・清見寺~宗学寺~泉龍寺
~正覚寺~了源寺~妙光寺~金剛院~光清寺~舒林寺~長寿院~28番・三光院
柳沢寺52 柳沢寺53 柳沢寺54 柳沢寺55 柳沢寺56 柳沢寺57 柳沢寺58 柳沢寺59 柳沢寺60 柳沢寺61 柳沢寺62 柳沢寺63 柳沢寺64 柳沢寺65 柳沢寺66 柳沢寺67 柳沢寺68 柳沢寺69 柳沢寺70 柳沢寺71 柳沢寺72 柳沢寺73 柳沢寺74 柳沢寺75 柳沢寺76 柳沢寺77 柳沢寺78 柳沢寺79 柳沢寺80 柳沢寺81 柳沢寺82 柳沢寺83 柳沢寺84 柳沢寺85 柳沢寺86 柳沢寺87
柳沢寺88 柳沢寺89 柳沢寺90 柳沢寺91 柳沢寺92 柳沢寺93 柳沢寺94 柳沢寺95 柳沢寺96 柳沢寺97 柳沢寺98 柳沢寺99 柳沢寺100 柳沢寺101 柳沢寺102 柳沢寺103 柳沢寺104 柳沢寺105 柳沢寺106 柳沢寺107

長学寺~不動寺~安養寺~大泉寺~西広寺~東光院~蓮華寺
柳沢寺108 柳沢寺109 柳沢寺110 柳沢寺111 柳沢寺112 柳沢寺113 柳沢寺114 柳沢寺115
柳沢寺116 柳沢寺117 柳沢寺118 柳沢寺119 柳沢寺120

慈眼寺~慰霊の園~中正寺~宝蔵寺~東福寺~徳昌寺~普明寺~龍松寺~大林寺~満福寺
~金剛寺~宗永寺~特別・慈眼院
柳沢寺121 柳沢寺122 柳沢寺123 柳沢寺124 柳沢寺125 柳沢寺126 柳沢寺127 柳沢寺128 柳沢寺129 柳沢寺130 柳沢寺131 柳沢寺132 柳沢寺133 柳沢寺134 柳沢寺135 柳沢寺136 柳沢寺137 柳沢寺138 柳沢寺139 柳沢寺140
柳沢寺141 柳沢寺142 柳沢寺143 柳沢寺144 柳沢寺145

慈雲寺~乾窓寺~陽雲寺~永寿寺~長楽寺~常光寺~実相寺~最興寺~勧学寺~施無畏寺~神守寺~光厳寺
柳沢寺146 柳沢寺147 柳沢寺148 柳沢寺149 柳沢寺150 柳沢寺151 柳沢寺152 柳沢寺153 柳沢寺154 柳沢寺155 柳沢寺156 柳沢寺157 柳沢寺158 柳沢寺159 柳沢寺160 柳沢寺161 柳沢寺162 柳沢寺163 柳沢寺164 柳沢寺165 柳沢寺166 柳沢寺167 柳沢寺168 柳沢寺169 柳沢寺170 柳沢寺171 柳沢寺172 柳沢寺173
柳沢寺174 柳沢寺175 柳沢寺176 柳沢寺177 柳沢寺178 柳沢寺179 柳沢寺180 柳沢寺181 柳沢寺182 柳沢寺183 柳沢寺184 柳沢寺185 柳沢寺186 柳沢寺187 柳沢寺188 柳沢寺189 柳沢寺190 柳沢寺191 柳沢寺192 柳沢寺193

東善寺~満行寺~永福寺~大慶寺~国瑞寺~大雄院~法楽寺~祥雲寺~泉龍院~3番・崇禅寺
柳沢寺194 柳沢寺195 柳沢寺196 柳沢寺197 柳沢寺198 柳沢寺199 柳沢寺200 柳沢寺201 柳沢寺202 柳沢寺203 柳沢寺204 柳沢寺205 柳沢寺206 柳沢寺207 柳沢寺208 柳沢寺209 柳沢寺210 柳沢寺211 柳沢寺212 柳沢寺213 柳沢寺214 柳沢寺215 柳沢寺216 柳沢寺217 柳沢寺218 柳沢寺219 柳沢寺220 柳沢寺221 柳沢寺222 柳沢寺223 柳沢寺224 柳沢寺225
柳沢寺226 柳沢寺227 柳沢寺228 柳沢寺229 柳沢寺230 柳沢寺231 柳沢寺232 柳沢寺233 柳沢寺234 柳沢寺235 柳沢寺236 柳沢寺237 柳沢寺238 柳沢寺239 柳沢寺240 柳沢寺241 柳沢寺242 柳沢寺243 柳沢寺244 柳沢寺245 柳沢寺246 柳沢寺247 柳沢寺248 柳沢寺249 柳沢寺250
この記事のURL | 群馬の山 | CM(0) | ▲ top
上州善光寺
- 2019/07/11(Thu) -
2005年4月10日
コース:高崎~前橋

 長野県の県都・長野に善光寺があり、山梨県の県都・甲府に甲州善光寺があり、そして群馬県の県都・前橋には上州善光寺があります。信州、甲州の善光寺に比べると、伽藍も知名度もささやかではありますが、上州の一隅を照らしています。春の境内は桜におおわれます。
 この時は、「高崎」の地名発祥と深いかかわりのある高崎山龍廣寺や、青柳大師と言われる龍蔵寺など、高崎、前橋の名刹を参拝しました。

高崎~向雲寺~興禅寺~光明寺~龍廣寺~圓福寺
上州善光寺1 上州善光寺2 上州善光寺3 上州善光寺4 上州善光寺5 上州善光寺6 上州善光寺7 上州善光寺8 上州善光寺9 上州善光寺10 上州善光寺11 上州善光寺12 上州善光寺13 上州善光寺14 上州善光寺15 上州善光寺16 上州善光寺17 上州善光寺18 上州善光寺19 上州善光寺20 上州善光寺21 上州善光寺22 上州善光寺23 上州善光寺24 上州善光寺25 上州善光寺26 上州善光寺27 上州善光寺28 上州善光寺29 上州善光寺30 上州善光寺31 上州善光寺32 上州善光寺33 上州善光寺34 上州善光寺35 上州善光寺36
上州善光寺37 上州善光寺38 上州善光寺39 上州善光寺40 上州善光寺41 上州善光寺42 上州善光寺43 上州善光寺44 上州善光寺45 上州善光寺46

前橋~上州善光寺~善勝寺~龍蔵寺~光巌寺
上州善光寺47 上州善光寺48 上州善光寺49 上州善光寺50 上州善光寺51 上州善光寺52 上州善光寺53 上州善光寺54 上州善光寺55 上州善光寺56 上州善光寺57 上州善光寺58 上州善光寺59 上州善光寺60 上州善光寺61 上州善光寺62 上州善光寺63 上州善光寺64 上州善光寺65 上州善光寺66
上州善光寺67 上州善光寺68 上州善光寺69 上州善光寺70 上州善光寺71
この記事のURL | 群馬の山 | CM(6) | ▲ top
大山
- 2019/06/18(Tue) -
2019年5月18日
コース:上野村~野栗沢~天丸橋登山口~天丸沢~大山

 大山 と言っても、関東では有名な丹沢の大山や、ましてや百名山・伯耆大山ではありません。群馬県上野村の埼玉県境近くにそびえる大山です。近くの、日本百名山・両神山、日本三百名山・諏訪山、関東百名山・帳付山、ぐんま百名山・天丸山といった名峰たちと並び立っています。
 サムネイルのタテヨコ最後のコマの、無冠の帝王のような堂々とした鋭峰の大山です。登路の天丸沢は小滝が続いて楽しい沢登りができます。散り始めていましたが、シーズン最後のアカヤシオも見られました。トップは大山からの、西上州から秩父への山並み越しの、両神山です。

大山65

大山1 大山2 大山3 大山4 大山5 大山6 大山7 大山8 大山9 大山10 大山11 大山12 大山13 大山14 大山15 大山16 大山17 大山18 大山19 大山20 大山21 大山22 大山23 大山24 大山25 大山26 大山27 大山28 大山29 大山30 大山31 大山32 大山33 大山34 大山35 大山36 大山37 大山38 大山39 大山40 大山41 大山42 大山43 大山44 大山45 大山46 大山47 大山48 大山49 大山50 大山51 大山52
大山53 大山54 大山55 大山56 大山57 大山58 大山59 大山60 大山61 大山62 大山63 大山64
この記事のURL | 群馬の山 | CM(0) | ▲ top
小丸山
- 2019/06/15(Sat) -
2019年5月13日
コース:みどり市~折場登山口~弓ノ手コース~展望台~賽の河原~小丸山~小中大滝

 関東百名山にして日本三百名山の袈裟丸山。弘法大師がこの山から下りる時に、袈裟を丸めて置いた伝説から名づけられました。7年前に袈裟丸山まで登って記事にもしてありますが、今回はアカヤシオがまだつぼみも残る7~8分咲きで、花が一番きれいな状態なのでゆっくりと眺めながら撮りながら、袈裟丸前衛峰の小丸山までを往復しました。小中大滝も周って帰りました。

小丸山79

小丸山1 小丸山2 小丸山3 小丸山4 小丸山5 小丸山6 小丸山7 小丸山8 小丸山9 小丸山10 小丸山11 小丸山12 小丸山13 小丸山14 小丸山15 小丸山16 小丸山17 小丸山18 小丸山19 小丸山20 小丸山21 小丸山22 小丸山23 小丸山24 小丸山25 小丸山26 小丸山27 小丸山28 小丸山29 小丸山30 小丸山31 小丸山32 小丸山33 小丸山34 小丸山35 小丸山36 小丸山37 小丸山38 小丸山39 小丸山40 小丸山41 小丸山42 小丸山43 小丸山44 小丸山45 小丸山46 小丸山47 小丸山48 小丸山49 小丸山50 小丸山51 小丸山52 小丸山53 小丸山54 小丸山55 小丸山56 小丸山57 小丸山58 小丸山59 小丸山60 小丸山61 小丸山62 小丸山63 小丸山64 小丸山65 小丸山66 小丸山67 小丸山68 小丸山69 小丸山70 小丸山71 小丸山72
小丸山73 小丸山74 小丸山75 小丸山76 小丸山77 小丸山78
この記事のURL | 群馬の山 | CM(5) | ▲ top
アプトの道
- 2019/06/09(Sun) -
2019年4月28日
コース:横川~鉄道文化むら~碓氷関所~丸山変電所~めがね橋~熊ノ平~碓氷湖~坂本宿

 碓氷峠アプトの道は、横川~軽井沢間の信越線アプト式鉄道跡を整備した遊歩道です。めがね橋までは2016年秋にも歩きましたが、今回は季節を変えて、熊ノ平まで足を延ばして、碓氷湖も1周しました。折しも平成の御世最後のトレッキングが晴天に恵まれて、季節の花々や美しい風景を見られました。

アプトの道61

アプトの道1 アプトの道2 アプトの道3 アプトの道4 アプトの道5 アプトの道6 アプトの道7 アプトの道8 アプトの道9 アプトの道10 アプトの道11 アプトの道12 アプトの道13 アプトの道14 アプトの道15 アプトの道16 アプトの道17 アプトの道18 アプトの道19 アプトの道20 アプトの道21 アプトの道22 アプトの道23 アプトの道24 アプトの道25 アプトの道26 アプトの道27 アプトの道28 アプトの道29 アプトの道30 アプトの道31 アプトの道32 アプトの道33 アプトの道34 アプトの道35 アプトの道36 アプトの道37 アプトの道38 アプトの道39 アプトの道40 アプトの道41 アプトの道42 アプトの道43 アプトの道44 アプトの道45 アプトの道46 アプトの道47 アプトの道48 アプトの道49 アプトの道50 アプトの道51 アプトの道52 アプトの道53 アプトの道54 アプトの道55 アプトの道56 アプトの道57 アプトの道58 アプトの道59 アプトの道60
この記事のURL | 群馬の山 | CM(0) | ▲ top
御堂山
- 2019/06/06(Thu) -
2019年4月20日
コース:下仁田~西牧関所跡~じじ岩ばば岩~御堂山

 九州から帰って、今年の初めての山行は妙義山の近くの、ぐんま百名山の御堂山に登りました。山頂手前の中腹には、じじ岩・ばば岩の名前が付いた、いつ倒れても不思議ではないような奇峰があります。周囲の西上州の山に比べて、ガイドブックではツツジのことはあまり紹介されていませんでしたが、アカヤシオもミツバツツジも意外とたくさん咲いていました。

御堂山47

御堂山1 御堂山2 御堂山3 御堂山4 御堂山5 御堂山6 御堂山7 御堂山8 御堂山9 御堂山10 御堂山11 御堂山12 御堂山13 御堂山14 御堂山15 御堂山16 御堂山17 御堂山18 御堂山19 御堂山20 御堂山21 御堂山22 御堂山23 御堂山24 御堂山25 御堂山26 御堂山27 御堂山28 御堂山29 御堂山30 御堂山31 御堂山32 御堂山33 御堂山34 御堂山35 御堂山36 御堂山37 御堂山38 御堂山39 御堂山40
御堂山41 御堂山42 御堂山43 御堂山44 御堂山45 御堂山46
この記事のURL | 群馬の山 | CM(2) | ▲ top
少林山
- 2019/04/19(Fri) -
2019年3月24日
コース:高崎~少林山達磨寺~鼻高展望花の丘

 桜やコスモスで当ブログに何度か登場しています、高崎市西部の達磨寺と花の丘です。桜の前のこの一時は境内にカタクリも開くので参拝してきました。早春に咲く梅、椿、河津桜などから、菜の花、ハクレン、ミモザ、ツツジなどの春の花々も合わせて楽しめました。

少林山57

少林山1 少林山2 少林山3 少林山4 少林山5 少林山6 少林山7 少林山8 少林山9 少林山10 少林山11 少林山12 少林山13 少林山14 少林山15 少林山16 少林山17 少林山18 少林山19 少林山20 少林山21 少林山22 少林山23 少林山24 少林山25 少林山26 少林山27 少林山28 少林山29 少林山30 少林山31 少林山32 少林山33 少林山34 少林山35 少林山36 少林山37 少林山38 少林山39 少林山40 少林山41 少林山42 少林山43 少林山44 少林山45 少林山46 少林山47 少林山48 少林山49 少林山50 少林山51 少林山52 少林山53 少林山54 少林山55 少林山56
この記事のURL | 群馬の山 | CM(4) | ▲ top
いせさき市民のもり公園
- 2019/03/31(Sun) -
2019年3月8日
コース:伊勢崎~市民のもり公園

 いせさき市民のもり公園に河津桜が咲いたと聞いて出かけました。公園内の最高峰くさぶえの丘は、小さい子を連れたり、ワンちゃんの散歩を兼ねたりで、多くの人が桜を愛でに訪れていました。中でもこの日は結婚式の前撮りが行われていて、居合わせた人たちからは、口々に「おめでとうございます」のお祝いとともに、スマホでたくさん撮られていました。

いせさき25

いせさき1 いせさき2 いせさき3 いせさき4 いせさき5 いせさき6 いせさき7 いせさき8 いせさき9 いせさき10 いせさき11 いせさき12 いせさき13 いせさき14 いせさき15 いせさき16 いせさき17 いせさき18 いせさき19 いせさき20 いせさき21 いせさき22 いせさき23 いせさき24
この記事のURL | 群馬の山 | CM(2) | ▲ top
雲門寺
- 2019/02/24(Sun) -
2005年1月
コース:安中~松井田~雲門寺

 昔の画像整理を続けています。ひと冬、紅葉を続けましたが、季節感を考えてつなぎに雪の絵を発掘しました。
 近くには、ろうばいの郷もある、群馬県安中市の山里のお寺です。それまで小春日和が続いていて、冬桜、椿、ロウバイなど季節の花が開いているところへ突然の降雪で、花々も寒そうでした。

雲門寺1 雲門寺2 雲門寺3 雲門寺4 雲門寺5 雲門寺6 雲門寺7 雲門寺8 雲門寺9 雲門寺10 雲門寺11 雲門寺12 雲門寺13 雲門寺14 雲門寺15 雲門寺16
雲門寺17 雲門寺18 雲門寺19 雲門寺20 雲門寺21
この記事のURL | 群馬の山 | CM(2) | ▲ top
吹割の滝
- 2018/12/19(Wed) -
2018年11月18日
コース:沼田~片品渓谷~鱒飛の滝~吹割の滝~浮島観音堂~観瀑台~薗原湖

 尾瀬や日光方面に出かける時に、いつも通過してばかりの吹割の滝。今年は大瀑布は、袋田の滝をようやく訪ねられたので、ならば吹割の滝もと周辺の遊歩道をひと周りして来ました。この辺りの一大観光地のためお客さんで大にぎわいでした。薗原湖の湖畔は紅葉が鮮やかでした。

吹割の滝(ふきわれのたき)
 高さ7m幅30m余にもおよび、飛散する瀑布は東洋のナイアガラといわれています。この滝は河床の岩盤の柔らかいところが侵食され、多数の割れ目を生じ、その中の大きく割れたところが滝となり、あたかも巨大な岩が吹き割れたように見えるところから「吹割の滝」の名で呼ばれるようになりました。
 学術的にも貴重な水の侵食によって出来た滝で、多くの人が訪れます。4・5月の新緑の時期は雪解け水を飲み込む豪快な滝、秋は渓谷美とあいまって紅葉に映える滝。季節ごとに違う表情を見ることができます。
沼田市観光協会より

 今年の更新はこれが最後になります。今年もご来訪やコメントをありがとうございました。みなさま、よい年をお迎えください。

吹割の滝103

吹割の滝1 吹割の滝2 吹割の滝3 吹割の滝4 吹割の滝5 吹割の滝6 吹割の滝7 吹割の滝8 吹割の滝9 吹割の滝10 吹割の滝11 吹割の滝12 吹割の滝13 吹割の滝14 吹割の滝15 吹割の滝16 吹割の滝17 吹割の滝18 吹割の滝19 吹割の滝20 吹割の滝21 吹割の滝22 吹割の滝23 吹割の滝24 吹割の滝25 吹割の滝26 吹割の滝27 吹割の滝28 吹割の滝29 吹割の滝30 吹割の滝31 吹割の滝32 吹割の滝33 吹割の滝34 吹割の滝35 吹割の滝36 吹割の滝37 吹割の滝38 吹割の滝39 吹割の滝40 吹割の滝41 吹割の滝42 吹割の滝43 吹割の滝44 吹割の滝45 吹割の滝46 吹割の滝47 吹割の滝48 吹割の滝49 吹割の滝50 吹割の滝51 吹割の滝52 吹割の滝53 吹割の滝54 吹割の滝55 吹割の滝56 吹割の滝57 吹割の滝58 吹割の滝59 吹割の滝60 吹割の滝61 吹割の滝62 吹割の滝63 吹割の滝64 吹割の滝65 吹割の滝66 吹割の滝67 吹割の滝68 吹割の滝69 吹割の滝70 吹割の滝71 吹割の滝72
吹割の滝73 吹割の滝74 吹割の滝75 吹割の滝76 吹割の滝77 吹割の滝78 吹割の滝79 吹割の滝80 吹割の滝81 吹割の滝82 吹割の滝83 吹割の滝84 吹割の滝85 吹割の滝86 吹割の滝87 吹割の滝88 吹割の滝89 吹割の滝90 吹割の滝91 吹割の滝92 吹割の滝93 吹割の滝94 吹割の滝95 吹割の滝96 吹割の滝97 吹割の滝98 吹割の滝99 吹割の滝100 吹割の滝101 吹割の滝102
この記事のURL | 群馬の山 | CM(8) | ▲ top
裏妙義山もみじ谷
- 2018/12/13(Thu) -
2018年12月3日
コース:松井田~国民宿舎跡~もみじ谷往復

 前回の記事から半月後のもみじ谷です。11月半ばはまだ紅葉していないカエデが多かったので、もう一度行って来ました。11月中に行ければがよかったのですが、12月に入ってしまいました。巡視道はもみじ谷までは整備されてなだらかで危ない場所もないのが分かったので、往復コースにしました。
 「もうすっかり落葉していて、散紅葉が見られればいい方かな。」くらいの気持ちで出かけました。当日は曇りがちの天気でしたが、緑色の葉はほとんどなくて、落葉する前の熟しきったような最後の紅葉に感動がありました。
 駐車場には、「裏妙義登山心得」があって、どの山にも通じることなので、サムネイルトップにしてみました。

もみじ谷57

もみじ谷1 もみじ谷2 もみじ谷3 もみじ谷4 もみじ谷5 もみじ谷6 もみじ谷7 もみじ谷8 もみじ谷9 もみじ谷10 もみじ谷11 もみじ谷12 もみじ谷13 もみじ谷14 もみじ谷15 もみじ谷16 もみじ谷17 もみじ谷18 もみじ谷19 もみじ谷20 もみじ谷21 もみじ谷22 もみじ谷23 もみじ谷24 もみじ谷25 もみじ谷26 もみじ谷27 もみじ谷28 もみじ谷29 もみじ谷30 もみじ谷31 もみじ谷32 もみじ谷33 もみじ谷34 もみじ谷35 もみじ谷36 もみじ谷37 もみじ谷38 もみじ谷39 もみじ谷40 もみじ谷41 もみじ谷42 もみじ谷43 もみじ谷44
もみじ谷45 もみじ谷46 もみじ谷47 もみじ谷48 もみじ谷49 もみじ谷50 もみじ谷51 もみじ谷52 もみじ谷53 もみじ谷54 もみじ谷55 もみじ谷56
この記事のURL | 群馬の山 | CM(2) | ▲ top
裏妙義山谷急沢
- 2018/12/07(Fri) -
2018年11月16日
コース:松井田~妙義湖~国民宿舎跡~巡視道~もみじ谷~三方境~風穴尾根の頭~大遠見峠~女道~中木沢

 西上州が続きます。妙義山全体の中で、表妙義、裏妙義を合わせた最高峰が谷急山です。山域の谷急沢の中腹には、もみじ谷 と呼ばれる、紅葉の美しい一帯があります。以前からネット上では紹介されていて、今秋ようやく訪ねられました。巡視道を登り三方境から女道を下ってひと周りしました。
 今年は11月が暖かくて穏やかな日が続いて、紅葉があまり進まないで長持ちしています。11月半ばのこの日は、ほかの樹々は葉を落としているものも多い中を、カエデはまだ、半分青(緑)い くらい紅葉が遅れていました。とりあえず先行して紅葉している樹々を拾ってサムネイルにしました。もみじ谷だけ後日もう一度訪ねました。次回おくります。

谷急沢115

谷急沢1 谷急沢2 谷急沢3 谷急沢4 谷急沢5 谷急沢6 谷急沢7 谷急沢8 谷急沢9 谷急沢10 谷急沢11 谷急沢12 谷急沢13 谷急沢14 谷急沢15 谷急沢16 谷急沢17 谷急沢18 谷急沢19 谷急沢20 谷急沢21 谷急沢22 谷急沢23 谷急沢24 谷急沢25 谷急沢26 谷急沢27 谷急沢28 谷急沢29 谷急沢30 谷急沢31 谷急沢32 谷急沢33 谷急沢34 谷急沢35 谷急沢36 谷急沢37 谷急沢38 谷急沢39 谷急沢40 谷急沢41 谷急沢42 谷急沢43 谷急沢44 谷急沢45 谷急沢46 谷急沢47 谷急沢48 谷急沢49 谷急沢50 谷急沢51 谷急沢52 谷急沢53 谷急沢54 谷急沢55 谷急沢56 谷急沢57 谷急沢58 谷急沢59 谷急沢60 谷急沢61 谷急沢62 谷急沢63 谷急沢64 谷急沢65 谷急沢66 谷急沢67 谷急沢68 谷急沢69 谷急沢70 谷急沢71 谷急沢72 谷急沢73 谷急沢74 谷急沢75 谷急沢76 谷急沢77 谷急沢78 谷急沢79 谷急沢80 谷急沢81 谷急沢82 谷急沢83 谷急沢84 谷急沢85 谷急沢86 谷急沢87 谷急沢88 谷急沢89 谷急沢90 谷急沢91 谷急沢92 谷急沢93 谷急沢94 谷急沢95 谷急沢96
谷急沢97 谷急沢98 谷急沢99 谷急沢100 谷急沢101 谷急沢102 谷急沢103 谷急沢104 谷急沢105 谷急沢106 谷急沢107 谷急沢108 谷急沢109 谷急沢110 谷急沢111 谷急沢112 谷急沢113 谷急沢114
この記事のURL | 群馬の山 | CM(8) | ▲ top
立岩
- 2018/12/03(Mon) -
2018年11月11日
コース:下仁田~南牧村~星尾~登山口~ガレ場~西立岩~ジャンダルム~威怒牟畿不動~線ヶ滝

 ヨーロッパアルプスのうち、イタリア北東部に ドロミテ と呼ばれる山群があります。岩塔や絶壁の独特の風景で、世界遺産にも登録されています。今回は山容がそのドロミテに似ていることから、西上州のドロミテ または話が大きくなると、東洋のドロミテ とも言われている、関東百名山の立岩に登りました。
 登路でのザレ場の急登や、絶壁を斜めのトラバースは、山の経験があれば大丈夫です。立岩でもうひとつ話題に上るのが、穂高岳と並んで、ジャンダルム があることでしょうか。山頂から下り始めたピークのひとつらしいのですが、いつの間にか通過していて、「ジャンダルム」という標識が欲しい所でした。
 11月も中旬に入ると紅葉は中腹まで下りていました。線ヶ滝は、これほど細くてまっ直ぐで線のような形状は、日本の滝の中でも指折りの滝ではないでしょうか。

立岩
 ぐんま百名山 「上州のドロミテ」ともいわれる岩壁の山。山頂からは、目の前に荒船の経塚山や浅間山、遠く八ヶ岳が望め、5月下旬には純白のアオダモの花で埋まり、岩肌にはヤマフジが咲きます。
標高 1265m   歩行時間 約3時間40分
南牧村公式サイトより

立岩95

立岩1 立岩2 立岩3 立岩4 立岩5 立岩6 立岩7 立岩8 立岩9 立岩10 立岩11 立岩12 立岩13 立岩14 立岩15 立岩16 立岩17 立岩18 立岩19 立岩20 立岩21 立岩22 立岩23 立岩24 立岩25 立岩26 立岩27 立岩28 立岩29 立岩30 立岩31 立岩32 立岩33 立岩34 立岩35 立岩36 立岩37 立岩38 立岩39 立岩40 立岩41 立岩42 立岩43 立岩44 立岩45 立岩46 立岩47 立岩48 立岩49 立岩50 立岩51 立岩52 立岩53 立岩54 立岩55 立岩56 立岩57 立岩58 立岩59 立岩60 立岩61 立岩62 立岩63 立岩64 立岩65 立岩66 立岩67 立岩68 立岩69 立岩70 立岩71 立岩72 立岩73 立岩74 立岩75 立岩76
立岩77 立岩78 立岩79 立岩80 立岩81 立岩82 立岩83 立岩84 立岩85 立岩86 立岩87 立岩88 立岩89 立岩90 立岩91 立岩92 立岩93 立岩94
この記事のURL | 群馬の山 | CM(6) | ▲ top
桐生吾妻山
- 2018/11/30(Fri) -
2018年11月5日
コース:桐生~吾妻公園~吾妻山~関東ふれあいの道~自然観察の森

 2018年は 「吾妻山」 に縁がありました。早春の2月には湘南の 吾妻山 から富士山を望みました。秋10月には日本百名山の 吾妻山 の最高峰西吾妻山を登りました。そして晩秋の11月、ぐんま百名山の 吾妻山 を歩きました。
 桐生にある吾妻山は、低山ながら市街地に接して屹立しているため眺めも良くて、この日も多くの市民の人が歩いていて、あいさつを交わしました。案内板も整備されていましたので、吾妻山や自然観察の森などについて、詳しくはサムネイルからごらんください。

桐生吾妻山71

桐生吾妻山1 桐生吾妻山2 桐生吾妻山3 桐生吾妻山4 桐生吾妻山5 桐生吾妻山6 桐生吾妻山7 桐生吾妻山8 桐生吾妻山9 桐生吾妻山10 桐生吾妻山11 桐生吾妻山12 桐生吾妻山13 桐生吾妻山14 桐生吾妻山15 桐生吾妻山16 桐生吾妻山17 桐生吾妻山18 桐生吾妻山19 桐生吾妻山20 桐生吾妻山21 桐生吾妻山22 桐生吾妻山23 桐生吾妻山24 桐生吾妻山25 桐生吾妻山26 桐生吾妻山27 桐生吾妻山28 桐生吾妻山29 桐生吾妻山30 桐生吾妻山31 桐生吾妻山32 桐生吾妻山33 桐生吾妻山34 桐生吾妻山35 桐生吾妻山36 桐生吾妻山37 桐生吾妻山38 桐生吾妻山39 桐生吾妻山40 桐生吾妻山41 桐生吾妻山42 桐生吾妻山43 桐生吾妻山44 桐生吾妻山45 桐生吾妻山46 桐生吾妻山47 桐生吾妻山48 桐生吾妻山49 桐生吾妻山50 桐生吾妻山51 桐生吾妻山52
桐生吾妻山53 桐生吾妻山54 桐生吾妻山55 桐生吾妻山56 桐生吾妻山57 桐生吾妻山58 桐生吾妻山59 桐生吾妻山60 桐生吾妻山61 桐生吾妻山62 桐生吾妻山63 桐生吾妻山64 桐生吾妻山65 桐生吾妻山66 桐生吾妻山67 桐生吾妻山68 桐生吾妻山69 桐生吾妻山70
この記事のURL | 群馬の山 | CM(6) | ▲ top
皇海山
- 2018/08/24(Fri) -
2018年8月4日
コース:沼田~根利~根利林道~皇海橋~不動沢~コル~皇海山往復

 武尊山に続いての日本百名山、皇海山です。全国各地の百名山の中では、決して遠い山ではないのですが、道中の林道がハードで、今まで足が向きませんでした。ですが今年は、距離は長くても根利側からの道がまだまし、と聞いて、話もまとまって出かけてきました。
 登山口の皇海橋から不動沢を登ります。しばらくは歩きやすいなかなかの美渓で、源流部からはガラガラざらざらの急登です。尾根からは鋸山の鋭鋒が目立ちます。樹林帯のところどころで樹間から遠望しながらひと登りで、百名山を一峰登頂できました。

皇海山
 深田久弥氏の日本百名山。渓流に沿って登山道があり、2,000mを越えても山頂付近にはまだ栂(つが)の木が林立する珍しい山です。
 平安から鎌倉時代、日光を中心に庚申山、鋸山、皇海山など足尾山塊の山々は、勝道上人の弟子たちによって開山され、山岳仏教の修行地となっていったと伝えられています。江戸時代、庚申山の奥の院として、鋸山と合わせて信仰登山が盛んになりました。明治26年には、東京の庚申講中によって、皇海山山項東方に青銅の剣が奉納され、現在も立派に残っています。
 故深田久弥氏の登山記によると、皇海山は遠くから眺めた形から推して、昔は笄山(こうがい山)と呼ばれていたが、そのコウガイが皇開と宛字され、やがて皇海となり、皇はスメラとも読むところから皇海はスカイと呼ばれるようになったと伝えられています。
(沼田市観光協会より)

皇海山35

皇海山1 皇海山2 皇海山3 皇海山4 皇海山5 皇海山6 皇海山7 皇海山8 皇海山9 皇海山10 皇海山11 皇海山12 皇海山13 皇海山14 皇海山15 皇海山16 皇海山17 皇海山18 皇海山19 皇海山20 皇海山21 皇海山22 皇海山23 皇海山24 皇海山25 皇海山26 皇海山27 皇海山28
皇海山29 皇海山30 皇海山31 皇海山32 皇海山33 皇海山34
この記事のURL | 群馬の山 | CM(8) | ▲ top
武尊山
- 2018/08/15(Wed) -
2018年7月30日
コース:沼田~武尊牧場~避難小屋~中ノ岳~三ツ池~武尊山~家ノ串~前武尊~オグナほたか

 日本百名山、武尊山です。2014年の秋にはみなかみ側から剣ヶ峰山を周回しましたが、季節やコースを変えて、今回は片品側の武尊牧場から前武尊へと周りました。ブナ林を抜けると、眺めのいい稜線歩きが楽しめました。

武尊山
 標高2158mの武尊山は、ブナの原生林とクマの生息数の多い事でも知られ、登山者による荒廃が少なく自然がそのままに残されている貴重な山です。山頂からは赤城山・奥利根の山々、谷川岳など関東一円の山々が見渡せます。
 天気の良い日は左方向に小さな富士山が見えるときもあります。武尊山の名前の由来にもなっている日本武尊(ヤマトタケルノミコト)の像が建ち、信仰の山であることを感じさせます。
(ほたかペンション村より)

武尊山71

武尊山1 武尊山2 武尊山3 武尊山4 武尊山5 武尊山6 武尊山7 武尊山8 武尊山9 武尊山10 武尊山11 武尊山12 武尊山13 武尊山14 武尊山15 武尊山16 武尊山17 武尊山18 武尊山19 武尊山20 武尊山21 武尊山22 武尊山23 武尊山24 武尊山25 武尊山26 武尊山27 武尊山28 武尊山29 武尊山30 武尊山31 武尊山32 武尊山33 武尊山34 武尊山35 武尊山36 武尊山37 武尊山38 武尊山39 武尊山40 武尊山41 武尊山42 武尊山43 武尊山44 武尊山45 武尊山46 武尊山47 武尊山48 武尊山49 武尊山50 武尊山51 武尊山52 武尊山53 武尊山54 武尊山55 武尊山56 武尊山57 武尊山58 武尊山59 武尊山60 武尊山61 武尊山62 武尊山63 武尊山64
武尊山65 武尊山66 武尊山67 武尊山68 武尊山69 武尊山70
この記事のURL | 群馬の山 | CM(2) | ▲ top
笠ヶ岳
- 2018/08/02(Thu) -
2018年7月14日
コース:沼田~鳩待峠~オヤマ沢田代~悪沢岳~小笠~笠ヶ岳往復

 尾瀬の笠ヶ岳に登りました。コース途中には悪沢岳もあって、まるで南北アルプスの高峰を連続登頂したかのようなルートです。一面のお花畑というよりも、たくさんの種類の花々が咲いていました。エーデルワイスに最も似ている、貴重なホソバヒナウスユキソウも見られました。

笠ヶ岳
 尾瀬の山域の最西端に位置する。スゲ笠のような端正な円錐形の山姿をしていることから、この名が付いた。高山植物の宝庫として知られ、夏の開花期には東斜面一帯が彩られる。
 7月、鳩待峠を発ち、ワタスゲの揺れるオヤマ沢田代を過ぎて南に分岐し、笠ヶ岳に向かう。タテヤマリンドウが花の回廊をつくっていた。トキソウの咲く小笠をトラバースし、笠ヶ岳直下のお花畑に出る。ジョウシュウアズマギクが点々と、ムシトリスミレが岩陰に隠れ咲いていた。
 風化した蛇紋岩の急斜面をホソバヒナウスユキソウなどの花々を跨ぎ登り、アキアカネが群れ飛ぶ笠ヶ岳に立った。眼下には、濃緑の樹海に藍色の奈良俣湖が映えている。山麓に咲く花々とともに、いつまでもそっとしておきたい山である。
(ぐんま百名山公式サイトより)

笠ヶ岳193

笠ヶ岳1 笠ヶ岳2 笠ヶ岳3 笠ヶ岳4 笠ヶ岳5 笠ヶ岳6 笠ヶ岳7 笠ヶ岳8 笠ヶ岳9 笠ヶ岳10 笠ヶ岳11 笠ヶ岳12 笠ヶ岳13 笠ヶ岳14 笠ヶ岳15 笠ヶ岳16 笠ヶ岳17 笠ヶ岳18 笠ヶ岳19 笠ヶ岳20 笠ヶ岳21 笠ヶ岳22 笠ヶ岳23 笠ヶ岳24 笠ヶ岳25 笠ヶ岳26 笠ヶ岳27 笠ヶ岳28 笠ヶ岳29 笠ヶ岳30 笠ヶ岳31 笠ヶ岳32 笠ヶ岳33 笠ヶ岳34 笠ヶ岳35 笠ヶ岳36 笠ヶ岳37 笠ヶ岳38 笠ヶ岳39 笠ヶ岳40 笠ヶ岳41 笠ヶ岳42 笠ヶ岳43 笠ヶ岳44 笠ヶ岳45 笠ヶ岳46 笠ヶ岳47 笠ヶ岳48 笠ヶ岳49 笠ヶ岳50 笠ヶ岳51 笠ヶ岳52 笠ヶ岳53 笠ヶ岳54 笠ヶ岳55 笠ヶ岳56 笠ヶ岳57 笠ヶ岳58 笠ヶ岳59 笠ヶ岳60 笠ヶ岳61 笠ヶ岳62 笠ヶ岳63 笠ヶ岳64 笠ヶ岳65 笠ヶ岳66 笠ヶ岳67 笠ヶ岳68 笠ヶ岳69 笠ヶ岳70 笠ヶ岳71 笠ヶ岳72 笠ヶ岳73 笠ヶ岳74 笠ヶ岳75 笠ヶ76 笠ヶ岳77 笠ヶ岳78 笠ヶ岳79 笠ヶ岳80 笠ヶ岳81 笠ヶ岳82 笠ヶ岳83 笠ヶ岳84 笠ヶ岳85 笠ヶ岳86 笠ヶ岳87 笠ヶ岳88 笠ヶ岳89 笠ヶ岳90 笠ヶ岳91 笠ヶ岳92 笠ヶ岳93 笠ヶ岳94 笠ヶ岳95 笠ヶ岳96 笠ヶ岳97 笠ヶ岳98 笠ヶ岳99 笠ヶ岳100 笠ヶ岳101 笠ヶ岳102 笠ヶ岳103 笠ヶ岳104 笠ヶ岳105 笠ヶ岳106 笠ヶ岳107 笠ヶ岳108 笠ヶ岳109 笠ヶ岳110 笠ヶ岳111 笠ヶ岳112 笠ヶ岳113 笠ヶ岳114 笠ヶ岳115 笠ヶ岳116 笠ヶ岳117 笠ヶ岳118 笠ヶ岳119 笠ヶ岳120 笠ヶ岳121 笠ヶ岳122 笠ヶ岳123 笠ヶ岳124 笠ヶ岳125 笠ヶ岳126 笠ヶ岳127 笠ヶ岳128 笠ヶ岳129 笠ヶ岳130 笠ヶ岳131 笠ヶ岳132 笠ヶ岳133 笠ヶ岳134 笠ヶ岳135 笠ヶ岳136 笠ヶ岳137 笠ヶ岳138 笠ヶ岳139 笠ヶ岳140 笠ヶ岳141 笠ヶ岳142 笠ヶ岳143 笠ヶ岳144 笠ヶ岳145 笠ヶ岳146 笠ヶ岳147 笠ヶ岳148 笠ヶ岳149 笠ヶ岳150 笠ヶ岳151 笠ヶ岳152 笠ヶ岳153 笠ヶ岳154 笠ヶ岳155 笠ヶ岳156 笠ヶ岳157 笠ヶ岳158 笠ヶ岳159 笠ヶ岳160 笠ヶ岳161 笠ヶ岳162 笠ヶ岳163 笠ヶ岳164 笠ヶ岳165 笠ヶ岳166 笠ヶ岳167 笠ヶ岳168 笠ヶ岳169 笠ヶ岳170 笠ヶ岳171 笠ヶ岳172 笠ヶ岳173 笠ヶ岳174 笠ヶ岳175 笠ヶ岳176 笠ヶ岳177 笠ヶ岳178 笠ヶ岳179 笠ヶ岳180
笠ヶ岳181 笠ヶ岳182 笠ヶ岳183 笠ヶ岳184 笠ヶ岳185 笠ヶ岳186 笠ヶ岳187 笠ヶ岳188 笠ヶ岳189 笠ヶ岳190 笠ヶ岳191 笠ヶ岳192
この記事のURL | 群馬の山 | CM(4) | ▲ top
赤城山小沼
- 2018/07/05(Thu) -
2018年6月17日
コース:前橋~赤城山~長七郎山~小沼~オトギの森~茶の木畑峠~岳人岩~大猿登山口

 赤城山の長七郎山に登り、小沼、茶の木畑峠から岳人岩の尾根を大猿登山口に下りました。季節にはツツジが美しいコースですが、今年はもうすっかり終わっていました。またこの日は晴れたりガスったりの天気で、その分なおさら青空がきれいでした。

小沼29

小沼1 小沼2 小沼3 小沼4 小沼5 小沼6 小沼7 小沼8 小沼9 小沼10 小沼11 小沼12 小沼13 小沼14 小沼15 小沼16 小沼17 小沼18 小沼19 小沼20 小沼21 小沼22 小沼23 小沼24 小沼25 小沼26 小沼27 小沼28
この記事のURL | 群馬の山 | CM(2) | ▲ top
三波石峡
- 2018/07/02(Mon) -
2018年6月16日
コース:藤岡~万場~早滝~下久保ダム~三波石峡

 ぐんま百名山の1峰、赤久縄山を目ざしました。この日は中腹の早滝に寄ると、そこから上部はガスガスでびしょびしょになるので、山はまたにして滝までで下りました。早滝へ向かう沢は小滝が続いてなかなかの美渓でした。
 三波石峡は日ごろはダムに取水されて、あまり流れていないのですが、雨が続いたこの日は、放水されて見ごたえがありました。今回は 滝と渓歩く のハイキングになりました。

三波石峡
 登仙橋から下久保ダムまでの約1.3kmの三波石峡は、国の名勝・天然記念物にも指定されている美しい渓谷です。 三波石の巨岩や奇岩と周囲の樹木が織りなす景観は、まさに自然がつくりだした芸術です。「三波四十八石」といわれる48個の巨岩・奇岩にはそれぞれ名前がつけられています。
 「三波石」とは通称で、「御荷鉾緑色岩類」「三波川結晶片岩類」「珪質岩」「輝緑凝灰岩」等の岩石を含めて「三波石」と呼んでいます。緑、黄、白が織りなす美しい模様の三波石は、江戸時代から名石として庭石として使われてきました。現在は天然記念物として保護され、石の採集は禁止されています。
(神川町観光協会より)

三波石峡39

三波石峡1 三波石峡2 三波石峡3 三波石峡4 三波石峡5 三波石峡6 三波石峡7 三波石峡8 三波石峡9 三波石峡10 三波石峡11 三波石峡12 三波石峡13 三波石峡14 三波石峡15 三波石峡16 三波石峡17 三波石峡18 三波石峡19 三波石峡20 三波石峡21 三波石峡22 三波石峡23 三波石峡24 三波石峡25 三波石峡26 三波石峡27 三波石峡28 三波石峡29 三波石峡30 三波石峡31 三波石峡32
三波石峡33 三波石峡34 三波石峡35 三波石峡36 三波石峡37 三波石峡38
この記事のURL | 群馬の山 | CM(2) | ▲ top
尾瀬ヶ原・リュウキンカ編
- 2018/06/20(Wed) -
2018年6月4日
コース:沼田~鳩待峠~山ノ鼻~牛首~竜宮~ヨッピ橋~鳩待峠

 当ブログでは毎度おなじみの尾瀬ヶ原です。今回は、牛首、竜宮、ヨッピ橋を小さく三角に周りました。水芭蕉の最盛期をと、6月初旬に設定しましたが、今年は花がみんな早いのは尾瀬も例外ではなくて、すでにピークが過ぎていました。ヒメシャクナゲや、タテヤマリンドウの季節に代わっていました。中でもリュウキンカの黄色が目立っていて、記事タイトルにしました。

リュウキンカ編129

リュウキンカ編1 リュウキンカ編2 リュウキンカ編3 リュウキンカ編4 リュウキンカ編5 リュウキンカ編6 リュウキンカ編7 リュウキンカ編8 リュウキンカ編9 リュウキンカ編10 リュウキンカ編11 リュウキンカ編12 リュウキンカ編13 リュウキンカ編14 リュウキンカ編15 リュウキンカ編16 リュウキンカ編17 リュウキンカ編18 リュウキンカ編19 リュウキンカ編20 リュウキンカ編21 リュウキンカ編22 リュウキンカ編23 リュウキンカ編24 リュウキンカ編25 リュウキンカ編26 リュウキンカ編27 リュウキンカ編28 リュウキンカ編29 リュウキンカ編30 リュウキンカ編31 リュウキンカ編32 リュウキンカ編33 リュウキンカ編34 リュウキンカ編35 リュウキンカ編36 リュウキンカ編37 リュウキンカ編38 リュウキンカ編39 リュウキンカ編40 リュウキンカ編41 リュウキンカ編42 リュウキンカ編43 リュウキンカ編44 リュウキンカ編45 リュウキンカ編46 リュウキンカ編47 リュウキンカ編48 リュウキンカ編49 リュウキンカ編50 リュウキンカ編51 リュウキンカ編52 リュウキンカ編53 リュウキンカ編54 リュウキンカ編55 リュウキンカ編56 リュウキンカ編57 リュウキンカ編58 リュウキンカ編59 リュウキンカ編60 リュウキンカ編61 リュウキンカ編62 リュウキンカ編63 リュウキンカ編64 リュウキンカ編65 リュウキンカ編66 リュウキンカ編67 リュウキンカ編68 リュウキンカ編69 リュウキンカ編70 リュウキンカ編71 リュウキンカ編72 リュウキンカ編73 リュウキンカ編74 リュウキンカ編75 リュウキンカ編76 リュウキンカ編77 リュウキンカ編78 リュウキンカ編79 リュウキンカ編80 リュウキンカ編81 リュウキンカ編82 リュウキンカ編83 リュウキンカ編84 リュウキンカ編85 リュウキンカ編86 リュウキンカ編87 リュウキンカ編88 リュウキンカ編89 リュウキンカ編90 リュウキンカ編91 リュウキンカ編92 リュウキンカ編93 リュウキンカ編94 リュウキンカ編95 リュウキンカ編96 リュウキンカ編97 リュウキンカ編98 リュウキンカ編99 リュウキンカ編100 リュウキンカ編101 リュウキンカ編102 リュウキンカ編103 リュウキンカ編104 リュウキンカ編105 リュウキンカ編106 リュウキンカ編107 リュウキンカ編108 リュウキンカ編109 リュウキンカ編110 リュウキンカ編111 リュウキンカ編112 リュウキンカ編113 リュウキンカ編114 リュウキンカ編115 リュウキンカ編116
リュウキンカ編117 リュウキンカ編118 リュウキンカ編119 リュウキンカ編120 リュウキンカ編121 リュウキンカ編122 リュウキンカ編123 リュウキンカ編124 リュウキンカ編125 リュウキンカ編126 リュウキンカ編127 リュウキンカ編128
この記事のURL | 群馬の山 | CM(4) | ▲ top
十二ヶ岳
- 2018/06/09(Sat) -
2018年5月26日
コース:小野上~結婚の森~見透し台~十二ヶ岳~渋川~日本のまんなか

 諸事情により4月下旬の神成山から1ヶ月以上、山も渓も歩いていませんでした。久しぶりの軽い山歩きをと、小野子三山で一番眺めがいいと評判の十二ヶ岳に登りました。上信越の山並みが一望のはずでしたが、この日は遠くの山は霞んでいてこれくらいでした。
 午後は渋川市に、日本のまんなかを訪ねました。全国にたくさんある似たような名所が山中に多いのに比べて、ここはたいへん行きやすい市街地にあること。それと歴史的と地理的な理由を兼ね備えていることが特長でしょうか。

日本の真ん中へその街
 渋川市が日本の真ん中と言われる理由は、西暦802年に東方遠征の途中で坂上田村麻呂がこの地を訪れ、日本の中心と決めへそ石を置き、それを村人が大切に信仰してきました。また、日本最北端の宗谷岬と最南端の鹿児島佐多岬を線でむすんだ中心点がちょうど渋川市、つまり「日本のへそ」というわけです。
 渋川市内寄居町交差点付近にはへそ石・へそ地蔵があります。北緯36度29分東経139度0分、日本のへそ中心標が立ち、ここが日本の中心という表示も。古くから日本の中心といわれる「へそ石」にちなみ、昭和59年に「へそ地蔵さん」が建てられました。
 名前の通り地蔵さんの真ん中には大きな「おへそ」があり母と子のきずな、人間愛を象徴するおへそ。感謝の気持ちでおへそをなでて合掌し参拝します。ご利益は家庭円満、健康、安産、愛情、友情、縁談、学業向上など、へそ石の右側にはへそ地蔵の記念スタンプもあります。
(WeLove群馬より)

十二ヶ岳41

十二ヶ岳1 十二ヶ岳2 十二ヶ岳3 十二ヶ岳4 十二ヶ岳5 十二ヶ岳6 十二ヶ岳7 十二ヶ岳8 十二ヶ岳9 十二ヶ岳10 十二ヶ岳11 十二ヶ岳12 十二ヶ岳13 十二ヶ岳14 十二ヶ岳15 十二ヶ岳16 十二ヶ岳17 十二ヶ岳18 十二ヶ岳19 十二ヶ岳20 十二ヶ岳21 十二ヶ岳22 十二ヶ岳23 十二ヶ岳24 十二ヶ岳25 十二ヶ岳26 十二ヶ岳27 十二ヶ岳28 十二ヶ岳29 十二ヶ岳30 十二ヶ岳31 十二ヶ岳32 十二ヶ岳33 十二ヶ岳34 十二ヶ岳35 十二ヶ岳36 十二ヶ岳37 十二ヶ岳38 十二ヶ岳39 十二ヶ岳40
この記事のURL | 群馬の山 | CM(2) | ▲ top
神成山
- 2018/06/03(Sun) -
2018年4月22日
コース:富岡~神成山九連峰~宇芸神社~宮崎公園~丹生湖

 世界で一番きれい・・・ に続いては、日本一きれい・・・ に行って来ました。
 「日本一きれいなハイキングコース」とうたわれている、神成山九連峰を縦走しました。ヤマツツジの向こうには、稲含山、小沢岳、四ツ又山、鹿岳など西上州の山並みをきれいに見渡せます。また、この山は絶壁を利用して、神成城が築かれたり、不動明王、七福神や立派な石社が祀られていて、神仏を合わせた聖域にもなっています。
 スタート地点の宮崎公園はツツジが満開でした。丹生湖は堰堤の工事で水位が下がっていました。

神成山ハイキングコース
 南側には水田が広がり、上信電鉄、国道254号線が平行に走る神成山(標高328.1m)。
 この里山で道跡を発見されたのが平成12年。草をかき分け、たどって行くと石宮や石像、城跡などがあり、素晴らしい眺めに、整備すれば良いハイキングコースになると、翌年、地元住民やボランティアの協力でコースが整備されました。
 モデルコースは東の宮崎公園から西の新堀神社までの片道約4kmの区間。なだらかな尾根の連続で、家族連れでも楽しめます。
(JA甘楽富岡ふるさとスケッチを編集)

神成山75

神成山1 神成山2 神成山3 神成山4 神成山5 神成山6 神成山7 神成山8 神成山9 神成山10 神成山11 神成山12 神成山13 神成山14 神成山15 神成山16 神成山17 神成山18 神成山19 神成山20 神成山21 神成山22 神成山23 神成山24 神成山25 神成山26 神成山27 神成山28 神成山29 神成山30 神成山31 神成山32 神成山33 神成山34 神成山35 神成山36 神成山37 神成山38 神成山39 神成山40 神成山41 神成山42 神成山43 神成山44 神成山45 神成山46 神成山47 神成山48 神成山49 神成山50 神成山51 神成山52 神成山53 神成山54 神成山55 神成山56 神成山57 神成山58 神成山59 神成山60 神成山61 神成山62 神成山63 神成山64 神成山65 神成山66 神成山67 神成山68
神成山69 神成山70 神成山71 神成山72 神成山73 神成山74
この記事のURL | 群馬の山 | CM(2) | ▲ top
アカヤシオの丘
- 2018/05/12(Sat) -
2018年4月6日
コース:前橋~富士見~アカヤシオの丘

 赤城山中腹にアカヤシオを植栽養生した、アカヤシオの丘 があります。アカヤシオの群落は、西上州の山々のように、それなりの岩場の山上に登らないとなかなか見られません。ここではだれでも車を停めてすぐに楽しめるので、晴天のこの日は家族連れやグループでにぎわっていました。

アカヤシオの丘41

アカヤシオの丘1 アカヤシオの丘2 アカヤシオの丘3 アカヤシオの丘4 アカヤシオの丘5 アカヤシオの丘6 アカヤシオの丘7 アカヤシオの丘8 アカヤシオの丘9 アカヤシオの丘10 アカヤシオの丘11 アカヤシオの丘12 アカヤシオの丘13 アカヤシオの丘14 アカヤシオの丘15 アカヤシオの丘16 アカヤシオの丘17 アカヤシオの丘18 アカヤシオの丘19 アカヤシオの丘20 アカヤシオの丘21 アカヤシオの丘22 アカヤシオの丘23 アカヤシオの丘24 アカヤシオの丘25 アカヤシオの丘26 アカヤシオの丘27 アカヤシオの丘28 アカヤシオの丘29 アカヤシオの丘30 アカヤシオの丘31 アカヤシオの丘32 アカヤシオの丘33 アカヤシオの丘34 アカヤシオの丘35 アカヤシオの丘36 アカヤシオの丘37 アカヤシオの丘38 アカヤシオの丘39 アカヤシオの丘40
この記事のURL | 群馬の山 | CM(2) | ▲ top
六車カタクリこみち
- 2018/05/03(Thu) -
2018年4月2日
コース:下仁田~南牧村~六車~カタクリこみち

 群馬県南牧村六車地区には、街道脇山腹にカタクリの自生地があります。地元ではこのカタクリを保護養生して、見物用の遊歩道も整備しました。小道からはカタクリの他にも季節の花々や、街道沿いの風景も眺められます。

六車カタクリこみち
 カタクリは春の女王とも言われるユリ科カタクリ属の植物。六車地区には約10万株のカタクリ群生地があります。可憐なカタクリが咲き、遊歩道を歩きながら見学できます。
(南牧村公式サイトより)

六車59

六車1 六車2 六車3 六車4 六車5 六車6 六車7 六車8 六車9 六車10 六車11 六車12 六車13 六車14 六車15 六車16 六車17 六車18 六車19 六車20 六車21 六車22 六車23 六車24 六車25 六車26 六車27 六車28 六車29 六車30 六車31 六車32 六車33 六車34 六車35 六車36 六車37 六車38 六車39 六車40 六車41 六車42 六車43 六車44 六車45 六車46 六車47 六車48 六車49 六車50 六車51 六車52
六車53 六車54 六車55 六車56 六車57 六車58
この記事のURL | 群馬の山 | CM(2) | ▲ top
| メイン | 次ページ