2018 03 ≪  04月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2018 05
小田原城
- 2018/04/21(Sat) -
2018年3月29日
コース:小田原~長興山しだれ桜~紹太寺~小田原城

 桜の城3城目は、今年の大本命の小田原城です。日本百名城にして、日本桜百選なので、毎年予定してはシーズンを逃していて、ようやく行って来られました。特に今年は、戦国時代は後北条氏方最前線の、鉢形城と深谷城を巡れたので、本丸へもようやく登城できました。
 さすがに大人気の観光地でもあり平日でも大にぎわいでした。今年はこの辺りのしだれ桜では有名な長興山も花期が合って、同日に周れました。

小田原城
 小田原城が初めて築かれたのは、大森氏が小田原地方に進出した15世紀中ごろのことと考えられています。1500年ごろに戦国大名小田原北条氏の居城となってから、関東支配の中心拠点として次第に拡張整備され、豊臣秀吉の来攻に備えて城下を囲む総構を完成させると城の規模は最大に達し、日本最大の中世城郭に発展しました。
 江戸時代を迎えると小田原城は徳川家康の支配するところとなり、その家臣大久保氏を城主として迎え、城の規模は三の丸以内に縮小されました。稲葉氏が城主となってから大規模な改修工事が始められ、近世城郭として生まれ変わりました。その後、大久保氏が再び城主となり、箱根を控えた関東地方防御の要衝として、また幕藩体制を支える譜代大名の居城として、幕末まで重要な役割を担ってきました。
 しかし、小田原城は明治3年に廃城となり、ほとんどの建物は解体され、残っていた石垣も大正12年(1923)の関東大震災によりことごとく崩れ落ちてしまいました。
 現在の小田原城跡は、本丸・二の丸の大部分と総構の一部が、国の史跡に指定されています。また、本丸を中心に「城址公園」として整備され、昭和35年(1960)に天守閣が復興、次いで昭和46年(1971)には常盤木門、平成9年(1997)には銅門、平成21年(2009)には馬出門が復元されました。
(小田原市公式サイトより)

小田原城125

長興山しだれ桜~紹太寺
小田原城1 小田原城2 小田原城3 小田原城4 小田原城5 小田原城6 小田原城7 小田原城8 小田原城9 小田原城10 小田原城11 小田原城12 小田原城13 小田原城14 小田原城15 小田原城16 小田原城17 小田原城18 小田原城19 小田原城20 小田原城21 小田原城22 小田原城23 小田原城24 小田原城25 小田原城26 小田原城27 小田原城28 小田原城29 小田原城30 小田原城31 小田原城32 小田原城33 小田原城34 小田原城35 小田原城36 小田原城37 小田原城38 小田原城39 小田原城40 小田原城41 小田原城42 小田原城43 小田原城44 小田原城45 小田原城46 小田原城47 小田原城48
小田原城49 小田原城50 小田原城51 小田原城52 小田原城53 小田原城54

小田原城
小田原城55 小田原城56 小田原城57 小田原城58 小田原城59 小田原城60 小田原城61 小田原城62 小田原城63 小田原城64 小田原城65 小田原城66 小田原城67 小田原城68 小田原城69 小田原城70 小田原城71 小田原城72 小田原城73 小田原城74 小田原城75 小田原城76 小田原城77 小田原城78 小田原城79 小田原城80 小田原城81 小田原城82 小田原城83 小田原城84 小田原城85 小田原城86 小田原城87 小田原城88 小田原城89 小田原城90 小田原城91 小田原城92 小田原城93 小田原城94 小田原城95 小田原城96 小田原城97 小田原城98 小田原城99 小田原城100 小田原城101 小田原城102 小田原城103 小田原城104 小田原城105 小田原城106 小田原城107 小田原城108 小田原城109 小田原城110 小田原城111 小田原城112 小田原城113 小田原城114 小田原城115 小田原城116 小田原城117 小田原城118
小田原城119 小田原城120 小田原城121 小田原城122 小田原城123 小田原城124
この記事のURL | 神奈川の山 | CM(2) | ▲ top
| メイン | 次ページ